関連コンテンツ

「配当金生活 」カテゴリ記事一覧


日経レバ(1570)と日経ダブルインバ(1357)の分配金(配当金)について

ブルベア型ETFの配当(分配金)?

  1. ・分配金(配当金)はない

    タイトルについて「ん?」と思った人は正解で、

    日経レバ(1570)と日経ダブルインバ(1357)に分配金(配当金)はありません。

    日経レバレッジ指数ETF(1570) 分配金の履歴
    日経ダブルインバース指数ETF (1357)分配金の履歴

    野村のHPで分配金の履歴を見てもられば分かると思いますが、0円ですね。

    分かってる人には当たり前の事なのですが、たまに質問があるので記事にしてみました。

    ETF投資入門 (日経文庫)



  2. ・なぜ分配金(配当金)が無いのか

    日経レバ(1570)と日経ダブルインバ(1357)のETFは先物を使っている(先物はあらかじめ期先の配当落ち分を引いた値で取引されている)ので、配当は関係ないのです。

    だから日経レバ(1570)を買っても配当(分配金)を貰える事はありませんし、空売りしても配当(分配金)を払わされる事はありません。

    日経ダブルインバ(1357)も同じです。

    以前には日経レバ(1570)の人気が過熱しすぎて、新規設定を一時停止した事があります。
    あれは1570に異常に買い需要が集中して株価指数先物の売買量が増大、先物市場に及ぼす影響を無視できなくなったからです。

    いかに1570の人気があるかが分かります。



    ETF(上場投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017 (日経ムック)


  3. ・なぜ先物を使うのか

    ブルベア型のETFの運用のしくみについてはシンプレクスのETFのページが分かりすいと思うので引用させていただきます。

    先物を使って運用しています

    レバレッジETF(ブル型)やインバースETF(べア型)は、先物を使って運用を行っています。先物取引は証拠金取引であり、各ETFの純資産額以上の額の先物を買い建てたり売り建てることができます。

     ・レバレッジETF(ブル型)は純資産額の2倍の先物買いポジションを建てる
     ・インバースETF(ベア型)は純資産相当額の先物売りポジションを建てる
     ・ダブルインバースETF(ベア2倍型)は純資産額の2倍の先物売りポジションを建てる

    レバレッジETFであれば、現物株を純資産額の2倍分買えばいいのではという考え方もあると思いますが、規制によりETFは借入をして株を買うことができないため、これは実行できません。

    レバレッジETF(ブル型)とインバースETF(べア型)の運用について(シンプレクスのETF)



    規制によりETFは借入ができない。
    だからブルベア型ETFは先物を使う→先物には配当はない→だからブルベア型ETFに配当(分配金)はない、という事です。
    わかりやすいですね。

    もちろん日経225連動型ETFやTOPIX連動型ETFは普通に分配金をもらえます。
    こちらは現物を使うので指数と連動させるためには配当分の分配金を出す必要があります。
    ここはよく理解して混同しないようにして下さい。

    ETF(上場投資信託)なら、簡単安心なのにやっぱり儲かる! (アスカビジネス)


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

配当金で生活するには5000万円から1億円の大金が必要?

配当金で生活するには大金が必要?

  1. ・配当金で生活するには5000万円から1億円必要な根拠

    配当金で生活とか株で食う、といったキーワードでググると、やはり皆さん一番気になっているのはいくらあればよいのか、という具体的な金額なんですよね。

    純粋に株式投資(日本株)、配当金だけで生活するには、最低5000万円から1億円超は必要です。

    根拠は過去に何度か記事にしています。

    過去記事:配当金生活にはやっぱり最低5000万円は必要です(断言)
    過去記事:配当金生活にはいくら必要か?

    ここでは金額と、特に配当利回りが重要です。

    個別企業の分析や個別のリスクの洗い出しも当然必要な作業です。


    夢の配当生活のすすめ―毎月10万円貯まる安心のんびり投資法



  2. ・5000万円以下での配当金生活の可能性

    ただし5000万円から1億円超といった金額は多くの人にとって現実的でないのも分かります。

    そこで諦めてしまう人が多い。

    もう少し現実的に柔軟に考えてみると、案外配当金で生活するというのはそれほどハードルは高くないことが分かるのではないかと思います。

  3. ・セミリタイアという選択肢

    具体的には株式投資による完全リタイアでなく、他の収入を組み合わせるセミリタイアという事です。

    そもそもなぜ配当金で生活とか株で食うとか夢のような事を考えるかというと、生活の安定感が欲しいからではないでしょうか?

    あくせく働き続けなくてもとりあえずは生活の不安なく暮らしていける、その結果自分の好きな事、本当にやりたい事ができるという、いわゆる経済的な自由が欲しいのだと思います。

    分かります。

    私もずっとそう思ってます。



    wsimojyawasimojyaminna.png






    グラップラー刃牙 21 (少年チャンピオン・コミックス)



  4. ・不自由のない生活という不自由を捨てる

    本当に最低限の生活が成り立つ金額を、株式投資による配当金から賄う程度なら5000万円から1億円も要りません。

    税引き後の配当利回り4%程度が確保できるなら、3000万円で年間120万円になります。
    ここまで金額を下げればサラリーマンでも頑張れば可能な金額です。
    月あたり10万円の収入です。

    その程度なら生活保護のほうがマシ、とかバカな事は言わないで下さいよ。
    生活保護では財産も持てないし、そのままでは先の展望がありません。
    少しずつでも現状はよくなるはずだ、という希望が無いと人間は生きづらいです。

    これだけでは生活保護以下の金額ですから、よほどエクストリームな節約生活をしない限り他に収入が必要になります。
    しかし、ここまで来たらかなり精神的な余裕は出来ているはずです。
    焦らず騒がず、じっくり株式投資以外の、他の収入の道も考えれば良いでしょう。
    これはサラリーマンをしながらでもできるはずです。

    サラリーマンが仕事を辞められないのは、サラリーマン業以外の収入の道の想像がつかないからです。
    株式投資を検討するのは良い考えですが、それだけではまだ想像力が不足しています。

    要するにアタマを使う事、固定観念を捨てて柔軟に考える事で非常識な大金が無くても配当金を中心に生活はできるようになるはずです。
    純粋な配当金生活でなくても、これも配当金で生活していると言えます。
    競技をしている訳ではないのだから、実質が大事です。


    思うに配当金で生活するには、金額よりもこの考え方をできるようになるかどうかの方がハードルが高いと思います。

    サラリーマンを続けなければならない、年金を受け取るまで賃金労働に従事しなければいけない、などの一見もっともな、しかし何の根拠も無い考え方を捨てるほうが難易度が高いでしょう。

    株式・Jリートで賢く稼ぐ! 配当パワー投資入門




スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

国内高配当株ETFの1478について(1577と1698との比較)

国内高配当株ETFの1577と1698に次ぐ第三のETFとして、2015年10月にiシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)が上場しています。

過去記事:国内高配当株ETFの1577と1698について

1577と1698も相当マニアックな存在ですが、1478も知る人ぞ知るという感じで知名度が無いですね。高配当ETFマニアしか知らないんじゃないでしょうか?

1478も上場から1年が経過して分配金実績が上がってきたので、3者を比較してみます。


kouhaietf.png
公式HP:iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(ブラックロック)
公式HP:NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信 (1577)
公式HP:上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)



こうして見ると3者3様で結構個性があるんじゃないでしょうか。

一番気になる信託報酬はETFなので基本的にどこも安いのですが、ブラックロックの安さがやはり目立ちます。

ただし、この表にない要素として流動性、売買のしやすさの問題があります。
マニアックなETFは極端に売買高が少ない日があって流動性に難があるんですよね。

3月10日の各ETFの売買代金を見てみると、


iS高配当(1478)は、118万8900円
野村高配70(1577)は、2277万8000円
日興高配当(1698)は、 363万6000円



ファーwww

118万円って!

1698も酷いですけど、1478はまとまった金額ではまともに売買できないですね。

つまり信託報酬の安さでは、ブラックロック、日興、野村の順番で優秀ですが、
売買のしやすさでは、野村、日興、ブラックロックの順番で優秀です。

1478のようなマニアックなETFは嫌いではないのですが……
この現実を見るとやはり国内高配当株ETFの真打は上場したばかりではありますが、日経高配当株50ETF(1489)に期待したいです。

1489も売買高は少ないのですが、まだ上場したばかりですし日経新聞が算出する指数を使えるのと、野村のETFなので今後はある程度の流動性は期待できないかなあと思っています。


ETF(上場投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017 (日経ムック)





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ