関連コンテンツ

不労所得を作るのは根気と考え方次第

早期リタイアに不労所得が必要かどうかは知りませんが、定年リタイアが年金という不労所得を前提としたものと考えれば、やはり早期リタイアにも不労所得をある程度計画に組み込んだ方が自然に思えます。不可欠ではないがあった方がいいのは当然。

ただ代表的な不労所得である年金が、何十年も納付を続けて資格を得た上に規定の年齢(老齢)になってからしかもらえない社会保障のひとつであることを考えれば、若年でリタイアしたうえに自分年金とも言える不労所得を作るのは並大抵の事ではないのは容易に想像がつきます。

天才的なアイディアを持つ人を除けば、普通は不労所得を作るには時間がかかります。だから十分な不労所得を作れたとしてもその時は人生の残り時間が少なくなっている可能性もあります。年金プラス不労所得で豊かな老後にはなるでしょうが、早期リタイアは無理ですね。

だから若いうちに起業や投資でリスクを取って勝負をかけるのは一つの手ですが、もしこの方法を取らないとするとどうするか。

やはり地道にコツコツ不労所得を増やしていくことだと思います。別に不労所得を積み上げてからセミリタイアしなくても、セミリタイアしてから不労所得を増やしていってもいいと思います。サラリーマンをいったん辞めると収入のベースが下がって多くの場合は取り返しがつきません。サラリーマンがコツコツ積み上げているのは単なる年功であって会社を辞めてしまえば価値が無くなるものです。

コツコツ積み上げるタイプの不労所得はそういった制限が無いので、サラリーマン時代も辞めてからも同じことをして同じ収入が得られます。どうせ積み上げるならこっちでしょう。

ただ注意するのは、コツコツやると言っても内職的な作業は当然不労所得ではないことです。サラリーマン的思考を捨てていかに自分の手を離れた所で収入が発生するかだけを考えていく必要があります。その時間はたっぷりありますが、だからといってコツコツの方向性を間違えて無駄な事をする時間は無いと思います。

根気よく続ける事と、不労所得に対する自分の考え方、思考法を長期的に育てることが重要です。安直で一見すぐに結果が出そうなやり方はたいていは誰かが通った道で、失敗する可能性が高いと思います。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 価値観が素敵ですねw
上のコメントの人、ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク