カテゴリ:債券

  • 2015/11/22債券

    まだ11月下旬なので今年の総括をするのは少し早いのですが、もう年内に積極的に動く気が無くなってきたので最近考えている事など。今年の個人的な投資成績はここ数年並みに好調でした。現在は現金比率が高まりつつあり、また8月のような急落が無い限りそのままでしょう。その現金、及び現在の含み益を現金化した時の次の投資先ですが、新興国債券が主力になるのではないかと考えています。具体的な銘柄名で言うとiS新興国債券ET...

    記事を読む

  • 2015/09/28債券

    ※追記:ブラックロックのIシェアーズシリーズ1361,1362,1589,1590については2018年1月22日(予定)が上場廃止日となりました。iシェアーズ 新興国債券ETF-JDR(自国通貨建)ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)月次レポート構成国:中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ信託報酬:0.18%決算:年2回純資産総額:多め分配金利回り:普通備考:カブドットコムのフリーETF(手数料無...

    記事を読む

  • 2014/08/23債券

    このクラスの資産は債券型の上場インデックスファンドを買っています。具体的には、ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)上場インデックスファンド新興国債券(1566)上場インデックスファンド海外債券毎月分配(1677)の3つです。というか、東証にはこの3つしか上場していません。このうちメインは1677…といいたい所ですが、利回りが低いのでサブ的な配分で、実際は利回り5%前後の1566が主力になっています。価格が下落す...

    記事を読む

今後の主力はiS新興国債券ETF(1362)になるかも

まだ11月下旬なので今年の総括をするのは少し早いのですが、もう年内に積極的に動く気が無くなってきたので最近考えている事など。

今年の個人的な投資成績はここ数年並みに好調でした。現在は現金比率が高まりつつあり、また8月のような急落が無い限りそのままでしょう。

その現金、及び現在の含み益を現金化した時の次の投資先ですが、新興国債券が主力になるのではないかと考えています。具体的な銘柄名で言うとiS新興国債券ETF(1362)です。

最近の経済ニュースで伝え聞く所によると新興国は元気がありません。特にブラジルとロシアは最悪です。中国は新興国の中でも別格なので別に考えるとして、元気なのはインドぐらいです。

短期的に見ると今年の10月ぐらいが新興国の悲観の極だったと思いますが、長期的に見るとまだ底を打ったかどうかはわかりません。しかし各種指標から見ると魅力的な水準になってきました。

今後は米国の利上げ次第で今以上に新興国からの資金逃避が進むかと考えると、むしろ逆張り的には買い下がりの好機に思えます。株式でもいいのですが、やはり配当金生活なので債券の方が向いています。どうせ新興国債券は値動きも大きいので(うまくやれば)ミドルリスクでミドルリターンを狙えます。

そのさい中国とインドを含まない1362が最も目的にあった投資先かと考えています。アイルランド籍で2重課税問題もありませんしね。

米国利上げの影響は織り込んだり織り込まなかったりで、今後も新興国の乱高下は続くと思うので、基本通り時期と資金は細かく分割して仕込んでいくことになるかと思います。

なお老婆心ながら、こういった逆張り投資法はやってる本人の相場観、資金力、精神力によって成否が決まります。特に短期か長期かの時間軸の違いは決定的です。そのため人の投資判断や推奨を参考にして同じ様に行動しても、時間軸が違えば決して成功することは無いであろうことを警告しておきます。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

そろそろ新興国債券ETFのおさらいをしておこう(1349、1362、1566)

※追記:ブラックロックのIシェアーズシリーズ1361,1362,1589,1590については2018年1月22日(予定)が上場廃止日となりました。
iシェアーズ 新興国債券ETF-JDR(自国通貨建)


ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)
月次レポート
構成国:中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ
信託報酬:0.18%
決算:年2回
純資産総額:多め
分配金利回り:普通
備考:カブドットコムのフリーETF(手数料無料)対象


iシェアーズ 新興国債券ETF(1362)
ブラックロックHP
構成国:ポーランド、タイ、メキシコ、マレーシア、南アフリカ、インドネシア、トルコ、ブラジル、コロンビア、ハンガリー、ロシア、ルーマニア、ペルー
信託報酬:0.5%
決算:年2回
純資産総額:多め
分配金利回り:高め
備考:アイルランド籍


上場インデックスファンド新興国債券(1566)
日興アセットマネジメントHP
構成国:メキシコ、ブラジル、チリ、コロンビア、ペルー、トルコ、チェコ、ハンガリー、ロシア、ポーランド、ルーマニア、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、タイ、韓国、イスラエル、南アフリカ、ナイジェリア
信託報酬:0.45%(信託財産留保額0.3%)
決算:年6回
純資産総額:かなり少なめ
分配金利回り:高め


あ、インドがありませんね、これ…

共通するのは新興国債券ETFはマイナー不人気で、出来高が少ない事、ベンチマークとのかい離が大きい事です。しかし東証上場ETFはこの3種しかないので選択の余地はありません。改善を願うばかり。

私は株式と同じ口座で株式と同じように売買できるメリットの方を重くみているので、投資信託では無く東証上場ETFを利用するようにしています。

1362のアイルランド籍というのは米国籍ETFにかかる30%の現地源泉税率を回避するための措置です。

この辺の2重課税問題はややこしくて外国株を敬遠する理由の一つだったのですが、最近は米国籍ETFについても急速に改善に向かっているようですのでこれからはJDRも積極的に取引しようかなと思っています。
分配金米国源泉税軽減税率適用サービスについて(SBI証券)

なおこのブログはインデックス投資を手とり足とり解説する所ではありませんので、間違った事が書いてあっても責任は取りません。実際の投資の際は自分で必ずソースを確認して下さいね。特に税金関係はややこしいので、自分で調べて理解を深めた方が後々のためですよホント…、このページも私の勉強メモのようなものです。

新興国債券ETFの取引手数料体系が最安なのはGMOクリック証券です。





スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

リタイアに向けた金融商品の選択(海外債券ファンド)

このクラスの資産は債券型の上場インデックスファンドを買っています。
具体的には、

ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)
上場インデックスファンド新興国債券(1566)
上場インデックスファンド海外債券毎月分配(1677)


の3つです。というか、東証にはこの3つしか上場していません。

このうちメインは1677…といいたい所ですが、利回りが低いのでサブ的な配分で、実際は利回り5%前後の1566が主力になっています。価格が下落することがあれば、1677を買い増していきたいと思っています。
1349は信託報酬が凄く安いのが長所ですが、肝心の利回りが1677と変わらない程低く、あまり割にあいません。
こういうマニアックな銘柄は好きなんですが、少しづつ保有を減らしています。

これらの銘柄はETFですから日本株と同じように売買できます。海外ETF用のドル建て別口座を開く必要がないので、利便性は高いです。いずれはドル建ての資産も構築しなければいけないと思っていますが。

本当はこのクラスの保有を増やしたいのですが、利回り的にも商品設計的にも適当な物が見つからないのが現状です。

追記:その後、iS新興国債券ETF(BARC Local EM国債コア)(1362)が上場されました。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます