関連コンテンツ

老後資金1億円必要説について

老後資金1億円必要説については、マネー誌の煽りタイトルだという意見が多いと思います。しかし図書館で日経マネーを読んでみたところ、要するに定年までに3千万用意して、厚生年金等を夫婦で30年以上受け取れば合計でそのくらい行く、と言うことらしいですね。

やっぱり煽りタイトルじゃないですか。

考えてみたら私の場合90歳まで生きるとしたら、あと50年以上あるから年金を計算に入れないと年間200万円生活としても1億円は必要なわけです。私が年金をおとなしく払っているのも、もちろん義務というのもありますが長生きリスクに対するヘッジの意味もありますね。ただでさえ早期リタイアで年金が少ないんですから。厚生年金も納付期間20年未満だと大きく減りますし…

マネー誌を読むぐらいの人だったら家計管理はある程度できてると思うので、定年までコツコツ働ける人なら定年時に2~3千万もあれば必要十分という、ごくあたり前の結論を「老後資金1億円必要」というタイトルに持っていくのはやはり煽りタイトルとしか言いようが無いですね。

でもマネー誌も本当はもっと成長株で1億円とか、景気のいいタイトルで売りたいと思うんですよね。老後不安を煽るのはよくない、と言ったって読者がこれを求めているからこういうタイトルになっているという気がします。需要あるところに供給あり。

私が成長株の集中投資で10倍!とかいう記事を書いてもどうせバカがまたバカな事言ってる、ぐらいの反応しか返ってこないですからね。



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
1億という数字、言葉が独り歩きしてますね。
それだけインパクトのある言葉だし、煽り側には便利な言葉なんでしょう。
Re: No title
> 1億という数字、言葉が独り歩きしてますね。
> それだけインパクトのある言葉だし、煽り側には便利な言葉なんでしょう。

この号も中身を読めばまともなんですよ。タイトルが吊りぎみなだけで。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント