関連コンテンツ

配当金生活実質初年の成績(配当金除く)

2015年の通算成績がこちらです。配当金生活の実質初年の成績でもありますね。

損益金合計額 譲渡益税徴収(還付)額合計 手取り
1~3月 ¥3,929,623 ¥-798,289 ¥3,131,334
4~6月 ¥5,854,521 ¥-1,189,336 ¥4,665,185
7~9月 ¥6,225,743 ¥-1,264,712 ¥4,961,031
10~12月 ¥-439,235 ¥89,236 ¥-349,999
¥15,570,652 ¥-3,163,101 ¥12,407,551


あとは来年1月の中ごろにSBI証券から年間取引報告書が来るはずなので、それで配当金もわかりますね。

実質専業生活1年目なので、生活の変化や心理面から売買に影響が出るかと思っていましたが、結果からすると影響は無かったですね。場中で取引しない私のやり方だと兼業時代とやることは変わらないので、仕事の負担が無い分ヒマで楽なぐらいでした。

しかし売買だけで言うと今年は非常に難しかったですね。前半は一貫して強気だったのが功を奏しましたが、後半はチャイナショックのリカバリーに追われる羽目になったので、この程度でまとまったのはたまたま年末の反騰が強かったおかげです。

来年は新興国債券を含む配当金の増額に取り組むことになると思います。あくまでチャンスがあればの話ですが…

チャンスが無かったら無かったで、資源価格や新興国経済が立ち直りを見せているということなので、それはそれで安心できる展開だと思います。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
そろそろ出てくるのではと期待してました。さいもんさんでも後半は苦戦されたようで安心しました。来年の相場はどうなるのでしょうかねぇ。日々、投資について頭を悩まし反省の繰り返しですが、ただ貯蓄一辺倒より変化があるのが一番の醍醐味です。呆け防止に投資は一番だと思ってます。
Re: No title
> そろそろ出てくるのではと期待してました。さいもんさんでも後半は苦戦されたようで安心しました。来年の相場はどうなるのでしょうかねぇ。日々、投資について頭を悩まし反省の繰り返しですが、ただ貯蓄一辺倒より変化があるのが一番の醍醐味です。呆け防止に投資は一番だと思ってます。

来年はさらに難しくなると思います。難しいことをせずになるべく放置で儲かる方向にシフトして行きたいです。
No title
さいもん様
いつも勉強させていただいております。わたしもいつかは人的資本に頼った生活から抜け出したいと考えております。
今回早々と仕事納めとのこと、おつかれさまでした。配当金を含まないでの数字とのことで、たいへんすばらしい結果と存じます。
これに関連しておうかがいできればと存じますが、さいもんさんは
ポートフォリオにおいて、インカムゲインを得るためのポジションと、キャピタルゲインを得るためにトレーディングを行うポジションの比率をあらかじめ分けていらっしゃるのでしょうか?
具体的には、一億円のうち、7割をインカムゲイン用(期待利回り5%→350万円)として生活を維持し、残りの3割をリスクをとってキャピタルゲインをねらっていく、というような配分方針をとっていらっしゃるのでしょうか?もちろん、企業のパフォーマンスに応じて入れ替えは起こると思いますが。。。
参考までにおうかがいできれば幸いです。
Re: No title
> さいもん様
> いつも勉強させていただいております。わたしもいつかは人的資本に頼った生活から抜け出したいと考えております。
> 今回早々と仕事納めとのこと、おつかれさまでした。配当金を含まないでの数字とのことで、たいへんすばらしい結果と存じます。
> これに関連しておうかがいできればと存じますが、さいもんさんは
> ポートフォリオにおいて、インカムゲインを得るためのポジションと、キャピタルゲインを得るためにトレーディングを行うポジションの比率をあらかじめ分けていらっしゃるのでしょうか?
> 具体的には、一億円のうち、7割をインカムゲイン用(期待利回り5%→350万円)として生活を維持し、残りの3割をリスクをとってキャピタルゲインをねらっていく、というような配分方針をとっていらっしゃるのでしょうか?もちろん、企業のパフォーマンスに応じて入れ替えは起こると思いますが。。。
> 参考までにおうかがいできれば幸いです。

プロフィールを見て貰えればわかると思いますが、売買利益の範囲内で高配当株を買い増しているのでその積み重ねですね。確かに7千万は死守ラインですが、比率を決めている訳ではありません。今年はたまたまETFの売買ばかりやってますが、リスクも増してくるので来年はまた変わってくると思います。あと国内株のインカムで5%→350万円は無理です。
見切り売りについて
さいもん様

はじめまして。いつも拝見させて頂いております。

高配当株の利食いのタインミングとしては、ストップ高などでキャピタルゲイン>>インカムゲインになり割高となった時と思います。

それに対して、見切り売りは特に何%とは決めていないような感じがします。
元々インカムゲインを狙った銘柄で、見切り売りと買い増しをしていくのは、どの様に決めていらっしゃいますか?

ご自身でも書いているように高配当株の取引で、今年の前半は上手くいきすぎなのかとは思いますが、高配当株でこの利益は感嘆するばかりです。入るタイミングも本当にすごいなと思います。
Re: 見切り売りについて
> さいもん様
>
> はじめまして。いつも拝見させて頂いております。
>
> 高配当株の利食いのタインミングとしては、ストップ高などでキャピタルゲイン>>インカムゲインになり割高となった時と思います。
>
> それに対して、見切り売りは特に何%とは決めていないような感じがします。
> 元々インカムゲインを狙った銘柄で、見切り売りと買い増しをしていくのは、どの様に決めていらっしゃいますか?
>
> ご自身でも書いているように高配当株の取引で、今年の前半は上手くいきすぎなのかとは思いますが、高配当株でこの利益は感嘆するばかりです。入るタイミングも本当にすごいなと思います。

今年の売買利益の大部分は1570のスイング取引ですよ。個別株で取りにくい年だったと思います。

配当株は配当を受け取る事が目的なので、配当を基準に考えます。ストップ高程度で売ってしまったら、配当を受け取れなくなります。一時的な利益よりポジションが無くなる事の方がしんどいです。

この考え方だと、配当の継続性の方が大事です。減配の可能性が高い銘柄は早めに売って、そうでない銘柄は永久保有に近くなります。キャピタルゲイン狙いの売買とは考え方が違いますね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク