関連コンテンツ

自炊(電子書籍化)代行サービスが違法の理由

自分で所有する紙の本を電子書籍化しようとすると、裁断機とスキャナーとそれを置くスペースが必要になってきます。当然、自炊に必要な知識技術の習得や、作業にかかる時間も必要です。

もろもろのコストを考えると、お金を払って専門の代行業者に頼むほうが良いような気がしてきます。シンプルライフ的には、可能ならばそっちの方がいいような。

ただ問題なのは、現状では業者の自炊代行サービスは違法かせいぜい限りなく黒に近いグレーであるという事です。もし適法なら大手の企業が参入しているはずです。

自炊代行業者の業務のうちで完全に適法と言えるのは、本を裁断する所までです。本の内容を第3者が電子データとして吸い上げたりする事がそもそも違法になります。

この裁断した本の内容を電子データとして吸い上げて電子書籍にして顧客に納品すると、業者の手元には裁断された本と電子データが残る事になります。著作権的にはこの2つの現物に関する所有権は元々の持ち主にあり、業者にはありません。

もちろん業者はこの2つをただちに処分している事になっていますが、どうなんでしょう。さすがにデータを転売するとすぐに摘発されるでしょうが、裁断本をネットオークションなどに流しても、大規模にやらない限りはおそらくバレません。

個人でやる場合もどうなんでしょうね。ネットオークションでは裁断済みの参考書やコミックが出回っていますが、これ自体は適法でも売りに出す前は自分でデータを吸っているはず(もちろん建前上は吸っていない事になっている)ですから、著作権的には問題があります。

これを買った客がデータを吸ってさらに転売すると、著作権者や出版社、書店などの権利や利益がどんどん侵害されます。まあ紙の本なので物理的に永久に転売され続ける訳ではないでしょうが…

これは昔からゲームの中古販売などで存在した問題ですが、21世紀になってもまだこんなアナログな問題があるんですね。とりあえず全ての書籍が紙の本とkindle版で同時発売されるようになれば、少なくとも新刊書籍については私はこんな事を考えなくても済むので早くそうなって欲しいです。

「自炊」のすすめ 電子書籍「自炊」完全マニュアル


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント