関連コンテンツ

景気循環株は上級者向け

景気循環株、景気敏感株、市況関連株など、定義は細かく違いますが、おおざっぱに言って景気の波によって株価が大きく上下する銘柄群だと思って下さい。

個別株に投資する場合は、個別企業の分析より景気動向の判断の方が重要な場合があります。景気循環株はよりその傾向が強い株です。

不景気の最悪期に買って、好景気の最高期に売ればいいのですが、これは至難です。体感の景気と統計上の景気、実際の株価の動きにはタイムラグがあるのがまた難しいです。

それ専門で景気動向の分析を行っているプロと勝負して先読みで勝たなくてはいけません。難易度の高さは分かると思います。

景気循環株のPERが好景気の時に低下し始めるのは、景気循環を先読みしたプロやセミプロが売り始めるからです。PERが低下するのを見て割安と判断した素人がうっかり買ってしまうと大やけどをします。株価の上昇期にPERの水準が低下するのが景気循環株特有の不思議な現象です。

この辺の詳しい事はピーターリンチの本に書いてあります。

初心者が景気循環株で大勝負をするのは危険です。
ただし、景気循環株を買って持っておくとそれだけで経済や株の値動きについて勉強になると思います。景気循環について考えるのは株の醍醐味のひとつなので、初心者は少額の保有からおすすめします。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
2008年末頃に指標面だけ見て、
ナニコレ安い!と自動車関連株を買い漁った記憶があります。

結果はお察しです。
Re: No title
> 2008年末頃に指標面だけ見て、
> ナニコレ安い!と自動車関連株を買い漁った記憶があります。
>
> 結果はお察しです。

まあ誰でも通る道ですね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク