関連コンテンツ

優待王?桐谷さんの壮絶金策体験

優待王・桐谷氏、“人生最大の失敗”激白「救ってくれたのは…」

>株主優待生活で引っ張りだこの“桐谷さん”こと桐谷広人氏が17日、『日経マネー30周年記念 特別シンポジウム』に登壇した。当日は「クラッシュで死にかけた私を救った優待投資」をテーマに、“人生最大の失敗”を激白し、大勢の聴衆を魅了した。

 >桐谷氏が生活費に困ったときに、優待でもらったお米や缶詰などで救われたことは周知の事実。だが、実は信用取引でマイナスが膨らみ、本当に金銭面で地獄を見たときがあったという。


いつのまにか優待王になっている桐谷さんです。

「激白」となってますが、桐谷さんが過去に信用取引で何度か失敗しているのは周知の事実。親に金を借りた話は聞いた事がありましたが、妹さんにも借りたんですね。妹さんに300万円、父親に3千数百万円。

それにしても、ここまでプライベートをさらさないといけないんですかね。歳からしてもうひっそりと暮らせばいいと思いますが、桐谷さんって独身のせいか全然枯れてないんですよね。


ところで、信用取引する人は最終的にどれだけ金策できるか考えておいた方がいいですよ。ちょっと経験ありますが、人間追い込まれたら何を考えるかわかりません。売る家も無ければ頼る親もいないという人は、昔は信用口座の審査が通らなかったらしいですよ。今はネット証券で下手したらクレジットカードも作れないような人でも口座が開けたりするので、何かあったらヤバいです。

迷惑をかけられる人がいるだけ幸せですね。

ダイヤモンドZAI(ザイ) 2015年 12 月号


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
上のコメント、本当は理解していない人に口座を開かせてはいけないことになってます。審査がザルですね。
信用取引はなるべくやらないほうがいいですよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私はやりません
こんばんは。
株式をちょっとばかりかじっていますが、現物取引だけです。絶対に信用取引はしません。余りにもリスクが高く、素人は手を出すべきではないと思いますね。
Re: 私はやりません
> こんばんは。
> 株式をちょっとばかりかじっていますが、現物取引だけです。絶対に信用取引はしません。余りにもリスクが高く、素人は手を出すべきではないと思いますね。

信用取引は時間が敵になるので、ポジションを持っているだけで心理に負担がかかります。FXの証拠金取引とは似て非なるものだという事は理解して欲しいですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント