久しぶりに高配当株を買いました。

カノークス(8076)

トヨタ自動車向けが主力の鉄鋼商社です。要するにバリバリの景気循環株なので、安定性を重視する配当金生活にはあまり向いていないと思います。それでも買ったのは株主還元強化で配当意欲が高そう、というのが理由です。

名証2部の過疎株で日経平均の影響がほとんどないのも気楽でいいです。繰り返しますが景気循環株であり株価が高値圏の可能性はあるので、駄目ならさっさと売ろうと思います。


デクセリアルズ(4980)

ソニー子会社で過去に東証2部に上場していた旧ソニーケミカルが再上場したものです。スマホやタブレットなどの電子部材が有名です。再上場から4か月が経過し、株価も落ち着いてきたので「出落ち」を狙って買ってみました。分離独立企業には意外な高収益の銘柄が潜んでいる事があり、注目度が落ちてくる上場半年後以降は狙い目になることがあります。

アップルが有機ELパネルを採用するという報道で、このセクターは一律に売られていますがどの程度業績に影響があるのかはよく分かりません。あまり自信なし。


ここ2年くらいは絶対自信のある銘柄ってありませんね。自信が無ければ無理に買う必要もないんですが。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ