関連コンテンツ

そもそも確定申告する必要はあるのか?という話(配当金以外の収入)

配当控除の話はいったん置いておいて、2015年に配当金以外の収入がいくらあって、そもそも確定申告をする必要はあるのかないのかという事を確認します。必要ないのなら、面倒な申告はしないという選択肢が生まれます。

No.1199 基礎控除(国税庁HP)

所得税の基礎控除の金額は38万円です。サラリーマンやアルバイトの場合は副収入は20万円以上で確定申告、というのを聞いた事があると思いますが、私の場合は完全無職ですので38万円までは確定申告の必要がありません。

2015年の株式譲渡益と配当金以外の収入は、

Googleアドセンス・A8.netからの収入= ¥315,578

これにクラウドバンクからの分配金収入の数万円(雑所得扱い)が加わります。

合計すると38万円は超えないようです。つまり確定申告する必要はないということになります。

ただ確定申告すれば源泉徴収された分は払いすぎということになり、還付を受ける事ができます。

しかし源泉徴収分なんて金額にすると知れてますからね…やる気は起こらないですね。

あれ、でもコレ住民税の基礎控除は33万円だから、経費を計上して所得を33万円以下にしないと結局住民税の方で課税されますね。国保の7割減の条件も33万円以下だから、できるならやった方がいいですね。

結論としては確定申告する必要は無いが、金額が微妙なので住民税の事を考えると結局確定申告した方がいいかもという微妙な結果になりました。

世捨て人系?の早期リタイアだと、住民税まで含めて課税所得をゼロにする方向に進むのが正攻法かもしれません。しかし私の場合は配当所得を申告して配当控除を得るというオプションがあります。その場合は課税所得が増えることになり、かなり方向性が変わってきます。

実際に確定申告するかどうか、確定申告するとして配当所得を申告するかどうかは、今月中旬には各証券会社の書類が届くので、その時計算して検討する事にしましょう。試算だけなら今でもできますが…



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
難しいですね^^;
昨日のコメントにかかれていた控除分が余っているなら
譲渡益税(譲渡益170万円程度)に対する申告もやった方がいいという話、
計算しますと還付が7万円ほどもらえることにはなるんですが、
住民税の方で計算すると、15万円程度逆に税金がかかることになり、
さらに国民健康保険料は大幅に上がることになってしまうので、
このまま申告せずに特定口座源泉徴収有で完結させた方が良さげなんです。
ですから、私の場合、配当のみを申告し、その課税分、
わずかではありますが総合課税で控除されるので還付を受けることにします。
Re: No title
> 難しいですね^^;
> 昨日のコメントにかかれていた控除分が余っているなら
> 譲渡益税(譲渡益170万円程度)に対する申告もやった方がいいという話、
> 計算しますと還付が7万円ほどもらえることにはなるんですが、
> 住民税の方で計算すると、15万円程度逆に税金がかかることになり、
> さらに国民健康保険料は大幅に上がることになってしまうので、
> このまま申告せずに特定口座源泉徴収有で完結させた方が良さげなんです。
> ですから、私の場合、配当のみを申告し、その課税分、
> わずかではありますが総合課税で控除されるので還付を受けることにします。

そうですね、特定口座は口座ごとに申告するかどうかを選択できるので、あらかじめ資産を小分けしておいて国保料が上がらないギリギリの額を申請する方法があります。そこまでやるのか、と言う話ですが実際にやっている人に比べたら余計に税金を払っている訳で、税金というのは何もしないとマックス取られるようになっているということですね。配当だけでも申告しておいた方がよさそうですね。
No title
いつも楽しく拝見させていただきです。

アフィリエイト収入については、収入をそのまま上げる
のでなく、経費も上げること可能ではないかな?と思いますが。
インターネット接続料や取材費の一部など、合理的な範囲内で。
住民税の所得割は所得35万円以下であれば非課税、均等割も
28〜35万円以下であれば非課税にできるかな、(市町村により違う)
と思いますが、私自身はアフィリエイト収入なしなんでやったこと
はないので、やったことはないんですがね^ ^
Re: No title
> いつも楽しく拝見させていただきです。
>
> アフィリエイト収入については、収入をそのまま上げる
> のでなく、経費も上げること可能ではないかな?と思いますが。
> インターネット接続料や取材費の一部など、合理的な範囲内で。
> 住民税の所得割は所得35万円以下であれば非課税、均等割も
> 28〜35万円以下であれば非課税にできるかな、(市町村により違う)
> と思いますが、私自身はアフィリエイト収入なしなんでやったこと
> はないので、やったことはないんですがね^ ^

本文中に経費の計上の話はありますよ、だから経費を計上して確定申告する事も考えられます。ただアフィリエイトの経費で無条件に認められるものは少ないみたいですね。

あと、ここは大規模匿名掲示板ではないので、コメントするときは識別できるハンドルネームを入れて下さいね。
No title
昔の記事へのコメントで恐縮です。

確定申告(ゼロ申告を含む)をしないと国保の法定減額を受けることができなくなりますので、どのみち確定申告はしなければならないと思います(市役所に住民税申告だけするよりはゼロ申告の方が郵送で来ますし、多数の申告者に紛れ込むことができます)。

また、国民年金ですが、私が試算したところ、満額支払者が全額免除者より得をするのは85歳になってからで、それ以前に死亡すると損をすることが分かりました。
私は2年前納で付加年金(毎月200円のやつです)も払っていましたが、今年の7月に免除申請をするつもりです。

免除を受けられる人は、国民年金をあえて払う実益に乏しいのかなと思っています。
Re: No title
> 昔の記事へのコメントで恐縮です。
>
> 確定申告(ゼロ申告を含む)をしないと国保の法定減額を受けることができなくなりますので、どのみち確定申告はしなければならないと思います(市役所に住民税申告だけするよりはゼロ申告の方が郵送で来ますし、多数の申告者に紛れ込むことができます)。
>
> また、国民年金ですが、私が試算したところ、満額支払者が全額免除者より得をするのは85歳になってからで、それ以前に死亡すると損をすることが分かりました。
> 私は2年前納で付加年金(毎月200円のやつです)も払っていましたが、今年の7月に免除申請をするつもりです。
>
> 免除を受けられる人は、国民年金をあえて払う実益に乏しいのかなと思っています。

まあ、確定申告はします。どのみち配当以外にも収入が発生しているのでしないといけませんし。

国民年金はそもそも金融商品じゃなくて社会保障の一環ですから、あまり損得だけにスポットを当てると話がおかしくなると思います。

それにいつまでも課税所得ゼロ円で生きていくかはわかりませんよ。アーリーリタイア後の人生は長いんだから、投資以外で儲けて納税、納付する機会もあるかもしれませんし、払えるうちは払っておきますよ。



スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント