関連コンテンツ

ひとり暮らしが高コストだというのは人によると思う

標準的な4人家族の暮らしに対して、ひとり暮らしは単純に生活費が四分の一にならないから高コストだと言われます。

最低限の住居費、食費、光熱費、耐久消費財などをひとりで負担しないといけないからです。だから高コスト。これは特に間違っていないと思います。

ただし、これは4人家族と同じような暮らしをひとりでする場合です。無駄が多いので、ひとり暮らしならひとり暮らしに最適化された予算配分をするという手があります。

ひとり暮らしならスペースを占有でき誰にも文句を言われる事が無いので好き勝手な予算が組めます。
予算が15万円としたら、漫然と予算を組むと家賃が7万円、食費が3万円、光熱費が1万5千円、携帯代が1万円、保険代が…となってあっという間に予算が尽きます。

傾斜配分でなるべくメリハリの効いた予算を組めばいいと思います。ライフスタイルは標準モデルに沿う必要は無いので、家族から「それはちょっと…」と言われるような改革でもひとりなら大胆に取り組めます。住居費を削る(どんな所に住んでも誰からも文句は出ない)のが最も手っ取り早いですが、良い所に住みたければ住んでもいいと思います。

これから単身世帯がどんどん増えるので特に住環境については価値観の転換が起こってくると思います。従来のワンルームマンションなんか、まともな料理が出来ないなど生活全般が高コストになるので全然単身者向きじゃないと思いますね。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク