カテゴリ:ブログ運営

  • 2017/02/07ブログ運営

    このブログは配当金生活や早期リタイア(セミリタイア)論を話題の軸に運営しています。ブログの収益化はオマケ的な要素に過ぎないのですが、最近収益化が順調に行き過ぎて、セミリタイアブログの運営やその収益化についても触れたくなってきました。しかしこれを第3の軸にしてしまうと、明らかにブログの方向性がズレてしまうと思います。配当金生活や早期リタイア論にブログの存在そのものは直接関係無いんですよね。配当金生活...

    記事を読む

  • 2016/02/26ブログ運営

    ブログ村注目記事の謎が解けたこの人の記事を読んで思ったことと、日ごろからブログ村の注目記事について考えていたことです。ブログ村注目記事システムについて、村長の説明をまとめると、・INポイントとも OUTポイントとも PVアクセスとも関係ない。・選定に人力は入ってない。・ネット上(ブログ村の内外)でのブログの読者の無意識行動が関係している。・注目記事の順位変動は激しい。・記事ランキングの基準や条件は公表しな...

    記事を読む

セミリタイア的ブログ収益化論

このブログは配当金生活や早期リタイア(セミリタイア)論を話題の軸に運営しています。

ブログの収益化はオマケ的な要素に過ぎないのですが、最近収益化が順調に行き過ぎて、セミリタイアブログの運営やその収益化についても触れたくなってきました。

しかしこれを第3の軸にしてしまうと、明らかにブログの方向性がズレてしまうと思います。配当金生活や早期リタイア論にブログの存在そのものは直接関係無いんですよね。

配当金生活や早期リタイアに興味があっても、ブログ論や収益化に興味が無いという人は多いはずです。要は絶対数が少ないし、客層が違う。

それにこのブログにはGoogleアドセンスを導入しているので、規約上色々と制限があります。

規約に触れるような事は書けないので、慎重を期す必要があるんですよね。アカウント停止を食らって復帰できなかったら終わりだから、むやみにデリケートな話に触れるのは爆発物処理みたいなものです。


gorugo1_convert_20170206113608.png
(ゴルゴ13 119巻 臆病者に死を)


だったらブログ収益化のハナシは切り離して、別ブログでやればいいんじゃないか?と考えまして、新規に別ブログを始める事にしました。そちらにはGoogleアドセンスを導入しないので、あんな事やこんな事も自由に書ける訳です。

別ブログはブログ論やブログ収益化のハナシがメインになりますが、そのブログ自身の収益化は考えていません。セミリタイア(早期リタイア)者のブログ運営の参考になれば良いな、というもくろみです。

あまり固く考えないでブログ運営の裏話など、書きたい事を書く。

また本ブログ運営の作業日誌としても使う予定です。

別ブログ:セミリタイア的ブログ収益化計画(仮)


全然ハナシは変わりますが、ゴルゴ13の119巻は「白龍昇り立つ」「間違われた男」「臆病者に死を」の3話が収録されています。


gorugo2_convert_20170206113621.png
(ゴルゴ13 119巻 白龍昇り立つ)


「白龍昇り立つ」に登場する中国山岳部隊の燐隊長は「ゴルゴ13」屈指の名キャラクターです。同時収録の「間違われた男」「臆病者に死を」も面白いので、119巻はシリーズ中で最も当たりの巻のひとつです。

ゴルゴ13(119) (ビッグコミックス)




スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

ブログ村注目記事の謎とブログ村について思っている事

ブログ村注目記事の謎が解けた

この人の記事を読んで思ったことと、日ごろからブログ村の注目記事について考えていたことです。

ブログ村注目記事システムについて、

村長の説明をまとめると、

・INポイントとも OUTポイントとも PVアクセスとも関係ない。
・選定に人力は入ってない。
・ネット上(ブログ村の内外)でのブログの読者の無意識行動が関係している。
・注目記事の順位変動は激しい。
・記事ランキングの基準や条件は公表しない。

以上を材料にして、さらに私のブログが注目記事に入ったときの動きを加味して推理しました。これでも推理小説マニアなので、推理は得意中の得意です。



ブログ村は注目記事のランキングについて、基準を公表していないので考察は全て推測になります。それを念頭においても、説得力のある推理です。というのも日頃から同じような事を体感で感じているからです。詳しくは元の記事をお読みください。


ブログ村の注目記事ランキングは、Nポイントとも OUTポイントとも PVアクセスとも関係ない…また選定に人力が入っていないということは、つまりブログ記事の内容の濃さやオリジナリティなど数値化しにくいものは一切考慮されないという事です。

記事タイトルや記事本文中のキーワードの”旬”が考慮されているとすれば納得が行きます。また統計データや体感的な経験で注目記事ランキングの上位に表示されやすい記事を作るテクニックのような物を会得したり意識している人もいます。

注目記事ランキングの上位に表示されるとてっとり早く最低限のアクセスが集まるので、始めて間もないブログの集客には有効だと思います。

ただ集客効果があるのは注目記事ランキングの上位に表示されている間だけ、それも所属するカテゴリの村民人口によって大きく左右されますから、過疎カテゴリではあまり意味がありません。あまり村民人口の多くないカテゴリで、注目記事ランキングを狙ってキーワードだけに注目して中身の無い記事を量産するのは割に合わないと言えます。

ある程度の規模になったブログがブログランキングの登録を外すケースがあるのは、上位表示されるメリットが薄くなるからでしょう。

2大ブログランキングサイトとして、「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」がありますが、私は業者のサイトが上位表示されにくいという点で「にほんブログ村」の方をひいきにしてます。

ただそれでもブログの質がランキングに反映されにくいという点で、いっその事INポイントは廃止してしまった方がいいような気がします。その場合はINポイント以外でブログ村にアクセスを集めるシステムが必要になりますが…。

注目記事ランキングがPV数と関係なく選定されるのはランキング下位の良質なブログを掘り起こすという意味で面白いシステムだと思いますが、もうひと工夫しないとキーワード対策だけした内容のない記事が上位にきてしまう弊害が出ています。

という意見をアンケートに書いて出せばよかったかな、と今更思いました。

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意



スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます