関連コンテンツ

NYダウ平均の超長期チャートから考えること(インデックス投資)

NYダウ平均というのは、誤解を恐れずにもの凄くおおざっぱに言えば世界経済指数と言ってもいいと思います。

これだけ多様化した現在の世界でも、結局は資本主義の総本山であるアメリカの景気の影響を受けるからです。だから経済の方向性を考える時は必ずアメリカの事から考えなくていけません。

NYダウ工業株30種平均 超長期月足チャート

注目するのは1929年10月24日の世界恐慌からです。中学校の歴史で習ったと思います。

この時のダウ史上最高値を回復するのに何年かかったのか見てみます。
当時の記録を見るとこの世の終わりのような騒ぎになっていますが、世界経済は右肩上がりが原則とされていますから、時間はかかるでしょうがいずれ回復するでしょう。

1932年ロサンゼルス五輪、このあたりがチャートの底ですね。
景気回復のためにアメリカはニューディール政策という景気対策をとります。中学の歴史で習いました。よく知りませんがたぶんアベノミクスのようなものでしょう。

ニューディール政策は一応成功ということで、アメリカは繁栄しますが世界情勢とくにヨーロッパはドイツを中心にきな臭くなってきます。1937年から再び株価が下がり始め、1939年に第2次世界大戦が始まります。ここまで10年です。

ドイツや日本の降伏が見えてきた1944年あたりから株価は回復に向かいます。戦後はソ連がベルリン封鎖を実施した1948年あたりから冷戦構造の顕在化でまた足踏みします。ここまで約20年です。

結局、世界恐慌前のダウ平均を回復したのは1954年でした。約25年かかりました。
25年…歴史で見るとわずかな期間ですが、人間の一生で考えると大学生がくたびれかけた中年になるぐらいの時間が経過しています。定年退職した人だったら、悪くすると死んでいます。

この結果を受けてインデックス投資を考えるとすると、面白いのは人によって結論が全然違ってくることです。

こういう事例があるから、インデックス投資はダメだという人と、逆にだからこそインデックス投資が有効という人もいます。

重要なのは手法では無く、その人の投資哲学です。なんにせよ一貫した投資哲学を確立できなかった人は、25年の時間の経過に耐えられなかったと推測できます。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

これだと、投資は若いうちからスタートし後は健康で長生きするのが一番ですね。

Re: タイトルなし
> これだと、投資は若いうちからスタートし後は健康で長生きするのが一番ですね。

なるほど、そう考えますか。
No title
このスパンでは対数チャートでないとわかりにくいですねw

個人資産での恩恵より、年金運用などで恩恵があればいいと思います。
No title
インデックス投資を行い、投資成果を資産価格を基準に評価してしまうと心が折れそうですね。
受取配当金の増加を基準に考えると良いと思います。
S&Pの配当金は1929年から1933年までに約半減しておりますが、1949年には大恐慌前の最高値を更新しています。
しかも、配当を再投資した場合、1930~1940年代は配当利回りが非常に高かったため、1940年頃には受取配当金は大恐慌前の最高値を更新し、1954年には大恐慌前の5~6倍になる計算です。
S&P指数ですら配当利回りが5~7%ありましたので、個別銘柄では10%近いものもたくさんあったのではと推測されます。
ということで、個別銘柄に投資し、投資成果は受取配当金の増加を基準に評価する、というのが精神的にもパフォーマンス的にも良いのではないかと考えております。
Re: No title
> このスパンでは対数チャートでないとわかりにくいですねw
>
> 個人資産での恩恵より、年金運用などで恩恵があればいいと思います。

なるほど、100年レベルで見ると世界恐慌がどうでもいいレベルの変動に見えますねw
同時代の人間にしてみたら生きるか死ぬかのレベルですが。
Re: No title
> インデックス投資を行い、投資成果を資産価格を基準に評価してしまうと心が折れそうですね。
> 受取配当金の増加を基準に考えると良いと思います。
> S&Pの配当金は1929年から1933年までに約半減しておりますが、1949年には大恐慌前の最高値を更新しています。
> しかも、配当を再投資した場合、1930~1940年代は配当利回りが非常に高かったため、1940年頃には受取配当金は大恐慌前の最高値を更新し、1954年には大恐慌前の5~6倍になる計算です。
> S&P指数ですら配当利回りが5~7%ありましたので、個別銘柄では10%近いものもたくさんあったのではと推測されます。
> ということで、個別銘柄に投資し、投資成果は受取配当金の増加を基準に評価する、というのが精神的にもパフォーマンス的にも良いのではないかと考えております。

なるほど、しかしインデックスファンドができたのってごく最近ですよね。
当時は個別株に投資するしかなく、1930年代は倒産の恐怖との戦いではないかと推測します。もしインデックスファンドがあればそっちの方が精神的に楽な気がします。

アメリカを信じるのが大前提ですが。実際、この時代はアメリカ以外で投資していると国ごとパアになった可能性があります。
No title
こんばんは
「重要なのは手法では無く、その人の投資哲学」という点に同感です。
自分の考えを持っていることが大事ですね。
自分の投資哲学を持っていて、他人の投資哲学を尊重できるのが理想です。
Re: No title
> こんばんは
> 「重要なのは手法では無く、その人の投資哲学」という点に同感です。
> 自分の考えを持っていることが大事ですね。
> 自分の投資哲学を持っていて、他人の投資哲学を尊重できるのが理想です。

なるほど、それは「似非インデックス投資家」は排他的で非寛容、攻撃的と言う意味ですか?(これは禁句かw)

私はインデックス投資がどうこういうより、信者が嫌いなんですよね。上記の傾向があるから。
まともな「インデックス投資家」なんかわずかですからね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク