ひとり配当金生活~株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

スポンサーリンク

記事一覧

  • 2018/06/21税金・確定申告

    株主総会の季節なので株主総会の話題です。株主総会で進むお土産廃止 招集通知に明記、昨年の1.4倍 - SankeiBiz(サンケイビズ) https://t.co/oqhb1UGHO1 @SankeiBiz_jpさんから— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年6月20日株主総会に出席する株主にお土産を持たせる、というのは日本の企業の慣習のようです。ただあまりにお土産目当てでやって来る株主が増え過ぎて負担になるため(ただでさえ株主総会...

    記事を読む

  • 2018/06/18投資本

    Amazonの電子書籍kindleの読み放題サービスである、Kindle Unlimited(アンリミテッド)でおすすめな投資本の紹介です。投資本って数千円はする高い本が多いので読み放題はお得だと思います。マーケットの魔術師posted with カエレバジャック·D シュワッガー,横山 直树 パンローリング株式会社 2012-03-09 Amazon楽天市場Yahooショッピング7net投資・投機界のレジェンドのインタビュー集。日本では馴染みが薄いトレーダーの話が...

    記事を読む

株主が株主総会に出席する交通費は経費になるか?

株主総会の季節なので株主総会の話題です。



株主総会に出席する株主にお土産を持たせる、というのは日本の企業の慣習のようです。

ただあまりにお土産目当てでやって来る株主が増え過ぎて負担になるため(ただでさえ株主総会の準備は大変)、お土産を廃止した上にわざわざ招集通知にその旨を明記する企業が増えているとのことです。

もともと慣習でお土産を出していたのだから、やめる企業が増えればそれが慣習になって、お土産を出さないのが普通になるのかもしれません。こういうのって日本の企業らしいです。

お土産を出すのをやめる大義名分としては、株主総会に出席できない地方や外国の株主との公平性を保つため、というのがあります。

公平性を保つために廃止する、という理屈は株主優待と同じです。株主優待も総会のお土産もささやかな気持ち、でとどめておけばよかったのに。あるいは最初からやらなければ良かったのに、と思いますが……


税金の話ですが、株主総会のお土産代は会計的には交際費や広告宣伝費で処理されるようです。

では株主総会に出席する株主の会場までの交通費は経費になるのでしょうか?

結論から言うと、配当所得の経費になるのは取得に要した負債の利子だけ(所得税法第24条第2項)なので、交通費は経費になりません。

株主総会で少額のクオカードなどを配っている企業もあったと思いますがこういうのが交通費がわりなんでしょうね。


もちろん配当所得ではなく、法人化して事業所得にしていれば株主総会に出席する交通費も経費になるはずです。

そういう人がいないか調べてみたら、やはりこの人がいました。

外部リンク:株主総会は経費で沖縄へ(高配当株で配当金生活)

まあ株主総会を名目に旅行をするために個人投資家が法人化するのはナンセンスですが、この人のようにもともと会社を持っている人ならアリですね。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ

Kindle Unlimited(アンリミテッド)で読み放題のおすすめな投資本

Amazonの電子書籍kindleの読み放題サービスである、Kindle Unlimited(アンリミテッド)でおすすめな投資本の紹介です。

投資本って数千円はする高い本が多いので読み放題はお得だと思います。







投資・投機界のレジェンドのインタビュー集。

日本では馴染みが薄いトレーダーの話が多いけどオニールやジムロジャーズのように日本で有名な人のインタビューもある。

Amazonのレビューだと誰のインタビューが載っているか全員は分からないので列記しておく。

マイケル・マーカス、ブルース・コフナー、リチャード・デニス、ポール・チューダー・ジョーンズ、ゲーリー・ビールフェルド、エド・スィコータ、ラリー・ハイト、マイケル・スタインハルト、ウィリアム・オニール、デビット・ライアン、マーティ・シュワルツ、ジム・ロジャーズ、マーク・ワインスタイン、ブライアン・ゲルバー、トム・ボールドウィン、トニー・サリバ、バン・K・タープ

読んですぐに役に立つような本ではないけど、この世界のレジェンド達のインタビュー集なので、読んでいるとテンションが上がって自分も大金持ちになれるような気になる(笑)

投資・投機で大金持ちを目指すような人はたいてい読んでいる本なので教養として読んでおくことをおすすめする。それほどテンションの高くない人は別に読まなくてもよい。





割安株投資で有名なテンプルトンの考えがだいたい一冊で分かる本。

「強気相場は悲観の中に生まれ~」の有名な格言もテンプルトンのものですね。

アメリカ人投資家はアメリカ一辺倒の人が多いがテンプルトンは日本などアメリカ以外の国に分散投資して成功している。

自分の頭で考えて投資するのが好きな人なら読んでおいて損はないです。

そういう人なら滅茶苦茶面白いはず。







これも有名な本。

まったくの初心者にはピンと来ない話ですが、少しでも経験のある人なら相場における心理面の比重の重さは言うまでもないでしょう。

ある程度経験のある人向け。

トレーダーを志すなら相場の知識や技術だけではまだ足りなくて、最後はメンタルの話になる。まあ相場だけじゃなくてスポーツでも何でも勝負事はそうかもしれませんが。


関連記事:Kindle Unlimited(アンリミテッド)で読み放題のおすすめな本



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます