関連コンテンツ

大納会。今年の相場を振り返る。

大納会の日経平均株価は19033円でした。ギリギリですが1万9千円台に乗せて終われました。

年中ごろの2万円を回復できなかったので、2015年はショボかった印象ですがこれでも年初来では9%ぐらい上げているんですよね。ジャスダック平均は11%ぐらい上げているので中小型株が多いひとり配当金生活ポートフォリオには恩恵が多かった年でした。

その一方でマザーズは大幅マイナスで新興株は悲惨な年でした。世界に目を向けてみると、

新興市場株「大虐殺」を回避したファンド運用者、秘訣を明かす (1)

>(ブルームバーグ):ここ数年は新興市場株ファンドの運用者にとって、悲惨極まりない時期だった。しかし、アニンディヤ・チャタージー氏は別だ。

>同ファンドのウェブサイトによれば、9月末時点でポートフォリオの42%を中国株が、26%をインド株がそれぞれ占めていた。このため年初来で12%下げたブラジル株など新興市場株の中でも特にきつい売りを浴びた市場の影響をそれほど受けずに済んだ。世界的に値を下げた金属や石油といった商品銘柄へのエクスポージャーも低く、エネルギー銘柄の割合は1.9%、素材株は3.6%だった。

今年最も打撃を受けたのは原油を筆頭に商品(コモディティ)に投資する投資家で、商品市況や中国の景気、米国の利上げに影響される新興国市場も大打撃を受けました。チャイナショックで嵐の中心だった中国は個別銘柄で見ると案外平気で回復している企業もあります。大虐殺を回避しこれらの中国銘柄と比較的経済好調なインド銘柄に集中投資した手腕は素直に見事と言えますね。

しかしほとんどの投資家は打撃を受けたわけです。私は9割方日本株で運用していたので運が良かったですね。まあたまたまですが。

2014年までは株も債券も商品もなんでも上がるイージーな相場だったのですが、これからは難しいですね。たとえば株が下がって債券が上がるといった相場なら資産配分のやりようもあるのですが、なんでもかんでも下がる相場に突入すると現金にするしか手がなくなります。

空売り?いやいや空売りは難しいですよ。

まあ先のことはともかく今年の相場は終わり。儲かった人も儲からなかった人もお疲れさまでした。来年も生き残っていきましょう。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
お疲れさまでした。
生き残ることが大事ですね。
来年も生き残りましょう!
Re: No title
> お疲れさまでした。
> 生き残ることが大事ですね。
> 来年も生き残りましょう!

お疲れさまでした。来年もよろしくお願いします。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント