関連コンテンツ

配当金生活の税金(確定申告)について頭を悩ます

正月からカネの話で申し訳ないのですが、そういうブログなのでご了承下さい。配当金生活の税金(確定申告)についての話です。

なお私は今までに確定申告を数回した事があるだけのド素人ですので、そこもご了承下さい。間違った事が書いてあっても一切責任は取りませんし、こっそり指摘していただけるとありがたいです。

まず私の場合の条件として、証券口座は源泉徴収ありの特定口座です。配当金の受取方法は「株式数比例配分方式」です。年間の株式譲渡損益はプラスです。もしマイナスになっていれば特定口座内で自動的に損益通算がなされて自動で還付を受けられるので、確定申告の必要はありません。トータルで損失が出て翌年以降に損失を繰り越す場合は、特定口座でも確定申告をする必要があります。

ここまでですでにややこしいですが、なんとかここまでは間違っていないと思います。源泉徴収ありの特定口座では、原則確定申告をする必要はないのですが、損失を繰り越す場合以外では、確定申告をすることによって多くの還付を受けられるケースもあります。特に配当金が多い場合は。

続きます。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
あけましておめでとうございます。

完全に忘れていました^^;
いい情報ありがとうございます。

よく考えると私の場合、収入がほとんどないため所得金額が
基礎控除、その他控除額には全く届かないので
配当を確定申告すると課税所得金額0のままで税金が少し戻ってきます。
年明けに確定申告するときに一緒に申告しておこうと思います。

私の場合は、さいもんさんほどの収入はないため悩む必要なしです^^
特定口座年間取引報告書の(配当等の額及び源泉徴収税額等)に記載の内容を
確定申告書に入力するし、特定口座年間取引報告書を貼付するだけでいいんですよね。

では、本年もよろしくお願いします。
Re: No title
> あけましておめでとうございます。
>
> 完全に忘れていました^^;
> いい情報ありがとうございます。
>
> よく考えると私の場合、収入がほとんどないため所得金額が
> 基礎控除、その他控除額には全く届かないので
> 配当を確定申告すると課税所得金額0のままで税金が少し戻ってきます。
> 年明けに確定申告するときに一緒に申告しておこうと思います。
>
> 私の場合は、さいもんさんほどの収入はないため悩む必要なしです^^
> 特定口座年間取引報告書の(配当等の額及び源泉徴収税額等)に記載の内容を
> 確定申告書に入力するし、特定口座年間取引報告書を貼付するだけでいいんですよね。
>
> では、本年もよろしくお願いします。

あけおめです。

所得が各種控除に届かないのであれば、配当所得以外にも譲渡所得なども申告する事を考えた方がいいですね。専業投資家の場合は譲渡所得が高額になる場合が多いので源泉分離税で処理する場合がほとんどですが、年金生活者などの場合は配当所得も譲渡所得も申告するケースがあるかもしれませんね。各種控除の多い人ほど申告した方が有利ですし。

注意するのは控除があるからといってたくさん所得を申告すると国保の金額が上がることです。これは代表的な落とし穴なので注意しましょう。

また国保と住民税は住所によって計算方法が違うので必ず住所地の相談窓口に問い合わせなければいけません。

こんな所でしょうか。私もド素人なので専門家に教えて欲しいぐらいです。
今年もよろしくです
No title
念のため追記しておくと、国保の7割減の条件の「所得」は所得控除(基礎控除などの各種控除)適用前の数字です。国保を最低負担にしたければそこだけは注意が必要です。そのため配当金だけで生活できるレベルなら申告する場合は7割、5割減は最初から狙わないケースも出てきます。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント