関連コンテンツ

おカネと健康と精神の優先順位は引退前と引退後で逆になる

早期リタイアにはおカネの多寡や運用計画、使い方が一番重要だと考えている人は多いでしょう。

早期リタイアに必要なおカネの額はたいてい多めに見積りがちなので、そのために多少は健康を犠牲にして働いたり、精神の安定を損なうような行動を取ったりするかもしれません。株式投資で言うと全力信用2階建てとか。

つまり優先順位の最上位はおカネになりがちです。


しかし早期リタイア後はあまりおカネが必要でない事に気が付くと、この優先順位はひっくりかえります。

おカネで健康は買えない、とは言いますが、RIZAPグループ(2928)の宣伝を見ていれば分かるように、おカネと時間(時はカネなり、とすると仕事せず運動する時間もおカネで買える)をつぎ込めばある程度は健康も買えます。

健康を損なってまでおカネを稼いだのに、また健康を回復する為におカネとヒマをつぎ込むのも矛盾していますね。
じゃあ最初からおカネは要らなかったのでは?


早期リタイアして一番優先度が高くなるのは精神、メンタル面の安定でしょう。
おカネは3番目に重要な感じです。


精神的安定度はおカネやヒマの多寡では決まらない(芸能人やスポーツ選手、大富豪が精神の安定を欠く例が目につきます)ので、引退前からよくよく考える必要があるのですが、引退前と後で優先順位がひっくり返る事があるので難しい所です。

早期リタイア計画に熱中するあまり、優先順位が変わった時の事を考えもしないのはどうなんでしょう。
考えられる人はもっと自分の足元を深く掘ってみた方がいいかもしれません。
どうせ早期リタイアしたら嫌でも考えなければならなくなります。


とはいえ、実際にどうなるのかは早期リタイアしてみないと分からないかもしれません。

だから、とりあえず早期リタイアしてから深く考えるというのもアリではないでしょうか。
引退前から思い悩んでもムダになるというわけです。おカネはなんとかなります。たぶん。


VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

【注意】2017年9月末までにマイナンバーの届け出をしないと年末にNISA口座は失効します。まだの人は忘れずに。【喚起】



一ヶ月ものあいだ四国遍路をしていたので遍路ボケのような状態になっていて、ブログ更新も感覚を取り戻す手探り状態です。

こういう時はお役立ち系というか注意喚起の記事を書けば有意義なのではないかと思って、NISA口座とマイナンバーのハナシです。



2017年9月末までにNISA口座を開設した金融機関にマイナンバーの届け出をしないと、年末にNISA口座が失効してしまいます。

その場合は再度のNISA口座開設手続きが必要になり、マイナンバーの届け出のほかに非課税適用確認書の交付申請書の提出が必要になります。

これは大変なので、NISA口座保有者で手続きがまだの人は9月末までに忘れないようにマイナンバーの届け出をしましょう。


記事によるとNISA口座保有者でマイナンバーの届け出をしている人はまだ半数以下という事なので、このままだと年末には大量の非課税措置失効者が発生する事になります。

NISA口座の稼働率は現時点で6割程度という事なので、気づかずにそのまま失効したままという人も増えそうです。
銀行で投信を買って放置という人も、気付かないうちに失効してそうです。
あと半年もありません。


一方で課税口座の方は2018年末がマイナンバー提出の期限なので、まだ1年半の猶予があります。
課税口座とNISA口座で期限がズレているのが、認識の落とし穴になっているんですね。

制度のツギハギや、財務省、金融庁、あと厚労省など省庁間で連携が取れない為にこういった落とし穴的なズレが生じる事が日本ではよくあるような気がします。

制度のわかりにくさは困ったものですが、注意喚起的に紹介します。


【完全ガイドシリーズ169】 NISA完全ガイド (100%ムックシリーズ)




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ