無職のカテゴリ記事一覧

高配当株に投資して配当金のみで生活しているブログ。仕事を辞めてセミリタイア(早期リタイア)生活中です。

カテゴリ:無職

  • 2016/12/23無職

    今年最後の散髪をしました。フィリップス セルフヘアカッター 【180度回転ヘッド】 QC5560 メンズ グルーミングこいつを使用してセルフカットです。風呂場で散髪するのですが、さすがに12月にもなると寒いので電気ヒーターを脱衣所に持ち込んで作業します。髪型は無職のフォーマルたるボウズ一択なので、作業は30分もかかりません。月一で作業しているので最早慣れたものであります。今年も散髪代はゼロ円、そう言えば電話代もゼロ...

    記事を読む

  • 2016/12/16無職

    12月に入って寒くなってきたので、今年も寒い自室の防寒対策が必要になってきました。温暖な地方に住んでいるのでまだ暖房なしでも何とかいけますが、着るものはなんとかしないといけません。袢纏(はんてん)「はんてん」と「どてら」は違うのかと思ったら、「はんてん」は腰までの長さの上着で、「どてら」は腰より下まである長着の事らしいです。ただし、地方によっては一般的な「はんてん」の事を「どてら」と呼ぶ地域もあっ...

    記事を読む

  • 2016/11/10無職

    おカネを介してしか人間関係を構築できない人にとっては、職業は重要です。労働力をおカネに変換する雇用関係というのは、言い換えればおカネを介して人間関係を構築しているという事です。金銭(労働力)の貸し借りで成り立つ関係です。カネの切れ目が縁の切れ目、という言葉の通り、おカネさえあれば退職願いを叩きつけて仕事を辞めたい人は多いでしょう。しかしこういう人は仕事を辞めると途端に孤独になる可能性があります。金...

    記事を読む

今年最後の散髪、今年も散髪代はゼロ円

今年最後の散髪をしました。

フィリップス セルフヘアカッター 【180度回転ヘッド】 QC5560 メンズ グルーミング




こいつを使用してセルフカットです。

風呂場で散髪するのですが、さすがに12月にもなると寒いので電気ヒーターを脱衣所に持ち込んで作業します。

髪型は無職のフォーマルたるボウズ一択なので、作業は30分もかかりません。月一で作業しているので最早慣れたものであります。

今年も散髪代はゼロ円、そう言えば電話代もゼロ円ですが、Viber(バイバー)の国内通話無料トライアルが終了したので来年は有料ですね。




スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

綿入れはんてん(袢纏、半天)という室内防寒着の可能性と限界について

12月に入って寒くなってきたので、今年も寒い自室の防寒対策が必要になってきました。

温暖な地方に住んでいるのでまだ暖房なしでも何とかいけますが、着るものはなんとかしないといけません。

袢纏(はんてん)

「はんてん」と「どてら」は違うのかと思ったら、「はんてん」は腰までの長さの上着で、「どてら」は腰より下まである長着の事らしいです。ただし、地方によっては一般的な「はんてん」の事を「どてら」と呼ぶ地域もあったりして、ややこしい話です。

丹前(たんぜん、どてらとも言う)

室内防寒着として使用される綿入れはんてんですが、これの長所は表地と裏地の間に綿が入っている構造上、断熱性能が非常に高い事です。

短所は、やはり構造上ぼったりとした形状で生地が厚く綿が重いため窮屈な着心地がする事です。湿度が高いと水分を吸って重くなることも。

まさに長所と短所は表裏一体です。

江戸時代からの由緒あるローテク製品なので、あか抜けないのは仕方ないかもしれませんね。現代の技術でもうちょっと軽くオシャレにするのは可能なようですが、限界はあります。

34歳無職さん 4<34歳無職さん> (コミックフラッパー)



まさに無職の冬の制服とも言える?綿入れはんてんですが、これがずっと着てると結構肩が凝って疲れるんですよ。「34歳無職さん」でもそのような描写があったと記憶しています。

しかし今年の私には秘策的なアイディアがあります。ローテクな綿入れはんてんを卒業して、ハイテクで機能的な防寒着を導入したいのです。

つまり室内でウインタースポーツ用のハイテクウェアを着るという案です。断熱性能が高く暖房の入った家でそんな事をすると暑くてたまらないでしょうが、断熱性能がクソな賃貸住宅ではいけるかもしれません。今でも冬用のジャージを着ているのですが、もっと防寒性能に振ったウェアにしたらそれで過ごせるのでは無いかと。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

無職になると何故孤独に悩みがちなのか?

おカネを介してしか人間関係を構築できない人にとっては、職業は重要です。

労働力をおカネに変換する雇用関係というのは、言い換えればおカネを介して人間関係を構築しているという事です。金銭(労働力)の貸し借りで成り立つ関係です。

カネの切れ目が縁の切れ目、という言葉の通り、おカネさえあれば退職願いを叩きつけて仕事を辞めたい人は多いでしょう。

しかしこういう人は仕事を辞めると途端に孤独になる可能性があります。

金銭(労働力)の貸し借りで成り立っていた人間関係は、仕事を辞める事で綺麗さっぱり精算されて無くなります。

仕事上の人間関係は義務教育の学校や趣味のサークルのそれと違ってしょせんおカネを介した付き合いです。そこの所をちゃんと認識してる人なら、仕事を辞めて無職になっても孤独に悩む事は無いでしょう。

本当の人間関係の構築に本来職業は関係無いのです。肩書きと利害関係を外して付き合う価値のある人は少ないでしょうし、定年退職するまでそれに気付かないちょっと間の抜けた人もいます。

本当の人間関係は金銭(労働)の貸し借りでない形、金銭を介しない形で構築する必要があり、言い換えれば金銭以外のものを貸し借りしていなければ無職になった途端何も無くなります。

こうした人がまた人間関係を復活したいと思えば、再就職するしかないでしょう。この調子だと一生働き続ける必要が出て来ます。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます