関連コンテンツ

「早期リタイア(セミリタイア)関連 」カテゴリ記事一覧


富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」 実質「20歳で人生半分終了」 これは面白い

富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」 実質「20歳で人生半分終了」に戦慄

一般的に、年齢を重ねるに従って、子ども時代とは違って年々月日が経つのが速く感じられるといわれています。「一年があっという間だね」「子供のころの夏休みって、ホント長くて楽しかったよね」というように。

そこで紹介したいのが「ジャネーの法則」です。これは、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)というもの。

ジャネーの法則
Y=k/X (Y:心理的な時間 X:年齢)

19世紀のフランスの哲学者、ポール・ジャネが発案した法則です。ジャネーは心理学的な手法によって、主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を説明しました。

プレジデントオンライン プレジデント・マネーNEWSより


47歳の著者が人生を「積分」してみたら、なんと体感時間の8割を消化していたというもの。
面白い記事ですね。

寿命を80歳で計算しているので、残りの人生は33年、80分の33年で数字上はまだ4割を残しているのですが体感上は2割しか残っていないというのです。

まあ歳を取るにつれ1年があっという間というのは、誰しも体感するところですが20歳で体感人生の半分は終了しているのですね。


定年退職者が判を押したように皆旅行しているのは、おカネもヒマもあるのに人生を体感できず、新しい経験や刺激を旅行に求めるからです。

しかし体力も気力も落ちているので、面倒の無いパック旅行を選択してつまらなそうに名所旧跡を回っているのをよく見かけます。


おカネは若いうちに使った方がいいのか、老後の為に貯めこんだ方がいいのかという2択ではなく、人生の体感上の残り時間をにらんだ上で計画した方が良いと思います。

老後に備えるというより、資産形成や資産運用の計画は世間一般で言われているより20年は前倒しで計画した方が面白いおカネの使い方ができると思うんですよね。

つまり一般的な人が本腰を入れる資産形成期は、結婚や出産といったイベントを考えると30代なかばから50代なかばですが、体感人生の急激な減少カーブを考えるとこれでは遅すぎ、早期リタイア的には高校生ぐらいには基礎的な知識を身に着け30代なかばには資産形成・運用計画を完成させると理想的でしょう。

定年後に株を始めるなんて狂気の沙汰です。


あとは体感上の残り人生を考えながらおカネを使っていくとずいぶん楽しい人生になると思います。
一般に言われるより20年は早くおカネの使い方を考えていく。

グラフ上は70代、80代なんてほとんど体感時間も残っていないし、おカネを使って体感しなければいけないような事も残っていないでしょう。

夢物語のようですが、早期リタイア志向の人ならひとつの理想として理解できると思います。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

興味を分散すれば仕事を辞めても支障が無い

早期リタイア後の人生を楽しく過ごすために、何が必要かよく考えてみるのですが、やはりひとつの事に打ち込みすぎるのは害があると考えるようになっています。

例えば仕事人間ですが、仕事しか興味がない人がもし仕事を失ったらどうなるかは分かるでしょう。
仕事があって働くのは良い事だ、という考え方は別に良いのですが、仕事が全ての人はもろいです。

日本社会にはとくに職人信仰があって、ひとつの事を極めたり、職能を向上させる事に人生を捧げた人を尊敬する文化がまだ残っています。

それは尊重するとしても、やはり仕事と自分を同一視してはいけないと思います。
仕事をやめると、自分がいかに仕事以外何も個性が無い人間か思い知らされる事になります。


自分の事を説明するのに、職業を名乗る事を禁止してみるとよく分かります。

ここで何も語る事が無い人は、まだ早期リタイアするのはやめておいた方がいいと思います。
在職中に自分はどういう人間か、もう少し足元を掘ってみた方がいいでしょう。


そうそう際立った個性のある人などいないので、在職中から少しずつでも仕事以外に興味を分散し、人生の複線化をはかった方がいいでしょう。

仕事に人間関係、自信、生きがい、収益、自己同一性がひもづけされていると、仕事を辞めた瞬間に何もなくなります。

仕事を切らさないようにしている人は、気付いているのか気付いていないのか、仕事に全ての要素をひもづけしています。
この習慣が身についていると、仕事をする以外の選択肢が無いので、体が動かなくなるまで働き続ける事になります。

自分の専門分野、得意分野に集中するのは基本良い事ですが、他の事にも目を向けるようにした方が良いと思います。
興味が持てる分野が多い方が、頭がやわらかくなり、楽しく過ごせるようになります。

時間があり、ゆるく考えられるようになるのが早期リタイアの効用ですが、発想が貧困だと灰色の日々になってしまいます。

まとめると、仕事はあくまで独立した要素のひとつであって、あってもなくても支障の無いレベルまで興味の分散化が進むと、早期リタイアしても支障がなく楽しめるようになると思います。
仕事を辞めると何もする事がない、と考えるのが仕事人間で、何でもできるからさて何をしようかと考えるのが早期リタイア人ではないかと。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

おカネを稼ぐ気がなくなった時から不思議におカネが増え始めた

逆説的ですが人生にはこういう事が起こり得ます。


仕事を辞める為に、まとまったおカネが欲しい、おカネを稼ごうという心理は矛盾があります。

おカネが欲しいなら仕事を辞めるべきではないし、おカネが欲しくないならいつでも仕事は辞められます。


「いや、私は仕事を続けて得られるおカネと、人生の残り時間をはかりにかけて、ちょうど良いバランスが取れた時に辞めたいのだ」と思うかもしれませんが、そんな事を言っていると大抵の人が定年までうっかり勤め上げてしまいます。

せいぜい早期退職制度とか、会社が潰れそうとか、明らかに有利(不利)な条件が提示された時に、誰が見ても合理的な判断と認められる時に偶然辞める事ができるぐらいですね。つまり決断を要しない形の時のみ。

そもそもの早期リタイア心理が矛盾から出発しているので、バランスを取ろうとしてはダメで、むしろバランスを崩さなければなりません。


仕事を辞めたら収入が減るので、おカネが惜しくて辞められなくなる。
おカネに固執しているうちは決して仕事は辞められない。
本当に辞めたいなら、どこかでおカネへの執着や一見もっともな計算を捨て、自爆スイッチを押す決断をする必要があります。

参考記事:私の早期リタイア観は一種の「自爆」


そこでタイトルに戻りますが、私の場合、おカネを稼ぐ気が無くなった時から不思議とおカネが増え始めました。

おカネが欲しくてたまらなくて株式投資をやっていた事は、たしかに爆発的におカネが増える事もあったのですが、おカネに対する執着が強すぎるとおカネを失う事への恐怖感も増幅されるので、結果として出入りの激しいトレードになりなかなかおカネが増えません。

おカネが増えようと減ろうと知った事か、やるべき事をやるだけだ、というぐらいの開きなおりが出来てくると、分析が正確になりトレードの精度も上がってきます。
この開きなおりを忘れた時は、つまりおカネへの執着でアタマがいっぱいになった時は、大抵はそのあと大損が待っていました。


同じように損得など知ったことか、と仕事を辞めてからの方がかえっておカネの使い方と稼ぎ方が見えてきた気がします。

案外、仕事を辞めた方がおカネに苦労しなくなるかもしれませんよ。


もう迷わなくなる最良の選択: 人生を後悔しない決断思考の磨き方




ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる! (一般書)







スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ