セミリタイア(早期リタイア)関連のカテゴリ記事一覧

高配当株に投資して配当金のみで生活しているブログ。仕事を辞めてセミリタイア(早期リタイア)生活中です。

  • ホーム
  • »
  • セミリタイア(早期リタイア)関連

カテゴリ:セミリタイア(早期リタイア)関連

セミリタイア後の国民健康保険税の軽減について。白色申告と青色申告。

旅行中に国民健康保険税の納税通知書が届いていました。

2か月近く留守にしていたので、その間に第1期、第2期の納付期限が来てしまい、第1期については「督促状」が届いていました。

すぐにコンビニ払いしたので、「督促手数料」の50円の上乗せだけで済みましたが、さらに遅れると延滞金を取られる所でした。

まあそれは余談ですが、地味に痛いなあと思ったのが今年は保険税の軽減が無い事です。昨年のブログ収入等が多すぎたようです。


国民健康保険税の軽減は7割、5割、2割などがあり計算は自治体によって違いますが、共通するのは所得税や住民税と違って基本的に計算に影響する控除が基礎控除の33万円しかない事です。

よって最大の7割の控除を受けるには所得の合計額が33万円以下でないといけません。これはキビシイ。

自治体によって計算が違いますが5割や2割の軽減でも所得が増えてくると控除がこれだけではキビシイと思います。

セミリタイア3年目にしてついに国民健康保険税の軽減という措置を失ってしまいました。


だがしかし、これは昨年ブログ収入を雑所得として白色申告したからであり、今年からは青色申告する予定ですのでブログ収入については事業所得として65万円の青色申告特別控除が受けられます。

つまり基礎控除33万円+65万円で98万円まではブログ収入についてはイケます。実際は経費をいくらか計上するのでもっとイケるはず。

配当金生活のかなめである配当金については確定申告して配当控除を受けますが、これについては必要な措置を取れば今年からは社会保険料の計算には影響しない予定です。

重要関連記事:【超朗報】上場株式等の住民税の課税方法、実質見直しで所得税と住民税を別々に分けることができる!【配当生活に追風】


ソーシャルレンディングやビットコイン(やっていませんが)の収益などは雑所得になるのでこういう計算では不利ですね。

以上のもくろみにより、来年の国民健康保険税についてはいくらか減免を受けられるのではないかと思っています。数万円は違ってくるので馬鹿にはできません。


それに税金って、金額的には大した違いではないのかもしれませんが取られた時の精神的ダメージが大きいんですよね(笑)

このあたりは源泉徴収されるサラリーマンでは全然気にしていない人もいますが、セミリタイア後は骨身に沁みるようになってきます。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

人の悩みはおカネ・人間関係・健康問題の3つ。セミリタイアで解決を。

人の悩みは結局の所は、おカネ・人間関係・健康問題の3つに集約されるとよく言います。どこで誰が言っていたのか忘れましたが。

私個人の話だと、この3つに悩んで最終的には自然とセミリタイアに向かっていったというのが正直な所です。もともとセミリタイアを目標にしていた訳ではありません。


サラリーマンは宿命的に制約が多すぎて、この3つを自分でコントロール、までは行かないまでも、方向性を定めるのも難しいのです。

もちろん全てが上手く回って順風満帆なサラリーマン人生を謳歌している人も理論上は存在しているはずですが、それは相当運の良い人だと思います。ほとんど偶然というか奇跡的なまぐれに近いでしょう。

俺は上手くいってるよ、という人だって数年後には環境が激変しているかもしれません。そしてサラリーマンは環境の変化に弱いのです。


セミリタイアしてみれば、この3つの悩みの解決に自分で取り組むことができます。

自力によるおカネの稼ぎ方や殖やし方、上手い消費の仕方を身につけ、人との関係を考え直し、健康問題に至っては食事も運動も治療も自分で計画を考え実行する事ができます。

悩みのない人などいませんが、ほとんどの悩みは、自分の事なのに自分で決められないという裁量権の無さから発生しています。

セミリタイアしてしまえば悩みの発生源をもとから絶つ事ができます。

ただし、そこからは悩みの全ては自分のせい、という事になります。これが心地よいと感じるかどうかで、セミリタイア適性がはっきりするでしょう。

セミリタイアしてもいつまでたっても悩みが尽きない人というのは、もともと悩んでもしょうがない事を悩んでいるに過ぎません。そういう人はセミリタイアしない方がいい、ということになるでしょう。


セミリタイアした人の言う事は往々にしてシンプルで、仕事が嫌なら辞めればいいし、配偶者に耐えられなければ離婚すればいいし、旅行に生きたければ行けばいいし、買いたいものがあれば買えば良いのです。

そんなことは出来ない、というのは大抵の場合は根拠の無い思い込みです。

セミリタイアするのに大金が必要、または節約が必須というのも思い込みに過ぎません。


出来ることと出来ない事の見極めが明快でシンプルなのがセミリタイアした人の特徴だと思います。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

早期リタイア後にセミリタイアブログで生計を立てられるようになったか?



プロセミリタイアブロガーのKotaro さんがこういう記事を書いていたので、私も便乗して書きます。

家計簿で直近1年(2016年7月~2017年7月)の収支をチェックしてみた。

早期リタイア後ながら、収支が黒字だった。

会社を辞めたら貯金を取り崩して生きていくと思っていたが、真逆の黒字会計。

収入源はブログの収益+αだ。

「+α」は株の配当金と国債や銀行預金の利息だ。

比率でいえば「ブログの収益 : 配当・利息 = 8 : 2」だ。

記事のタイトルのとおり、「ブログの収益と配当・利息で生計を立てられるようになった」。

当ブログを開設して約3年10ヵ月後のことだった。


素晴らしいと思います。おそらくKotaroさんの生活費はかなり低いと推測していますが、ブログ収入メインで黒字収支は立派のひと事。


で、私はと言うと、ブログ開始から3年3か月の現在で、ブログ収入だけで生計を立てるとまでは行かないものの、年間の実績としては基礎生活費の中心部分を賄うぐらいにはなりました。ブログ収入は安定しないものですが、悪くても家賃ぐらいは出るようになりました。

もともと配当金生活だけでセミリタイア資金を賄うことを考えていたので、これは大いに心理的な助けになっています。
もちろん配当金生活と併せて黒字収支になっています。

「貯金を取り崩して生活してもいい」と覚悟しながらも、「貯金は取り崩したくない」という「心の声」との葛藤の結果、「黒字会計」になった。

人間、つねづね心の中で思っていることしかできないものだ、と実感した。



覚悟を決めて行動を起こせば、歩き続けている限りはそれなりの地点にたどりつくものだと思います。

関連記事:ブログ収入月10万円、40万PVを達成

関連記事:おすすめのセミリタイア(早期リタイア)ブログ10選まとめ(「現行ブログリタイア済」部門にKotaro さんのブログ)


管理人の裏ブログ:セミリタイア的ブログ収益化計画(仮)

現在ネタ切れぎみで更新が滞っています。コメントでお題を貰えれば何か書くかもしれません。


ブログ飯 個性を収入に変える生き方




スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
Copyright © ひとり配当金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます