ひとり配当金生活~株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

スポンサーリンク

記事一覧

セミリタイア後の長期の自転車旅でブログ更新の機材をどうするかという問題

関連記事:今年の四国遍路と北海道一周の計画

春先からの長期自転車旅の計画を練っています。

頭を悩ますのは、ブログの更新をどうするかという問題です。

1週間や2週間の旅なら、その間はお休みするとか記事を書き貯めて予約投稿で更新するという手もあります。

しかし今回は足かけ4か月はかかりそうな超長期の自転車旅の予定なので、書き溜めは不可能だしその間更新を停止したらこのブログは死んでしまいます。

なので自転車旅の途中も更新は続けたいです。


その場合問題になるのはブログ更新に使う機材ですね。選択肢としては、スマホ、タブレット、モバイルPCがあります。

用途としてはブログの更新とあと最低限の株取引ができれば良いので、スペック的にはどれでも良いはずです。

機材を選ぶ基準としては、自転車旅という事情を考えると、バッテリーの持ちが良い事、壊れにくい事、安価である事(最悪買い直せる)、なるべく小さくて軽い事、でしょうか。

手軽なのはスマホですけど、全てスマホで済ますのは難しいです。最近はブログ書きも株取引も何でもかんでもスマホで済ましてしまう剛の者もいるみたいですけど……

タブレットとキーボードの組み合わせはそこそこ安価でバッテリーの持ちが良いので、選択肢に入ってきます。ただ出来る事と価格、大きさや重量のバランスが中途半端な感じです。

モバイルPC。これはパナソニック(6752)のレッツノートやappleのMacbookのようなハイスペックで高価なものほど軽くてバッテリーの持ちが良いです。ただしもの凄く高価で、損傷や紛失の恐れもあるハードな旅に持っていくには気を使いそうです。それにそこまでの機能は必要無いんですよね。

こうして見るとどれも一長一短あるので、割り切りが必要になってきます。妥協する所は妥協して、優先する項目を決めないといけません。

そういった観点で選んだのが、こちらになります。

ASUS C201 11.6 Inch Chromebook (Rockchip, 4GB, 16GB eMMC, Navy Blue) [並行輸入品]
by カエレバ


結局、chromebookなんですよね。ブログ更新と株取引ぐらいならこれで十分だろうと。

主なスペックは、

OS:Chrome OS
重量: 980 g
駆動時間:約 13 時間
画面サイズ:11.6 インチ
ディスプレイ解像度:1366×768

となってて必要十分です。性能はそれなりですが、Chrome OSなので起動が速いのとバッテリーの持ちがWindowsやMacと比べ物にならない程良いです。

価格も3万円台と安価です。

不満なのは英語キーボードしか無いのと、充電端子が特殊な形状でモバイルバッテリーから充電できない事ですが、そこは目をつぶるという事で。

早速Amazonでポチったので、到着を楽しみに待っています。


Chromebook徹底活用ガイド
by カエレバ
関連記事

スポンサーリンク





【IPO手帳】IPO投資のスケジュール管理を簡単にする 無料Webサービス「IPO手帳」。エクセル管理から脱却

IPO手帳_convert_20180121061005


2017年10月から株式会社Finsightが、IPO投資の面倒なスケジュール管理を簡単にする無料Webサービス「IPO手帳」を提供しています。

私はIPO投資というほどのIPOに特化した投資の経験は無いのですが……

IPO(新規公開株)投資は、

1 需要申告期間中に証券会社に申し込み
2 抽選結果の確認
3 当選した場合は購入申込期間に購入申込み

という基本プロセスを踏む必要があります。

これだけならまだカンタンなのですが……


IPO抽選の当選確率を上げるためには、

1 抽選の機会を増やす(複数の口座、複数の証券会社で申し込む)
2 主幹事証券を狙う
3 抽選ルールを把握して効率良く申し込む

という必要があります。

基本プロセスに対し、IPO銘柄1件に対して複数の幹事証券が存在しているため、それを複数の証券会社の複数の口座(家族口座など)で実行する必要があります。そもそも主幹事証券がドコで副幹事証券がどれだけあるかも調べないといけない。さらに証券会社ごとに抽選のルールが違うのでその把握も必要。

IPOが集中する時期や季節もあり、上記プロセスを漏れなく確実に実行する為にはスケジュール管理が必須で、個人投資家の多くはエクセルで作ったお手製のスケジュール帳などを使って、IPO投資専門ブログなどを参考に涙ぐましい努力をしているようです。


め、面倒くせえ……

ということで、IPO投資には二の足を踏んでいたのですが、このサービス、「IPO手帳」の存在を知ってからはちょっとやってみようかと思ってます。

無料サービスなので無課金、登録する情報はメールアドレスと生年月(西暦年と月だけ)だけなので気軽に始められます。広告で利益を出すモデルのようです。

投資歴がそれなりにある人は複数の証券会社の口座を持っているのが普通なので、スケジュール管理をWebサービスに任せられるなら最小の労力でIPO投資を始められるでしょう。

対応証券:野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、東海東京証券、岡三証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券、岡三オンライン証券、エイチ・エス証券、岩井コスモ証券、東洋証券、丸三証券、いちよし証券

追記:2018年1月18日
・ライブスター証券
・むさし証券
・GMOクリック証券
 が追加されました。

追記:2018年1月22日

IPO手帳を使ってて便利だと思った機能。
・IPO案件のお知らせメールが来る

こんなメールが来ます。

Mマート(4380)のIPOが決定しました。

・上場市場:東M
・仮条件決定日:2018/02/02
・需要申告期間:2018/02/06 〜 2018/02/13
・公開価格決定日:2018/02/14
・購入申込期間:2018/02/15 〜 2018/02/20
・上場予定日:2018/02/23


この場合は主幹事はみずほ証券、幹事は大和証券、SMBC日興証券、岡三証券、マネックス証券、SBI証券なので、IPO手帳にログインして購入意向を「有り」に変更する。すると需要申告開始後や需要申告終了前にまたメールが届くという流れ。スルーする場合は購入意向を「なし」に変更する。証券会社のアラートメールで個別に対応するより便利かと。






というわけで、「IPO投資のスケジュール管理を簡単にする 無料Webサービス『IPO手帳』」の紹介でした。


スポンサーリンク





カテゴリ
タグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます