カテゴリ:時事・相場関連

AmazonのAIコンビニ「Amazon Go」が開店。100人並んでも待ち10分



【シアトル=佐藤浩実】米アマゾン・ドット・コムは22日、米シアトルでレジのないコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」を一般向けに開業した。画像認識技術などを駆使した最先端のコンビニをいち早く体験しようと、昼どきには周辺のオフィスで働く人らでにぎわった。ただレジで滞らないため、100人並んでも待ち時間は10~15分ほど。訪れた人たちからは「忙しい人に最適」「クールだ」といった声が上がった。


「Amazon Go」はそもそもレジが無いので会計の待ち時間が存在しません。レジの行列でイライラする人の起こすトラブルや店員の疲弊を避ける事ができます。



で、やはりAIに仕事を奪われる、とする人々からの反発はあるようです。

アメリカでレジ係として働く人たちは多い。アメリカ労働省によると、2016年には全米で350万人のレジ係が働いているという。アマゾンが導入した仕組みが各地に拡大すれば、こうした人たちの雇用を奪いかねないからだ。


無人コンビニとは言いますが、裏で調理するなどの仕事をする人はいますし、商品の陳列や店舗の清掃をする人は従来と同じに必要です。コンビニの従業員は接客の他にも色んな作業を兼ねてやっているので、接客の負担が減るだけで、仕事を奪われるわけではないと思います。

コスト削減の効果は直接的な人件費よりも、レジ打ちの教育に費やされていたコストを無くせるということ、あとこれがとても大きいと思いますが、万引き対策のコストを無くせるという事です。万引きで潰れる小売店もあるくらい、万引き対策は小売店の裏のコストになっています。

コスト削減とレジ渋滞解消によりお客は低価格でストレスなく買い物ができるようになり、バイトは仕事がラクになり、経営側にとってもメリットがあるという事で死角が無いように思えます。

しかし膨大な数のカメラと継続的なメンテが必要でしょうし、このままだとAmazonの限られた店舗以外では実現できないシステムにも思えます。将来の技術の進歩で何とかなる問題なのでしょうか。

入店するには最低限スマホとアプリのインストール(入店するときQRコードを読み取る)、それとAmazonアカウントが必要になるので、入店時点で客の選別が済んでいる事になります。

日本でこのサービスが普及するには、誰もが上記の条件を満たしているのが前提になり、現状では大都市以外では難しそうです。そもそも今だにクレジットカード嫌いな人が多いですからね。

日本でのコンビニ無人化の取り組みはどうなっているかというと、

外部リンク:「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定しました~サプライチェーンに内在する社会課題の解決に向けて~(経済産業省)

経済産業省は、2025年までに、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズの全ての取扱商品(推計1000億個/年)に電子タグを利用することについて、一定の条件の下で各社と合意することができました。これを踏まえ、各社と共同で「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定しました。


まず2025年までにというのが遅すぎるし、Amazonに比べると現時点でも古臭い方式に感じられます。8年後はどう感じるでしょうか?

消費者全員が使えて誰からも文句が無いサービスを目指すとこうなる、という事なのでしょうが、もたもたしている間にAmazonに席巻されないか心配は心配です。

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書)
by カエレバ

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

月間2億PVの怪物サービスを6時間で開発して1か月で売却したのはセミリタイアしたあの人だった



現在26歳のせせり氏は19歳の時から7年かけて、1人で30個のWebサービスを開発し売却も経験。これまでの経緯を記したブログ記事はかなり拡散されたため、実際に読んだ人もいるかもしれない。

この記事をきっかけにせせり氏のもとには、「流行るサービスの作り方」に関する質問が増えた。そこで参考になるサービスを実際に作って説明しようと、開発したものがPeingだ。


何か聞き覚えのがあると思ったら、一発当ててセミリタイアしたあの人ですね。

関連記事:一発当ててもう働く必要が無くなったので振り返ってみるというブログがまさにセミリタイア

ひとりで僅か6時間で開発して一か月で月間2億PV(ページビュー)に爆発的急成長して、超スピードで売却に至ったという、凄い話ですね。

そういえば最近Twitterをしていると、よくこの質問箱を見かけました。こんな事になっていたんですね。

当たれば大きい一発当てたバッターというより、イチローのような天才バッターなんだと思います。

もう最近はネットのスピードにリアルの大企業は全然付いていけなくなっています。1周も2週も遅れていることが多い。


この人、サービスを売却した会社にアドバイザーとして参画するらしいので、悠悠自適のリタイアじゃなくてセミリタイアという事で良いと思います。まだ20代ですが……

スポンサーリンク



スポンサーリンク





広島高裁、愛媛伊方原発の運転停止命じる 。理由は阿蘇山の火砕流!?その時電力株は。



愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、広島高等裁判所は「阿蘇山が噴火した場合の火砕流が原発に到達する可能性が小さいとは言えない」と指摘し、運転の停止を命じる仮処分の決定をしました。


そろそろ電力株に投資するかな、という記事をこの間書いたばかりなので、

過去記事:電力株は配当金生活に向くか?

このニュースには関心がありました。原発の運転停止は穏やかではありません。四国電力(9507)によると一か月原発が停止すると35億円の損失が出るという事です。

このニュースを受けて四国電力(9507)の株が大幅下落、電力株も全体的に下落し、特に連想が働く九州電力(9508)と関西電力(9503)も大きく下げました。

13日の決定で広島高裁の野々上友之裁判長は「四国電力が行った原発周辺の地質調査や火砕流のシミュレーションからは、熊本県の阿蘇山が噴火した場合の火砕流が原発に到達する可能性が小さいと言えず、原発の立地は不適切だ。さらに、四国電力が想定した噴石や火山灰の量は少なすぎる」と指摘しました。


「熊本県の阿蘇山が噴火した場合の火砕流が原発に到達する可能性が小さいと言えず」という箇所が特にインパクトが強く、阿蘇山の大噴火という事態を想定するとそもそも九州の原発は全てアウトだし、全国的な被害が出るので、結局全国の原発がなし崩しに停止になるんじゃないのか?という連想が働いたようです。

それで九州電力(9508)と関西電力(9503)が大きく下がったんですね。

それにしても阿蘇山が大噴火して火砕流が海を越えて愛媛県に到達するケースが過去の地球であったのでしょうか?

外部リンク:第5回  カルデラ噴火! 生き延びるすべはあるか?(NHKそなえる防災)

これによると、過去9万年前に阿蘇4噴火と呼ばれる最大の噴火が起こっていて、火砕流が海を越えて最大で山口県まで達したとあります。ただ愛媛県には達してないようです。

kasairyuu_convert_20171213192013.png

このレベルの破滅的な大災害だと、火砕流の到達範囲とか小さな問題に思えるので、愛媛の原発より先に熊本県や大分県に住んでいる人の心配をした方がいいと思います……

またこの参考記事を執筆した東大名誉教授(火山噴火予知連絡会会長)の藤井敏嗣氏によると、

もし万一、南九州で阿蘇4のような超巨大なカルデラ噴火が発生すれば、日本中が壊滅状態になることは確かです。


との事で、大噴火を想定して裁判に勝てるなら理論上は日本中の全ての原発の停止を命じる事ができるという事になってしまいます。

いくらなんでもそんな馬鹿な、と思うのですが、現実に高等裁判所でこのような前例ができた以上、今までのように訴訟リスクには目をつぶる事はできても、裁判官の判断で決まってしまう裁判官リスクは無視する事が出来なくなってしまいました。

とりあえず四国電力(9507)は広島高裁に異議と執行停止を申し立て、それでだめなら最高裁での争いですね。

結論としては電力株は従来通り、リスクを織り込んだ十分安い株価なら買える、高ければ買えないという話になります。ただその安さのレベルが大きく下がったのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク





Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます