最近は自宅に固定電話が無くて、携帯のみで済ませている人が多いと思います。

太古には家に固定電話(緊急連絡先)があるのがまともな社会人の証、みたいな論調があってNTTの高額な電話加入権を買わせる根拠にもなっていました。若い人にはなんのことかわからないと思うので、暇な人はリンク先でも読んでください。

しかし、現代では携帯電話の方が必須になっていて、携帯電話の維持費が高いために昔と逆に固定電話の方をリストラする人が増えたわけです。

もともと私は電話が嫌いなんですよね。だってこちらは用が無くても、向こうからは容赦なくかかってくるじゃないですか。サラリーマンとか学生とかやっていると携帯電話を断捨離するなんて不可能に思えますが、今では誰はばかる事ない無職の身の上なので、この際思い切って携帯電話を断捨離することにしました。

一応、音信不通になると困る、心配されると思われる人にはEメールアドレスと現住所を教えたので、これで浮世の義理も済んだでしょう。

たださすがに連絡先の電話番号が無くなると今後の社会生活上問題が出てくるし、口座も開けなくなるし、証券会社にも怒られるので、新たにひかり電話(月額500円)も開通しました。

つまり携帯電話を断捨離して固定電話に回帰したわけです。先祖がえりです。

携帯電話(スマホ)の無い生活なんて考えられない、という人は多いと思いますが、実際やってみると非常にさっぱりとして気持ちがいいですね。

Eメールを使えなくて、電話番号も知らないという人は今後私と連絡を取れなくなる可能性があります。しかしその場合も住所さえ分かれば本来の意味のメール、つまりハガキでも出せばいいでしょう。急を要する場合は電報を打つという手もあります。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ