セミリタイア(早期リタイア)のカテゴリ記事一覧

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

  • ホーム
  • »
  • セミリタイア(早期リタイア)

カテゴリ:セミリタイア(早期リタイア)

セミリタイアのジレンマ。セミリタイアするする詐欺に陥らない為の方策

セミリタイアしたい、会社を辞めたい、などのセミリタイア志向がありブログなどで発信している人でも、ずるずると会社勤めを続けてしまういわゆるセミリタイア詐欺。

この状態に陥らない為にはどうすればいいのでしょうか。


ずるずると雇われのサラリーマンを続けてしまうのは、やはり何だかんだと言ってもサラリーマンの身分は悪くはないからでしょう。

サラリーマン生活に疑問を持たない人はサラリーマンのメリットを感じているはずです。デメリットも感じてはいますが、それよりもメリットの方が絶大。

ではセミリタイア志向の強いセミリタイア人はどう思っているかというと、皮肉な事にセミリタイアしたいがゆえに、逆にサラリーマンのメリットを強く感じているという傾向があると思います。

一般にセミリタイアにはある程度のまとまった資金が必要だと思われています。実際には違うかもしれませんが、サラリーマンの多くはそう考えているはず。

セミリタイアを考えるような人は金融リテラシーが高い傾向があり、セミリタイア資金を増やす為の資産運用には複利効果を考えます。

リスクを抑えて複利効果で資産を増やすには、継続的な資金の追加が重要です。初期資金と追加資金が少ないほど、複利効果による資産の上昇カーブは穏やかになります。さっさと仕事を辞めたいセミリタイア人にとってはこれは不都合です。

初期資金はともかく、資産の上昇カーブを上げるためには、追加資金はなるべく多く継続的に増やしながら投入したい所です。

そのためには、そう、なるべく仕事を頑張って昇給し少しでも長くサラリーマンを続ける事が重要です!
アレ……?


このセミリタイアするする詐欺の状態に陥らない為には、方策は2つあります。


ひとつは、ある程度の資産額まで、ある程度の年齢までにスピード到達する事です。ある程度の資産額とは、給料からの追加投資資金が全体のパフォーマンスに与える影響が小さくなる額です。

極端な例では、10億円の資産がある人ではサラリーマンの給料からの追加資金は殆ど誤差になってしまいます。この人は分かりやすくいつでもセミリタイアしてもいいと考えるでしょう。

それは極端としても、収入にもよりますが、5千万円を超えたあたりから給料からの追加資金の影響がどんどん小さくなってくるのを感じるはずです。

関連記事:「お金持ちの教科書」 純金融資産5000万円の魔力


もうひとつは、目標資産額を決めるのは良いとして、年齢制限を設ける事です。

例えば40歳になったら、資産の金額に関わらず必ず会社を辞めるとか。

もちろんその年齢に達する前に辞めてもいいし、重要なのはその年齢で否応なく会社を辞めるという事をリアルに想像して、方針を決めて行動していく事です。

人は誰でも死にますが、普段はその事を忘れて生活しています。寿命による死という区切りの現実が近づいて来てから、やむなく少しづつ真面目に考えるぐらいです。

セミリタイアするする詐欺に陥らないためには、自分で区切りを決めて先延ばしにしない覚悟と割り切りが必要でしょう。

もちろん、セミリタイアなんかしなくても全く問題はありません。問題の先送りと決断の引き伸ばしは人間なら誰でも多少はやってる事です。なんなら日本国は国家規模でやってます。それで平和なら別にそれでもいいのかもしれません。知らんけど。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

ホワイトカラーの仕事はどんどんキツくなりやがて無くなる。ならばセミリタイアだ!?



>人工知能とロボットの進化によって人間の仕事が機械に奪われている。これまでもそうだったのだが、これから先、「仕事消滅」の加速が予測されている。

機械に仕事を奪われる労働者、という図式は産業革命以来ずっと続いている傾向ですが、これから先はその動きが加速する、さらに今までは単純労働の労働者が失業するだけでしたが、今後はむしろ頭脳労働、総合職のホワイトカラーの方が失業しやすくなると思われます。

というか今までも正社員を減らして非正規社員に置き換える動きはずっと続いていて、そのため数が減り続ける正社員や公務員といった、非正規労働者からすると階級差別的に優遇されていると見られている労働者のひとりあたりの仕事量は増え続けています。

その分給料も上がれば良かったのですが、ご存知の通りここ20年デフレで正社員の給料は上がっていない。よって正社員や激務な職域の公務員はどんどん割に合わない身分になっています。



非正規社員に比べれば恵まれていると言われる正社員、公務員の立場をセミリタイアして捨てるのはもったいないと言われますが、いつの時代の話をしてるのかなと思いませんか?


歴史的に見ると機械によって仕事を奪われる単純労働者、という図式が最初にあったので、まず機械でもできる単純作業ではなく専門知識と技術を必要とする仕事につく、いわゆる手に職をつけるのが食いっぱぐれない方法としてありました。

しかし技術の進歩でどんな専門的な仕事もやがては機械に置き換わっていくので、それなら機械には出来ない頭を使う創造的な仕事につくのが次の生き残り戦略でした。

が、人工知能の進歩が大抵の人の予想より早く、さらに流れが加速されそうなのでそうも言ってられなくなりました。このままだと正社員の仕事の方が先に無くなりそう。



最終的に労働者のほぼ全員が頭ではなく筋肉を使う非正規労働者になるとすると、労働者として生き残るにはむしろ頭より筋肉を鍛えた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

セミリタイアしてホームレスになりました

北海道で2か月近くテント泊の自転車旅をしていて、これを延長していくと本物のホームレスになるのだろうな、という事はよく考えていました。

自転車に積めるだけの荷物で十分生活していける事は、今までの経験で分かっています。

自分に最適化された最小限の荷物で移動を繰り返すホームレスのスタイルは究極のミニマリズムであり、ある意味洗練されていると言えます。

本物のホームレスは不潔であったり、生活の為に公共の土地を占拠したり、ゴミを出したり集めたり、色々と問題があるのでもちろん正真正銘のホームレスになる気は無いのですが、そこをクリアできるのならミニマリストの精神を持ってホームレス的な生活をおくっても構わないのではないかと思っています。

正真正銘の住所不定だと証券口座を持てないし、青色申告も出来ない(当たり前だ)ので、一応の拠点を持つ事は必要ですが、そこは必要最低限の場所にして、あとはミニマリストの精神を持ったホームレスとして少しづつ生活を最適化してスッキリ暮らせないかなと。

思っているだけでなく、セミリタイア後の生活が自然とだんだんそうなってきています。

ノマドだの何だのは興味が無いので、金銭的な困難が無くて社会的にも迷惑をかけないホームレスになれればいいんじゃないかと考えたり。

ミニマリストの精神を持ったホームレス、は正真正銘のただのホームレスになりそうなので、ホームレスの精神を持ったミニマリストか。

何よりそこを目指す人が、他にあまり居無さそうなのが競争が無くてラクチンです。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます