関連コンテンツ

フラジャイル5(ファイブ)、再び

週末のアメリカ市場は大荒れ。なんというか、ショックな下げですね。

しかし利上げの前後は神経質な値動きになるのはある程度予想されたことなので、実際に利上げ通過してみない事にはなんとも言えないですね。様子見で安全資産への資金退避が起きているだけでしょうし。

で、懐かしの?フラジャイル5ですが、これは2013年のバーナンキショックで注目された「脆弱な5通貨」の事です。最近は全然聞かなくなっていましたが、ここにきて新興国通貨の弱さがあらためて注目されていると思います。

フラジャイル5って、日本語的には戦隊ヒーローものみたいな語感でカッコいいんですよね。FXで高金利通貨の対円ロングポジションで死にかけている人(ランド円のことですけど)には笑いごとじゃないんでしょうが…

フラジャイル5の顔ぶれは、ブラジルレアル、インドルピー、インドネシアルピア、トルコリラ、南アフリカランドの5通貨でしたが、この中では2013年ごろに比べるとインドの成長が目立っていて、フラジャイル5を卒業という感じでしょうか。替わりにロシアルーブルが入って?きますね。

このダメダメメンツですが、新興国通貨への逆張りという観点では好機が来ているのは間違いないので分散して買い下がるのはアリかな、とは思います。原油を始めとする商品市況も全面安ですが、これも根は同じ。

ナンピン素寒貧とならないように、資金配分とタイミングが重要なのでおススメはしませんけどね。あとは時間軸の問題。低迷が長期にわたる事も考えないといけませんし。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク