• ホーム
  • »
  • セミリタイア(早期リタイア)関連

カテゴリ:セミリタイア(早期リタイア)関連

セミリタイア後に無職を名乗るのが嫌でも投資家や不動産経営者を名乗るのは結構ハードルが高い

セミリタイア後に無職を名乗るのが嫌で、資産だけはあるものだから、投資家、不動産経営者を名乗っている人をたまに見かけます。

名乗ってる本人はカッコイイと思っているのかもしれませんが、客観的には聞いた人は多分うさんくさい人だなと思っているのが大半でしょう。私もそう思います。

職業としての投資家、不動産経営者を名乗るのは結構ハードルが高いです。いや自称するのは誰でも出来るんですけどね。


当たり前ですが株式投資や不動産経営を法人化してそこの役員に収まってしまえば無職ではありません。

しかし元々サラリーマンの人がいきなり法人化は相当ハードルが高いでしょう。

ならばまずは自営から、となりますがとなりますがこれだって投資家や不動産経営者を名乗るには結構ハードルが高いです。


自営業の話に入る前にまず無職の定義からです。

関連記事:the・無職。無職の定義とは?

総務省のサイトを見ると「職業分類において職業とは、個人が行う仕事で、報酬を伴うか又は報酬を目的とするもの」となっています。

また次の収入は「報酬」と認められません

利子、株式配当、家賃、間代、小作料、権利金等の財産収入(ただし、アパート経営、貸金等により労働の対価として得ている場合を除く。)

自己所有の株券等の売買差益による収入


つまり法人化していない専業株式投資家はそれだけだと全員無職です。

不動産経営者を名乗る場合も、家賃収入を「労働の対価として得ている場合」を除けば本当は無職になります。

「不労所得」を得ているだけなら自称はともかく実態としては無職でしょう。主観的に株式・不動産投資は労力を伴うので不労所得ではない、と言ってみてもむなしいだけです。


自営業者として株式投資家を名乗るのは無理ですが、不動産投資ならある程度の規模から事業として認められるので、こちらはアリです。

外部リンク:事業としての不動産貸付けとの区分(国税庁)

「5棟10室」以上の規模から不動産所得ではなく事業所得として認められる判定なので、こちらなら不動産経営者を名乗っても良いでしょう。

本気でバリバリ不動産経営してるのだからどこにも文句がありません。


ただ肩書きが欲しいから不動産を経営したり会社を設立する、というのは本末転倒だと思うので、もともとサラリーマン時代からそういう実績や志向があった人以外は現実的ではないと思います。


世の中には何の仕事をして収入を得ているのか分からない人が結構います。

怪しい株式投資家や不動産経営者の肩書きにそれほど執着する事もないでしょう。

サラリーマン時代に株や不動産以外の副業をしていた人は、それを形だけでも本業化して好きな職業名をつければいいと思います。なるべくうさんくさくない、耳に馴染みが良いのがいいですね。

それで収入を得て税金をちゃんと払っているなら、職業名など好きに名乗っておけば良いと思います。青色申告しているなら税務署にそれで届け出ているわけだし。

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

セミリタイアした人が旅行ばかりしてるのはなぜなのか

セミリタイアした人が旅行ばかりしてるのはなぜなのかって、そりゃヒマだからだろうと言われたらそれまでなんですが。

でも私見ですがセミリタイア志向の人はむしろヒマな時間を楽しむ人が多い気がします。

ヒマでやることが無いのは苦痛、というタイプの人がセミリタイアを志向することはあまりない気がするし、セミリタイアしたとしてもまた何か仕事を始める気がします。

そんなヒマな時間を愛するセミリタイア人が、ヒマつぶしのために旅行するというのは矛盾しています。

しかし実際はセミリタイアした人は結構な頻度で旅行している人が多い気がします。統計があるわけじゃないので気がするだけですけどね。


ではセミリタイア人がなぜ旅行するのかというと、これも私見ですが、生活にアクセントをつけるためだと思っています。

セミリタイアした後は時間の流れというか何というか、生活がのっぺりとしていてフラットなんですよね。

ヒマな時間は好きなので退屈というわけではないが、だんだんセミリタイア生活のありがたみや感動が薄れてくる。

仕事をせずに好きな事をして過ごせるなんてこれほど贅沢な話も無いのですが、それすら慣れてしまうのが人間です。

これは退屈と似てるけどちょっと違う状況だと思います。生活がフラット過ぎて初心を忘れるというのが近いですかね?

そこでフラットな日常にちょっとしたアクセントをつけるために旅に出ると。


旅行と言えば仕事好きな人は、ストレスを解消してまた仕事をするエネルギーを充填するために旅に出るそうです。すごいですね。

セミリタイア人はストレスが無いので、旅行でストレスを解消するという発想はありません。

これは私だけかもしれませんが、自転車野宿旅みたいなストレスのかかる旅をあえてする事もあります。

こうする事によって、帰宅した時にセミリタイア生活のありがたみが増してくるんですよ。

屋根と壁があって風雨をしのげて好きな時間に起きてみたいな何という事もない普通のセミリタイア生活の素晴らしさに感動します。

生活にアクセントをつけるというか、幸福度のハードルを下げる作業ですね。

ストレスフルな仕事を辞めた時の解放感を何度も味わうには、何度も再就職すれば良いのですが、それがやりたくない人はセミリタイア生活をずっと新鮮な気持ちで過ごすには工夫が要るという事です。

別に旅行でなくても良いけど、気分転換にはやはり旅行がポピュラーなのかなと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク





改めて考えるとセミリタイア人のまとまったブログ収入の偉大さは異常

例えば年間100万円の収入を配当金で得ようとすると、配当利回り5%としても2000万円の資金が必要です。

配当利回り5%の日本株は限られているので、平均して配当利回り2.5%になるとしたら4000万円。

だから年間100万円の収入になるブログを持てば、収入上は2000~4000万円の配当株を持っているのと同じ事になります。

年間100万円の収入になるブログを持つのと、2000~4000万円の配当株を持つのは、どちらが難易度が高いのかは分かりません。

金額的には配当株の方が大変ですが、逆に言えばお金さえあれば誰でも株は買えます。

一方で、ブログ収入は金額的にはささやかですが、収入が発生するようなブログは誰にでも書ける訳ではありません。


セミリタイアブログを読んでいると、このブログ収入プラス金融資産という組み合わせの人が多いです。

セミリタイアするくらいだから元から蓄財には熱心でしょうし、セミリタイアするぐらいだからなるべく人に使われるような労働もしたくないでしょう。

そうすると金融資産があるのは当然として、それにプラスして人に使われず、ブログを書くだけで発生する収入があるのは強いです。

金額的にはささやかでも、利回り的には数千万円の金融資産に匹敵するのです。

もちろんブログは継続的に書く手間があるので純粋な不労所得を生む資産とは言えませんが、サラリーマンの労働に比べたら労働と言えるほどのものでもないでしょう。

セミリタイア人の働きたくない熱意が生んでいる組み合わせと言えるでしょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク





Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます