25日は個人の節税売りに押された日でした。売買代金が年間最低な中、日経平均は殆ど動かないわりには中小型株のうち今年軟調だった銘柄ほどよく売られていましたね。年末のたたき売りです。

そんな中、米マクドナルド本社の持ち株売却意向報道で揺れる日本マクドナルドホールディングス(2702)は、前日比19円プラスの2643円で引けました。配当、優待権利日とはいえ強いですね。なお信用売りが殺到したため、25日付で売り禁になりました。

来週は配当落ちでもう少し下がると思いますが、買いの材料は信用売りの買戻ししか無いのでどのくらいの株価で落ち着くかはまったくわかりませんね。

それにしてもマクドナルド(2702)がここ3年ぐらい2600円~3000円ぐらいの高値をなぜ維持できているのか、説明はできませんね。もちろん優待の存在は大きいのでしょうが、それだけ?ファンダメンタルからはまったく説明がつきません。連続赤字なので純資産で評価するしかありませんがPBRで見ても3倍以上。

この高値でいったいどこが米マクド本社の持ち分を引き受けるのか謎です。しかも経営の主導権は米マクド本社が握ったままですから、本当に買うだけです。ボランティアか?IRはノーコメントですが否定もせず…

マクドナルド(2702)は需給が特殊すぎて初心者向けじゃないと思います。株の勉強にはなりません。今までは優待狙いのホールドで良かったんでしょうが、今後の株価の動きはさっぱりわかりませんね。いや、今までもわかりませんでしたけどw


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ