関連コンテンツ

電子書籍化による読書生活の変化(デメリット編)

前回の記事:電子書籍化による読書生活の変化(メリット編)

メリットとデメリットは表裏一体、ということで私が感じる電子書籍のデメリット、不便なこと、不合理なこと、不安な事を考えてみます。

1 端末の初期投資、更新費用がかかる
2 紙の本より表現力で劣る部分もある
3 リアルの「本棚」より一覧性が劣る
4 複数の本の同時参照が出来ない
5 「読書」には向くが「調べもの」「学習」には向かない
6 安くない?
7 衝動買いしやすい?
8 永久保存できない?

1番は最低限端末が一台は必要という事ですね。安いもので数千円、タブレットを使うなら数万円まで。端末の性能はどんどん上がるでしょうから、新製品が出ると買い替えたくもなります。

2番はやはり紙の本というのは人類が長い間愛用してきた形式ですから、表現力では一日の長があります。将来的には近づくとは思いますが、完全に同じというのは無理でしょう。電子ペーパーは紙に近い表現力がありますが書き換えの速度に限界があり、タブレットの液晶も目が疲れやすいという根本的な問題があります。将来的には全くの新技術が開発されるかも。

3番は携帯端末の狭い画面ではやはりタイトルの一覧性に難があるということです。リアルの本棚は背表紙を眺める楽しみがあります。

4番は一台の端末で複数の本を同時に開けないことです。これをやりたければ複数の端末を持つしかありません。

5番はちょっと問題です。電子書籍は小説などを読んでいく分には向いていますが、ちょっと前のページに戻ったり、アンダーラインを引いたり、付箋を付けたりするのは苦手です。これらの作業は電子書籍専用端末にもその機能がありますが、使いこなすにはやはり慣れが必要です。参考書のようにパラパラとめくるというのができません。4番の同時参照が出来ないのも調べものには難があります。これは「検索が出来る」という電子書籍のメリットと表裏一体です。

6番は考え方次第です。紙の本と電子書籍が同価格帯で売り出されたりしますし、中古という概念が無いので安く買おうと思ったら突発的なキャンペーン頼みや価格改定を待つ事になります。その一方で無料で手に入る機会も多いです。

7番は、6番に絡んで安くなったときに衝動的にポチりやすい問題…これは私だけかもしれませんが。それに紙の本は入手までの手間や置き場所の問題で購入までに心理的なワンクッションが置けますが、電子書籍はワンクリックで買えるので衝動買いしやすい構造があります。まあ私は読書機会が増えた、と前向きに捉えていますが…

8番は目をそらしがちですが、大問題です。例えばkindleならAmazonが万が一サービスを終了してしまったら、購入した書籍はどうなるのかという話です。「購入」とは言いますが、実は厳密にいうとAmazonとの無期限レンタルに近い契約です。サービス終了後にこのレンタル契約がどうなるのかは分かりません。少なくとも楽天は以前ケツをまくった前科があります。

楽天は普段の行いがあるのでアレですが、圧倒的なシェアを持つAmazonが不誠実な対応を取ったら世界的な大混乱になりますから、これはなんとかなるだろうと楽観していますが…


以上のデメリットを全て理解した上で、私は快適な電子書籍生活を送っています。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
私もキンドルの購入を検討していたところなんですよね。
分かりやすい記事をありがとうございました。
Re: No title
> 私もキンドルの購入を検討していたところなんですよね。
> 分かりやすい記事をありがとうございました。

やはり購入を検討するときは不便な事の方が気になると思います。参考になれば良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク