関連コンテンツ

電子書籍化による読書生活の変化(メリット編)

現在、読書の基本を電子書籍に移行しています。

そこで感じた読書生活の電子書籍化のメリットを挙げてみます。


電子書籍のメリット

1 好きな端末で読める(kindle等専用リーダー、各種タブレット、スマホ等)
2 本の置き場所を減らせる、引っ越しも容易
3 多数の本を持ち運べる
4 永久保存できる
5 検索できる(タイトル、著者名、本文検索)
6 片手で読める
7 読書灯不要(バックライトのある端末の場合)
8 本の入手が容易
9 無料で読める本がある
10 読書機会の増加(読書量の増加)

電子書籍化による最大のメリットは、現物の本があることによって生じる物理的な制限が全て無くなる事です。

置き場所の制限。
本の重量による制限。
本の入手経路の制限。

僻地や海外に住んだり、図書館や書店に行けない人、部屋が狭い人、重くて邪魔な本を開けない人でも平等に読書機会があるというのは素晴らしいと思います。

意外なメリットもあります。

6番の片手で読める、というのは現物の本と違ってページを押さえておく必要が無いため、他の作業をしながら「ながら読み」が容易になるというメリットです。

また本好きな人にとっては本が傷むのは忍びないため本の扱いには気を使う人も多いと思いますが、電子書籍ならどんな体勢やシチュエーションでも読む事ができます。(防水カバーを付ければ入浴中にも読めます。自己責任ですが)

7番はバックライトのある端末なら灯りの無い所でも読めるということです。旅行やキャンプの時は重宝します。もっとも目を悪くする可能性もあるので良し悪しですが…

副次的な効果として、私の場合は電子書籍化することによって読書量が増えました。置き場所や本の入手経路の制限によって読書の意欲が削がれたりするのは実際にある事なので、電子書籍化によってネガティブな読書姿勢が改善されたのは最大のメリットかもしれません。

次回は電子書籍のデメリットと、その対処法について感じた事や考えた事などを書いてみます。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

ま、細かい事ですが・・・
付け加えさせていただくなら
11 紙の本より値段設定が安い場合が多い・・・あくまで多いだけですが(笑)
12 ダブリ買いが防げる
 これはアマゾンだけかもしれませんが、既に買った本にもう一度注文を出すと警告が出ます。
 私はおっちょこちょいなので紙の本だと結構ダブリ買いがあるので地味に嬉しいですよね。
Re: ま、細かい事ですが・・・
> 付け加えさせていただくなら
> 11 紙の本より値段設定が安い場合が多い・・・あくまで多いだけですが(笑)
> 12 ダブリ買いが防げる
>  これはアマゾンだけかもしれませんが、既に買った本にもう一度注文を出すと警告が出ます。
>  私はおっちょこちょいなので紙の本だと結構ダブリ買いがあるので地味に嬉しいですよね。

確かに安いですね。流通経費が省けるのでもっと安くできるはずですが、やはりそこは業界のカベがあるんでしょうね。
ダブりはしたことは無いですが、警告が出るのなら安心ですね。
No title
こんにちは〜

ダブった事がないって凄いです!!
私もダブり予防の為にできるだけamazonに寄せていました。

寝落ちしても安心「7. 読書灯不要」が便利そうです。
さいもんさん、寝落ちもしなかったりして...
Re: No title
> こんにちは〜
>
> ダブった事がないって凄いです!!
> 私もダブり予防の為にできるだけamazonに寄せていました。
>
> 寝落ちしても安心「7. 読書灯不要」が便利そうです。
> さいもんさん、寝落ちもしなかったりして...

そんなにダブるもんなんですかね…
あまり本を積んでおく習慣が無くて買ったらすぐ読んでるからかな?

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク