関連コンテンツ

kindleで青空文庫の文学作品を読む。全集を買うかは悩む。

著作権の切れた昔の文学作品は、青空文庫化されていればkindleなどの電子書籍リーダーで無料で読むことができます。

例えば、吉川英治の三国志だと、

三国志 01 序



このように一冊ごとダウンロードすれば無料で読めます。

ただ例えば三国志だと、全8巻で8回ダウンロードしなければいけないんですよね。それにライブラリが散らかるのが残念です。パソコンみたいにファイルをフォルダ分けしてツリー構造にできないのかな?まだkindleを使いこなせていません。

有料ですが全集を買うという手もあります。値段も100円から200円ぐらいなので、気軽に買えます。

『吉川英治全集・111作品⇒1冊』



こちらは100作品とかまとまって入っていて便利な気もしますが、目次から目的の作品に辿りつくのがちょっと大変です。それによく見ると全巻収録されていない作品もあるようです。三国志とか宮本武蔵とか、有名作品だけをまとめた物も売っているのでそちらの方がいいかもしれません。リーズナブルさは圧倒的ですけどね。全部読んだら300時間ぐらいかかりそう…

どちらにせよいくら本を入手しても物理的なスペースや引っ越しの事を考えないでいいので、私はすっかり電子書籍派になってます。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
海外を含め長期的に放浪するならkindleは便利そうですね。
Re: No title
> 海外を含め長期的に放浪するならkindleは便利そうですね。

持ち歩けるし海外でも入手できますね。海外だと日本語の書籍が恋しくなりそうだし。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク