関連コンテンツ

ジュニアNISAってけっこう悪くないと思う

20歳未満の子供に、20歳になるまでに年80万円の非課税枠と5年間の非課税期間を与えるのがジュニアNISAです。

NISA制度の多々ある不合理な点にはこの際目をつぶることにして、ジュニアNISA自体はけっこう面白く悪くない制度だと思います。

ただ例によって仕組みが複雑怪奇で、とても初心者向けでは無くましてや子供が理解する事は困難なので、現状では子供を持つ投資マニアの親向けの制度かな、と思います。なので詳しい制度の解説は省きます。

子供が18歳になるまで売却できない(売却したら課税される)ので、必然的に長期投資になるのがミソです。20歳になったら成人ニーサ口座を開設して移管することもできるので、さらに非課税期間は伸びます。

子供に対する生前贈与という事になりますが、年80万円だけなら当然非課税ですね。両親の非課税枠が年間合計240万円で、子供が2人なら合計年400万円も非課税枠がある!ジュニアNISAすごい!という論調もありますが、これはどうかと思いますね。両親の資産運用に利用するというよりは、あくまで独立した人格としての子供のおカネだと考えた方がいいと思います。

ジュニアNISAの設立目的自体は、家庭の投資総額を増やすことと親から子への資産移動を促す意味があると思いますが、ここは単純に子供の投資教育の機会と捉えた方がいいと思います。

強制的に5年以上の長期投資になるので、親の投資判断が問われますが、中学生にもなれば子供に投資判断を任せてもいいと思います。結果がどうあれ、最高の投資教育になると思います。

「ジュニアNISA」徹底活用ガイド (日経ムック)



↑レビューがズタボロで笑えますw
NISA制度とジュニアNISA制度が全く別物なのが混乱に拍車を掛けているようです。やはりヒマな投資マニア向けの新制度で、どうやって最大限使いこなすかというパズルのようです。難しい事を考えずに、子供にあげるおカネだと思えばいいんですよ。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク