カテゴリ:自転車・旅行等

  • 2018/01/19自転車・旅行

    今年も自転車による四国遍路と北海道行きをやる予定です。ゴールデンウィークや夏休み、年末年始の休暇が長期休暇ではないとすると、まともな長期休暇制度のない日本において、月単位の旅行をしようと思えば自由業というかフリー的な生き方にならざるをえません。長期旅行はセミリタイアの醍醐味のひとつだと思うので、セミリタイアした以上は積極的にやっていきたいと思いますし、実際毎年何かしら実施しています。自転車旅のすす...

    記事を読む

  • 2017/11/02自転車・旅行

    2017年11月1日より1年間‼️オンエア決定‼️楽天自転車保険CM🚲https://t.co/lRrBoOv3ar @youtubeより— mil9 オフィシャル (@mil9cake) 2017年11月1日安い自転車保険を探していたら「楽天超かんたん保険」が目につきました。楽天超かんたん保険自転車プラン月額170円と安く個人賠償責任保険金額が1億円と十分、傷害死亡・後遺障害保険金100万円、傷害入院保険金日額1500円(通院はゼロ)はオマケに付いてる程度ですがこの値段な...

    記事を読む

  • 2017/11/01自転車・旅行

    名古屋・自転車保険義務化1カ月「どんな保険がある?」問い合わせ相次ぐ(THE PAGE) - Yahoo!ニュース https://t.co/5F9hF9G24W @YahooNewsTopics— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2017年10月31日条例で自転車保険加入を「義務」、もしくは「努力義務」とする自治体が増えているようです。2017年10月1日現在で、義務:兵庫県 大阪府 滋賀県 鹿児島県 名古屋市努力義務:東京都 千葉県 埼玉県 京都府 鳥取県 徳...

    記事を読む

今年の四国遍路と北海道一周の計画

今年も自転車による四国遍路と北海道行きをやる予定です。

ゴールデンウィークや夏休み、年末年始の休暇が長期休暇ではないとすると、まともな長期休暇制度のない日本において、月単位の旅行をしようと思えば自由業というかフリー的な生き方にならざるをえません。

長期旅行はセミリタイアの醍醐味のひとつだと思うので、セミリタイアした以上は積極的にやっていきたいと思いますし、実際毎年何かしら実施しています。



さてまず四国遍路ですが、昨年は四国を時計回りにまわる「順打ち」を達成したので、今年は逆時計回りにまわる「逆打ち」をやりたいと思います。

時期は気温が上がる4月から5月を予定しています。

昨年は順打ちで約4週間かかりました。今年はコースにマンホールカードの収集も組み入れるので、少し余裕をみて5,6週間ぐらいで計画します。

次に北海道。昨年は日本海側の小樽から北上して稚内まで行ってそこから北海道を縦断する形で南下、太平洋側の苫小牧まで到達してまた小樽に戻るという北海道半周コースをとりました。

これでリハーサルが済んだので、今年は満を持して自転車による北海道一周に挑戦します。

時期は一番暑い7~8月を予定しています。昨年の実績から2か月はかかると思われます。ゆっくり走ればもっとかかるかも。

6月は休養や自転車のメンテにあてるとしても、4月から9月までの半年間は自転車で潰れるわけで、セミリタイアしてからの最長の旅行になる予定です。

このために現在の冬の間は地道に体力トレーニングしたり、自転車の整備や装備の吟味にあてているところです。オフシーズンの冬はつまらない気もしますが、一方でこういう計画を建てて実施するのもそれはそれで楽しいものです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク





楽天超かんたん保険自転車プラン月額170円から。楽天スーパーポイントで払えるのがポイント。



安い自転車保険を探していたら「楽天超かんたん保険」が目につきました。

楽天超かんたん保険自転車プラン

月額170円と安く個人賠償責任保険金額が1億円と十分、傷害死亡・後遺障害保険金100万円、傷害入院保険金日額1500円(通院はゼロ)はオマケに付いてる程度ですがこの値段なら問題なし。傷害保険は要らない。保険会社による示談交渉サービスも付いています。

これが本人型で、保険の対象範囲が夫婦型だと月額220円、家族型だと300円とアップします。

良いと思ったのは、決済方法がクレジットカードと楽天ペイ(つまりクレカが無いと加入できない)なので、保険料の支払いに楽天スーパーポイントが利用できる事です。楽天ユーザーでポイントが余ってる人には良いでしょう。

月額170円は最安クラスなので、楽天ユーザーならこれで良いかな……


【番外編】

ここから番外編ですが、楽天超かんたん保険はクレカ必須でしかもJCBが使えない事に気が付きました。私のメインカードはJCBブランドなんです。

そこでJCBが使えて安い保険を探したら、楽天よりも安いのがありました。ただし、こちらはJCBカード限定です。

JCBトッピング保険 日常生活保障プラン

何と月額150円です。まあ150円でも170円でもここまで来ると大差はありません。日常生活保障プランという名前ですが、

自転車を使用中の事故による賠償責任は対象ですか?

対象です。(このプランと「自転車プラン」の個人賠償責任の補償は同じです。)



自転車プランと補償は同じ。個人賠償責任1億円です。加入者のみ死亡・後遺障害(交通事故)100万円、入院保険は無し示談交渉なし(示談交渉は有りの誤りでした。訂正します。)とよりシンプルになってます。ただ、楽天と違ってこの値段で家族も個人賠償責任保険は対象になってるのが凄い。

自転車プランと名前のついたトッピング保険は280円からでこちらは傷害保険が付いてますね。

JCBカード会員限定ですが、私はこちらでも良いかなと思います。

関連記事:自転車保険加入の義務化が始まっている

追記:NICOSカードにも同じ保険がありました。NICOSカードホルダーの方は検討を。

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ

自転車保険加入の義務化が始まっている



条例で自転車保険加入を「義務」、もしくは「努力義務」とする自治体が増えているようです。

2017年10月1日現在で、

義務:兵庫県 大阪府 滋賀県 鹿児島県 名古屋市
努力義務:東京都 千葉県 埼玉県 京都府 鳥取県 徳島県 愛媛県 福岡県 熊本県

来年度2018年4月1日には、京都府や埼玉県なども全域義務化に。
自治体単位なので調べ切れないのですが、金沢市なども義務化になるようです。

金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例を改正しました!(平成30年4月1日施行)

なので自転車を利用する場合は自分の住んでいる自治体の情報は確認した方が良さそうです。しかも、この加入義務は自治体の住人以外にも適用されるようです。

ただ、義務と言っても罰則はありません。

しかしそれでも「努力義務」と「義務」では自治体の力の入れようも違うでしょうから、保険の加入率は上がるでしょう。


自転車保険加入の義務化という事ですが、これは誤解を生みやすい表現です。

自転車保険は通常、「賠償責任保険」と「死亡保険・傷害保険」のセットで構成されていて、加入が義務化されるのは「賠償責任保険」の方です。

つまり、自動車保険や火災保険(賃貸に住んでいる人は必ず入っているはず)の特約、クレジットカードの付帯保険に「賠償責任保険」がついていれば新たに加入する必要はありません。

自転車を買ったときに貼ってある「TSマーク」には1年間の保険が付帯していますが、これはその自転車に乗る人に適用されます。つまり家族分など複数の自転車を所有していると毎年台数分の更新料がかかる事になります。これははっきり言って自転車業界の陰謀だと思います(笑)。まあ自転車の点検料込みなので、年に一回点検を受ける機会とも言えますが。

やはり普通に世帯全員に適用される賠償責任保険に加入した方がいいでしょう。

自転車保険加入が義務化と聞いて、慌てて自転車保険に加入するのではなく、まず上記の事はチェックした方がいいかも。AU損保などはすでに自転車保険で京都府と提携したようで、全国に広がれば大きな商機にもなるかもしれません。基本的には保険の義務化や将来の道交法の改正は良い事だとは思いますけどね。

関連記事:楽天超かんたん保険自転車プラン月額170円から。楽天スーパーポイントで払えるのがポイント。

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます