関連コンテンツ

証券口座の断捨離とおすすめのサブ証券会社

普通の人は証券口座ってどのくらいの数を開設するものなんでしょうか?

まあ普通はメインの口座が一つか、サブ口座を入れても2、3まででしょうね。

私はマニア的な興味で、手当り次第に開設してきました。数えたら累計で10は超えてます。特にネット証券は殆ど全て開設しています。ネット証券の歴史は毀誉褒貶が激しいので、10年の間に撤退や合併で自然と数が減ってきていますね…

しかし考えてみたら、10年以上の間ほとんどSBI証券(旧イー・トレード証券)しか使ってないんですよ。

だから思い切って、他の証券口座を全て閉じてしまおうと思っています。証券口座が多いと、引っ越しの時の住所変更の手続きが大変なんです。証券口座の断捨離です。

どうしても必要になればまた再開設すればいいと思います。特定口座は同一年度の再開設はできないみたいですが、おそらくそこまで急ぐような事態にはならないでしょう。

ネット証券が出来たころはとにかく手数料の安さが革命的だったので、どのネット証券も手数料の安さで勝負してました。今では手数料勝負も限界なので、総合的なサービスの勝負になっています。メインの証券口座はSBIか楽天のどっちかでいいと思います。

サブ口座は必要ないと思いますが、あまり頻繁に取引しない人ならユニークなサービスがある証券会社をサブにするといいと思います。私が使った事がある中では、

・松井証券
1日10万円約定まで手数料無料。こういう客寄せサービスをネット証券黎明期から継続しているのは立派で、その点信用があります。信用取引は「信用の松井」なので、新しいユニークなサービスは松井証券が一番導入が早い。その反面、客寄せ的なサービス以外は信用金利も手数料も高めで情弱顧客はカモられ易いです。まさにサブ口座向き。

・クリック証券
歴史は浅いが勢いのあるネット証券。ある程度の規模があるネット証券の中では現物手数料体系が一番安いので、メジャーな銘柄を本当に現物取引しかしない人なら使う価値はあると思います。信用取引は制度信用の金利がSBIや楽天より安いが、一般信用の金利は高め。SBIや楽天に比べると総合力に劣るので長期的にメイン口座にするにはきつい印象。

・マネックス証券
とにかく中途半端で使いづらい。現物手数料が高すぎる。ネット証券黎明期からある会社ですが、合併を繰り返した負け組連合という感じです。外国株や投資信託は知りませんが国内株だけなら使う価値なし。

・岡三オンライン証券
手数料勝負を挑んだのはいいが、大敗した模様です。将来性が無いのでメインにもサブにも使えません。

・カブドットコム証券
最古のネット証券のひとつですが、三菱UFJ系列だから残っているような会社です。「Meネット証券」と合併してカブドットが存続したのですが、結局どちらにも入金しませんでした。ツールが売りらしいですが、必要か?

・フィデリティ証券
株を買うためにこの口座を開く人は居ないでしょうから、投資信託の話ですが定期的に投資信託の買い付け手数料無料をやっているので投資信託をやるなら開いておくべきでしょう。基本の手数料も他のネット証券に比べたら安めです。預り金が多ければさらに安くなります。

あと各社の無料の情報ツールがありますが、日経系の情報を無料で見たい人はいくつかの会社でやってますね。私はログインが面倒臭いし使いづらいのでほとんど使わなくなりましたが…

そういうわけで私はSBI証券1本に絞りました。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント