関連コンテンツ

いくら貯金があれば将来、悠悠自適に暮らせるのか?(という定番のネタ、月刊誌BIG tomorrowの場合)

BIG tomorrowという雑誌は一応ビジネス誌を自称していますが、内容的にはサラリーマンの副業(それもヤフオクとかせどりとか)の話が多く、まあプレジデントとかを読むビジネスマンは読まない内容です。サラリーマンがコンビニで立ち読みしているイメージです。特集がワンパターンなのも特徴です。

それとよくセミリタイアや金融系のブロガーの記事が載っています。そういえば先月ぐらいにセミリタイア特集について取材依頼があったような無かったような気がします。掲載へのハードルは相当低そうです。

今月のテーマは「資産」だそうで、「セミリタイアに必要な貯金額は…」という、そのものズバリなページがあったので読んでみました。

必要な貯金額は最大9000万円で最低はゼロ円だそうですが、記事の論旨としては「副収入があれば、貯金がもっと少なくてもセミリタイアできる!」ということですね。出ました副収入。読者の大半がサラリーマンなので無理もない内容です。

貯金ゼロでOKという意味は家賃収入+オーナー収入で毎月20万円入ってくるなら、という条件ですが、何だそれという話だと思いませんか?

一応セミリタイア実例を4例挙げていて(あ、mushoku2006さんもいました)、副収入で生活できる額を稼げるようにすること、増えた資産を分散投資してリスクヘッジしながら運用することを心がけるらしいです。これだけ見るともっともな気がしますが、その例の最初がmushoku2006さんなので経緯や投資スタイルを良く知っている者としては笑いますw

コンビニで笑いながら読むと不審すぎるので、やむなく買いました。ブログのネタになるかと思って付箋を用意して最初から最後まで読んでみましたが、ツッコミどころが多すぎて付箋だらけになってしまいました。

笑えるので図書館とかにあれば一読をおすすめします。

BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2015年 12 月号 [雑誌]


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
>>増えた資産を分散投資してリスクヘッジしながら運用することを心がけるらしいです。これだけ見るともっともな気がしますが、その例の最初がmushoku2006さんなので経緯や投資スタイルを良く知っている者としては笑いますw

いや、私も「ここで俺なの!?」と思いましたね。
まるっきり反面教師やん!?
( ̄∇ ̄*)ゞ 
Re: No title
> >>増えた資産を分散投資してリスクヘッジしながら運用することを心がけるらしいです。これだけ見るともっともな気がしますが、その例の最初がmushoku2006さんなので経緯や投資スタイルを良く知っている者としては笑いますw
>
> いや、私も「ここで俺なの!?」と思いましたね。
> まるっきり反面教師やん!?
> ( ̄∇ ̄*)ゞ 

おっと、やはりご本人もそう思っていましたかw

FPで本も書いている人が監修とあったので、まともな記事かと思ったら書いてるのは下段のコラムみたいなものだけで、本文は雑誌の記者が適当に素材を切り張りして作ってますね。だから整合性が取れてなくて個人ブログでもこんな支離滅裂な記事は書かないですね。

そういうコント芸だと思いました。結局雑誌買っちゃったしw
No title
>>そういうコント芸だと思いました。

ちゃうちゃう。(^^)

ああでも、ページ全体の構成は???でしたけど、
私の部分だけであれば、
インタビューしてまとめられたライターさんは優秀でしたよ。
よくあれだけ短時間の電話だけできっちり把握されたなと感心しました。
フォローになっているか?わからんけど。
(´∇`;)アハハッ
Re: No title
> >>そういうコント芸だと思いました。
>
> ちゃうちゃう。(^^)
>
> ああでも、ページ全体の構成は???でしたけど、
> 私の部分だけであれば、
> インタビューしてまとめられたライターさんは優秀でしたよ。
> よくあれだけ短時間の電話だけできっちり把握されたなと感心しました。
> フォローになっているか?わからんけど。
> (´∇`;)アハハッ

囲み記事は良くまとまってますね。
日本酒ともやしも抑えてるしw
進歩なし
こんばんは。
この本って毎回手を変え品を変え、結局同じ内容の記事ばかりですよね。サラリーマンを取り巻く環境は激変しているのに、30年以上前と全く変わっていなくて、全然進歩がありません。休刊にならないのが不思議です。
No title
この手の話題は尽きないですよねえ。
それだけ憧れを持っている人が多くて、かつ、目標へ向けてのプロセスがわかりづらいのでしょうか。
まずは自分の金の出入りを徹底分析すること、その次は自分の頭で徹底的に考えることだと思うのですけどね。答えを外に求めている時点でリタイア達成は難しいような気がします。

No title
そういえば僕も取材依頼がちょっと来たことあったんですよ、結果的には無しになりましたが。
もしインタビューされていたら、嫁を働かせて定期収入を得る、というのも選択肢として入っていたかもしれません。
Re: 進歩なし
> こんばんは。
> この本って毎回手を変え品を変え、結局同じ内容の記事ばかりですよね。サラリーマンを取り巻く環境は激変しているのに、30年以上前と全く変わっていなくて、全然進歩がありません。休刊にならないのが不思議です。

さすがに30年前は言い過ぎだと思いますがw
内容がワンパターンになるのは専門誌の宿命でもありますが、クオリティを維持するのは大変そうですね。続いているのは逆にすごいのかも。
Re: No title
> この手の話題は尽きないですよねえ。
> それだけ憧れを持っている人が多くて、かつ、目標へ向けてのプロセスがわかりづらいのでしょうか。
> まずは自分の金の出入りを徹底分析すること、その次は自分の頭で徹底的に考えることだと思うのですけどね。答えを外に求めている時点でリタイア達成は難しいような気がします。

金額や具体的な副業の話は食いつきがいいからですね。
本当は考え方が一番重要なんですが、そういう話は抽象的でわかりづらく、紙面を要するからですね。
Re: No title
> そういえば僕も取材依頼がちょっと来たことあったんですよ、結果的には無しになりましたが。
> もしインタビューされていたら、嫁を働かせて定期収入を得る、というのも選択肢として入っていたかもしれません。

ヒモ系セミリタイアは新しいですね。ある意味あこがれです。
No title
こんにちは〜。
「もやし」を抑えている点を評価しているさいもんさんがツボって大爆笑でした。※ポイントズレしているので、なんとなく人がはけるまで待ってみました。

私が人生初のコメントを書かせてもらったのがmushoku2006さんでした。凄い方です!最近は個別銘柄やってらっしゃらないと思っていたら、米国株買ってらして、なぜか和んでしまいました。見にいくきっかけを頂き感謝です〜
Re: No title
> こんにちは〜。
> 「もやし」を抑えている点を評価しているさいもんさんがツボって大爆笑でした。※ポイントズレしているので、なんとなく人がはけるまで待ってみました。
>
> 私が人生初のコメントを書かせてもらったのがmushoku2006さんでした。凄い方です!最近は個別銘柄やってらっしゃらないと思っていたら、米国株買ってらして、なぜか和んでしまいました。見にいくきっかけを頂き感謝です〜

そこがツボですか、相変わらず感性が独特ですねw

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク