関連コンテンツ

手数料完全無料の米ネット証券会社Robinhood(ロビンフッド)。日本もいずれこうなる?

米国の証券業界で新しい動き、手数料完全フリーのオンライン証券会社が登場

>今となっては格安の手数料を売りにするオンライン証券会社は日本の証券市場でも普通の存在となったが、こうしたオンライン証券会社は、Charles SchwabやE*Tradeが発端となっている。
>しかし、米国の証券業界ではここにきて、格安どころか手数料をまったく徴収しないでオンライン取引を行うことが可能なまったく新しいオンライン証券会社が登場し、新しい流れを形成しつつある。

ネット証券のビジネスモデルは安い売買手数料で客を集めて信用金利や金融収益(保有する金融商品からの収益)で稼ぐというのが基本線です。ディスカウントされた売買手数料は客を集める撒き餌というわけです。

そのため現物取引しかしない、それもめったに売買しないしみったれた…イヤ、堅実な顧客はその低コストの恩恵を最大限に受ける事ができます。

その路線が行きつくところまで行けば、このような完全フリーの証券会社になるのでしょう。いずれ日本でも登場するでしょうか?ネット証券業界は生き残り難度がS級の業界で、最終的には最大手のSBI証券と楽天証券しか残らないと思います(すでにそうなりかけてる)。

ここに割り込んでくるのが大手の中では手数料体系が最安クラスの、クリック証券になるでしょうが…

クリック証券はSBI証券や楽天証券に比べて現物取引の手数料は安いですが、信用金利は2社に比べて高めです。注文方式も複雑な特殊注文を採用せずに、指値や成り行きのシンプルなものを採用しています。全般的にサービスは簡略化していてまさにネット証券らしいネット証券ですが、もし完全フリーの証券会社が出てきてしまえば中途半端な気もしますね。

このタイプの証券会社は現物取引のみのシンプルな運用方法で利用する割り切りが必要です。信用金利が高く商品のラインアップも貧弱で総合的な使い勝手はどうしても悪くなるので、そこの所を理解していない人は後で後悔するかもしれません。

私は総合的に考えてずっとSBI証券(旧イー・トレード証券)1本で利用しています。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
松井証券は10万円以下の約定は手数料無料のようですが、これなんかも信用取引の手数料が大きいから撒き餌として採用してるんでしょうね。
Re: No title
> 松井証券は10万円以下の約定は手数料無料のようですが、これなんかも信用取引の手数料が大きいから撒き餌として採用してるんでしょうね。

確かネット証券の黎明期からあったような気がします。松井証券はネット証券のパイオニアで、信用の松井ですからね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント