関連コンテンツ

レセプト債購入の証券会社が判明

監視委、レセプト債購入の証券会社を調査=関係筋(ロイター)

>[東京 9日 ロイター] - 証券取引等監視委員会は、診療報酬債権を裏付けとした債券「レセプト債」を発行していた資産運用会社が破たんした問題で、破たんしたオプティファクター社と同社の傘下ファンドから債券を購入していた証券会社の調査を進めている。関係者が9日、明らかにした。

>オプティファクター社および同社が運営する3ファンドは6日、東京地裁に破産手続きの開始を申し立てた。10月現在、3ファンドの発行済み債券残高は約227億円だが、投資家は今後、償還を受けられない可能性がある。

>オプティ社から同債券を購入していたのは、アーツ証券のほか、田原証券(愛知県)、竹松証券(石川県)、六和証券(京都府)、上光証券(北海道)、共和証券(東京)、おきなわ証券(沖縄県)の計7社。うち、六和、上光の各社は現在、財務局が調査している。監視委は今後、他の4社も調査する可能性がある。

レセプト債を取り扱っていたのはこの7社ですね。

個人的には株式取引手数料自由化以後の地場証券は20世紀の遺物みたいな存在だと思っていますが、なんらかの取引がある人はこういう話が舞い込む可能性もあるんですね。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク