カテゴリ:個別銘柄

  • 2015/10/25個別銘柄

    株の素人の行動にはいくつかのパターンがあります。面白いことに知識を増やし経験を積んだある程度のベテランになってもど素人丸出しの行動を取っている人もいます。これがつまり習い性となっている悪い癖、株の素人の習性です。パターンにハマらないためにも、この株の素人の習性のいくつかの典型的なパターンは知っておいた方がいいでしょう。1 買ってから考えるこれは一概に悪いとは言えません。人間の心理から言って、自分の...

    記事を読む

  • 2015/10/16個別銘柄

    歴史的に見れば株式は数十年以上の長いスパンで均せば年間7~8%ぐらいのパフォーマンスに落ち着くようですが、30代から40代くらいの早期リタイアを念頭において考えるとあまり現実的な数字ではありませんね。最近は学生の頃から投資を始めるような人もいますが、だいたいの人が余裕資金で投資を始めるようになるのが早くても20代後半から30代前半くらいです。そうすると早期リタイアまでの投資期間が10年から長くても20年ぐらい...

    記事を読む

  • 2015/09/13個別銘柄

    資産10倍を狙って達成するには、最低限しなければならない事があります。それは、10倍になる可能性があるポートフォリオを組むことです。あほか、と思わないで下さい。私は大真面目です。心当たりのある人もいるはずです。大儲けを望んでいるのに…なぜか昔作った定期預金が放置されていたり。個人向け国債とか買ってみたり。十分に分散された先進国株式ファンドを買っていたり。買い集めた個別株の中に武田薬品工業(4502)とかNTT...

    記事を読む

株の素人の習性

株の素人の行動にはいくつかのパターンがあります。

面白いことに知識を増やし経験を積んだある程度のベテランになってもど素人丸出しの行動を取っている人もいます。これがつまり習い性となっている悪い癖、株の素人の習性です。

パターンにハマらないためにも、この株の素人の習性のいくつかの典型的なパターンは知っておいた方がいいでしょう。


1 買ってから考える

これは一概に悪いとは言えません。人間の心理から言って、自分の利害が絡んでこなければ何事も本気でやる気にはならないものです。初心者はとりあえず口座を開いてなんでもいいから株を買ってから勉強を始めた方がはかどるはずです。

ただいつまでたってもこの悪いクセが抜けない人もいます。

株を買ってからその銘柄の資料を読んだりして研究した気になったりします。大抵は良い材料ばかり目が追うようになりますし、取るに足らない悪材料にも動揺したりします。だいたい買ってしまったら後できる事は売ることだけです。いつどのような時に売るかは買う前に考えておくべきです。

しかし、この後追い作業はなかなか楽しいものです。毎日ニュースになるような銘柄を買えば毎日の日常がエンターテイメントになります。この楽しさが投資の目的になっている人もいて、収益性がいつのまにか二の次になってます。

だから株ブログなどで毎日持ち株の値動きやニュースなどに言及する人は素人と見ていいでしょう。そんな事も知らないで買ったの?とか読んでる方がびっくりしたりします。趣味だから勝ったり負けたりですが、このパターンにハマってしまったら安定した収益は望めません。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

東証上場株式数は3500弱。このうち年に数倍になるような株はほんのわずか。株は値上がりしてナンボかな。

歴史的に見れば株式は数十年以上の長いスパンで均せば年間7~8%ぐらいのパフォーマンスに落ち着くようですが、30代から40代くらいの早期リタイアを念頭において考えるとあまり現実的な数字ではありませんね。

最近は学生の頃から投資を始めるような人もいますが、だいたいの人が余裕資金で投資を始めるようになるのが早くても20代後半から30代前半くらいです。そうすると早期リタイアまでの投資期間が10年から長くても20年ぐらいしかない。

アカン、この短い期間で年平均7~8%ぐらいのパフォーマンスに収束する気が全然しません。

まあ、それは置いといて…

10年に1回あるかないかぐらいの日経平均が年に2倍になるような大相場を除くと、年に数倍になるような大化け株はほんのわずかです。せいぜい全体のうち10から20銘柄ぐらいでしょうか。

こういう大化け株をある程度の集中投資で人生の中で一回でも仕留めることができれば、夢の早期リタイアが見えてきます。

しかし、3500銘柄あるうちのほんの限られた銘柄…それこそ夢というか、絶望的な確率に思えてきます。

ただ人によっては物の考え方が違っていて、逆に考えます。数千ある銘柄のうち検討に値する銘柄はほんの数十銘柄しかないと考えるのです。そう考えると仕留められるかも、と思えて来ませんか?

株式会社の中のエリートである東証上場の株式会社の中から、さらにエリートの数十銘柄だけを選別対象にすれば良いのです。ここで言うエリートとは優良銘柄の事ではなくて、数倍以上になる可能性のある銘柄のことです。

こう考えると、世の中の会社のほとんどがカスに見えてきます。他の誰でもない、自分自身を金持ちにしてくれる会社はこの世にせいぜい数社しか存在していないようなものです。

今の私は昔カスと思ってた会社群に分散投資して配当を貰って生きているようなものです。ずいぶんとキバの抜けた状態だと思います。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

資産10倍を狙って達成するポートフォリオの組み方

資産10倍を狙って達成するには、最低限しなければならない事があります。

それは、10倍になる可能性があるポートフォリオを組むことです。

あほか、と思わないで下さい。私は大真面目です。

心当たりのある人もいるはずです。
大儲けを望んでいるのに…

なぜか昔作った定期預金が放置されていたり。
個人向け国債とか買ってみたり。
十分に分散された先進国株式ファンドを買っていたり。
買い集めた個別株の中に武田薬品工業(4502)とかNTTドコモ(9437)とかキヤノン(7751)とかが混じっていたり。

定期預金や国債や先進国株式ファンドや東証一部の超大型株が10倍になるか?日経平均が2万円から20万円になるか?ならないでしょう。常識で考えればわかる。

というわけで、本気で資産10倍増を狙う人は本気で10倍になる可能性があるポートフォリオを考えなければならないのです。

でも優待株とか買ってみたいし~とか好きな企業を応援したいし~とかぬるい事を言う人は味噌汁で顔を洗って出直す必要があります。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます