関連コンテンツ

利上げ開始で米銀株に「世紀の強気」?

米銀株に「世紀の強気」、利上げ開始は朗報-世界の運用者のお気に入り

>(ブルームバーグ):  米国の銀行が世界経済を揺るがせてから7年。金融当局が利上げを開始した今、米銀株は投資家に大人気だ。

>米国の大手銀行株は15、16両日で5%以上値上がりした。事実上のゼロ金利政策の終わりが銀行の収益力を復活させると見込んで金融株を買っていた投資家は早くも報われた形だ。

まず基本的な話として利上げで銀行株が上がる理由は、

1 金利の上昇は銀行の金利収入増につながる

という単純なものです。また銀行は短期負債で借り入れた資金を長期の融資に回すので、

2 利上げペースが早ければ銀行の儲けも増える

とも言えます。来年にも数次にわたる利上げが予定されていますが、もしこれが見送りされれば銀行株の低迷もありうるわけです。しかし利上げペースが早すぎれば有利子負債の多い業種、特に不動産業は苦しくなるのでこのあたりのさじ加減は絶妙なものが要求されます。利上げはいったん始めたら後が大変です。

今のところFRBは非常にいい仕事をしているように見えます。なるべく景気の波を穏やかな上昇傾向にもっていければ皆ハッピーになれるからです。

こうなると相場の天井と底を狙うタイミング派の投資家よりべったりと平均的に買っていく投資家の方が有利になってきますね。タイミングを狙いすぎていつまでも相場に入れないと、実質の投資効率がどんどん落ちていきますからね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
金利が上がれば銀行にとっての仕入れコストも上がるから利益は行って来いで同じかと思ってたんですが、違うんですかねえ。
長期債の下落で長期金利のほうが大きく上がるから利幅が大きくなるのかな。。
Re: No title
> 金利が上がれば銀行にとっての仕入れコストも上がるから利益は行って来いで同じかと思ってたんですが、違うんですかねえ。
> 長期債の下落で長期金利のほうが大きく上がるから利幅が大きくなるのかな。。

利幅が大きくなるという理解でいいと思います。イールドカーブ、スティープ化でググれば解説があります。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント