カテゴリ:資産運用

  • 2018/03/25資産運用

    東証空売り比率が初の50%超え、過去最高を更新 https://t.co/7ImcfzIZac— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年3月24日[東京 23日 ロイター] - 東京証券取引所によると、23日の東証空売り比率は50.3%となった。3月2日の48.8%を上回り、市場筋によると過去最高を更新した。50%を上回ったのは初めて。株安を見越した短期筋が空売りに動いたことが反映されたとみられている。東証が発表...

    記事を読む

  • 2018/03/19資産運用

    ゆうちょ銀行には民営化後も貯金の上限が設けられていて、2016年4月から変更があり現在その金額は1300万円です。 2016年4月1日(金)から、ゆうちょ銀行にお預け入れいただける貯金の預入限度額がお1人さま1,000万円から1,300万円に変更となりますので、お知らせします。2016年03月25日 ゆうちょ銀行にお預け入れいただける貯金の預入限度額が変わります(ゆうちょ銀行)ゆうちょ銀行側としては上限を撤廃したいわけですが、民間...

    記事を読む

  • 2018/03/09資産運用

    https://t.co/Umeaa3X9gv証券、国内株式のオンライン取引の提供を開始 https://t.co/Vjsps4zpPQ— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年3月7日株式会社DMM.com証券は、2018年4月4日(水) 午前9時より、国内株式のオンライン取引【DMM 株】の提供を開始する。また、取引開始に先立ち、事前口座開設の受付を2018年3月5日(月)の午前8時より開始する。【DMM 株】は、株式会社ODKソリューションズの証券総合システム...

    記事を読む

東証空売り比率50%超えのニュースの意味



[東京 23日 ロイター] - 東京証券取引所によると、23日の東証空売り比率は50.3%となった。3月2日の48.8%を上回り、市場筋によると過去最高を更新した。50%を上回ったのは初めて。株安を見越した短期筋が空売りに動いたことが反映されたとみられている。


東証が発表する「空売り比率」が初めて50%を超えたというニュースです。

このニュースが意味するものは何でしょうか?

「空売り比率」が高水準だから、近く空売りの買戻しが入り相場は反発する、という解説も見かけることがあります。

しかしこれは正確な表現ではないし、もし空売り比率の意味を誤解した人の発言なら全く正しくない可能性もあります。


より正確に言うと東証が発表しているのは「空売り集計」の数字です。

立会市場で成立した株式・ETF・REIT・新株予約権証券の売買取引における空売りの売買代金を集計して掲載しています。

空売り集計(JPX)のページ


東証の発表する空売り集計は、実注文の売りと、空売り(価格規制あり)と空売り(価格規制なし)の比率が分かるようになっています。

おおざっぱに言えば、(価格規制あり)の空売りは相場の下落によって利益を得ようとする機関投資家、(価格規制なし)は個人投資家の空売り(個人投資家の空売りは規制がゆるい)だとイメージすればいいでしょう。

(※本当は指数先物との裁定取引などの価格規制なし空売りもありますが個人投資家にはあまり関係ないので割愛します)

実注文の売りと空売りの売買代金の合計のうち、空売りの占める割合をあらわしたのが空売り比率です。


東証の発表する空売り比率とは、本当にただその日の売りの売買代金に占める空売りの比率を表したものに過ぎません。

信用取引は回転売買が可能なので、一日に何度でも空売りと買戻しを繰り返す事ができます。

つまり東証空売り比率50%超えのニュースの意味とは、この日は空売りの取引が非常に多く成立したんだな、というだけであり、このニュース単体で今後の信用取引の需給を占う事はできません。

空売り比率が50%を超えたから空売りが多く、近く空売りの買戻しが入って相場が反発するとはただちには言いきれないわけです。

そういう需給の読み方をするなら、当日の空売り比率だけでなく、前後の空売り比率も観察してその変化を見る必要があります。

空売り比率がピークをつけてから、下がっていくようだと売りの勢いが減っているので反発が近いかもしれませんし、空売り比率がずっと高水準を維持していれば、売りの勢いが続いているので下げが続く可能性が高いかもしれません。

ロイターの記事にも空売り比率は40%を超えると高水準、と解説がありますが、今年に限って言えば2月あたりから40%超えが普通になっています。

空売りの勢いが強く回転売買がさかんになれば空売り比率は上がっていくわけで、50%は驚く数字ですが、空売り比率の数字はその変化を観察していかなければならないわけです。

空売りが多いから買戻しの買いが入るといった需給の読み方は、「空売り比率」単体ではなく、基本ですが累積ベースの信用売り残高を見るべきです。

短期的な空売りの勢いがさかんになり日計り(デイトレード)で完結する空売りが多くなると、「空売り比率」は上がっても信用残の数字にはあらわれにくいのです。




松井証券の「ネットストック投資指標」は信用残高や信用評価損益率を確認するのに便利です。松井証券の当日分のデータが当日夕方には集計され確認できます。ただし当日分のデータを確認できるのは口座開設者だけなので、あらかじめ口座を開いておきましょう。





関連記事:株価の底はいつなのか?松井証券の信用評価損益率で需給面と心理面から考える

関連記事:松井証券の信用評価損益率は相場の天井を予想するのにかなり有効


・補足

「空売り比率 定義」などで検索すると、証券会社の用語集などがヒットします。そこにはこのような説明があります。

空売り比率(からうりひりつ)

分類:取引(売買)
投資家が株式の信用取引において、空売り(信用売り)したまま買い戻していない残高を出来高で割った比率。空売り比率が高いと空売りの買戻し期待が高まり、株価上昇の要因となる。

空売り比率(%)=(売残株数÷出来高)×100

証券用語集(野村證券)



しかしこれは空売り比率の説明であっても、東証空売り比率の説明ではありません。東証空売り比率は「空売り(信用売り)したまま買い戻していない残高を出来高で割った比率」ではないからです。これだと信用取引の回転売買を考慮していない説明になってしまいます。どうもこのあたりが空売り比率の見方に誤解が生じている原因のようです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

ゆうちょ銀行の貯金の上限って知ってますか?1300万円ですけど、実は……

ゆうちょ銀行には民営化後も貯金の上限が設けられていて、2016年4月から変更があり現在その金額は1300万円です。
 

2016年4月1日(金)から、ゆうちょ銀行にお預け入れいただける貯金の預入限度額がお1人さま1,000万円から1,300万円に変更となりますので、お知らせします。

2016年03月25日 ゆうちょ銀行にお預け入れいただける貯金の預入限度額が変わります(ゆうちょ銀行)


ゆうちょ銀行側としては上限を撤廃したいわけですが、民間銀行からの反発が大きく難しいようです。まあ、まだ完全に民営化された訳では無いので自由競争の相手としてはアンフェアでしょうね。

外部リンク:ゆうちょ銀の限度額撤廃に銀行業界反発 議論長期化の恐れも

ゆうちょ銀の預入限度額は2016年4月、1000万円から1300万円に引き上げられた。長門氏が今回、上限撤廃を要望したのは、顧客の利便性向上と、ゆうちょ銀側の事務負担軽減が狙いだ。民営化委は全銀協などから意見を聞いた後、場合によってはその他の関係団体にも意見を求めるという


上限撤廃の要望理由として、「顧客の利便性向上」は分かるんですけど、「ゆうちょ銀側の事務負担軽減」って何ですかね?

貯金額が1300万円を超えた時に発生する事務負担……貯金額が1300万円を超えた時に何が起こるのか?

こんなニュースもあります。

政府の郵政民営化委員会は24日、総務省と金融庁、国土交通省から、日本郵政グループ各社の経営環境や同業他社との競合状況についてヒアリングを行った。総務省は、政府が2016年4月にゆうちょ銀行の預入限度額を1300万円に引き上げたことについて、「利用者の利便性向上や、郵便局の事務負担軽減の観点から効果があった」と指摘した。

総務省、ゆうちょ限度額上げ「効果あった」=民営化委ヒアリングで


1000万円から1300万円に限度額を引き上げて何か事務負担が減る事があったのでしょうか……

結論を言うと、ゆうちょ銀行では貯金額が上限1300万円を超えると、内容証明でお知らせが届くようです。

お知らせの内容は貯金額が上限を超えたことと、上限以下になるように貯金額を減らす事をすすめるものらしいですが、実は1300万円を超えたまま放置しても何も起こりません。

ただ、上限を超えた部分の貯金には利子が付かなくなるだけです。送金や決済の利用に特化した貯金(振替貯金)の口座で管理されるようになります。


という訳で、ゆうちょ銀行の上限が撤廃されなくても、1300万円以上の金額をゆうちょ銀行に貯金するのは可能なことは可能です。しかし利子の問題や無駄な事務負担が発生することから、やはりいずれは上限を撤廃するようにして欲しいですね。

しかしまあ私も結構ゆうちょ銀好きですし、全国のゆうちょ大好き人間が全財産をゆうちょ銀にブチ込むような事になると、確かに民間銀行は困るでしょうね。


スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

DMM.com証券が「DMM株」で国内株のオンライン取引に参入。手数料・信用金利が最安レベル。



株式会社DMM.com証券は、2018年4月4日(水) 午前9時より、国内株式のオンライン取引【DMM 株】の提供を開始する。また、取引開始に先立ち、事前口座開設の受付を2018年3月5日(月)の午前8時より開始する。

【DMM 株】は、株式会社ODKソリューションズの証券総合システム、株式会社トレードワークスの証券取引システムを使用してサービス提供する。



ODKソリューションズ(3839)は証券会社向けのシステムを提供している実績のある企業です。筆頭株主は学研ホールディングス(9470)です。

トレードワークス(3997)は上場したばかりですが、カブドットコム証券(8703)がメインの販売先のようです。大株主にカブドットコム証券(8703)の名前が見えます。ツールはカブコムと同じようなものになるのでしょうか。



「DMM 株」の現物取引と信用取引の株式取引手数料、信用金利を業界最大手で最安水準のSBI証券と比較してみましょう。

外部リンク:株式取引の手数料(DMM株)


DMM株現物手数料


まず現物株の取引手数料ですが、5万円以下で同額なのを除くと、全価格帯で「DMM 株」の方が安くなってます。

特に150万円超300万円以下の価格帯ではSBI証券が921円、「DMM 株」が600円と1.5倍以上の差になっています。

SBI証券、楽天証券、松井証券あたりの大手ネット証券は比較対象ではなく、弱小のディスカウント証券であるライブスター証券の水準に合わせてきてますね。


DMM株信用手数料


信用取引の手数料はどうでしょうか。

こちらは圧倒的に「DMM 株」が安くなってます。

もともとネット証券会社の収益源は信用取引の金利収入であり、信用取引手数料は取らなくてもやっていけるはずです。

現にSMBC日興証券は信用取引の取引手数料が完全無料です。まあ他のコストが高いのでネット専業証券とは比較できませんが……

例えばFX会社は取引手数料は無料が当たり前で、スプレッドで儲けるビジネスになっています。そのスプレッドも競争が激しく年々狭くなってます。

DMM.com証券が国内株のオンライン取引事業に参入したことで、いよいよこの部分の値下げ、無料化が進むかもしれません。


DMM.png


最後に、その信用取引の金利の比較ですが……

これは凄いです!

制度信用の買方金利 2.1%は破格 と言っていいでしょう。ライブスター証券より安い。

※大口のVIP金利は1.9%


まあSBI証券と「DMM株」を比較するのは、あまりフェアではないかもしれません。SBI証券が国内株以外にも外国株や投信など何でも扱う総合ネット証券なのに対し、「DMM株」は今の所そうではありません。比較対象はライブスター証券になるのかもしれません。

しかし国内株中心の私のような投資家には現状では第一の選択肢になりそうです。



スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます