関連コンテンツ

証券会社が倒産した時保護の対象となる金融商品のメモ

日本投資者保護基金とは
投資者保護基金、破綻した丸大証券の肩代わり 1000万円上限に
「南証券」30億円横領、手配の元社長を逮捕(読売新聞)

いつぞや、プライアさんのブログで資産保全について話題になった時に自分で調べた事のメモがわりのリンクです。自分用の備忘録として残しておきます。

私個人の事を言えば、資産の9割以上をSBI証券に集中しています。
預貯金はゆうちょ銀行と住信ネット銀行に入れています。

1000万以上のハイブリット預金と信用取引の含み益は保護されないようですが(そういう意味ではMRFが無くなったのはなんだかなあという気がします)、そもそもSBIグループの倒産を心配していません。

2件の倒産事例も地場証券のかなり特殊な事例で、ネット証券がこのような事態になることはまずないでしょう。
南証券なんか最初から詐欺じゃありませんか。

しかし私が例えばSBIの株を全力で空売りして、本当にSBIが倒産したら帳簿上の大勝利が確定すると同時に含み益が実現されない可能性が出てきます。まあそんなアホな事態はまずないでしょうし、そういう時は日本経済自体がオワタ状態でしょうから潔く諦めます。というか株やってる場合じゃないですよ。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク