月別アーカイブ:2018年06月

  • 2018/06/23自転車・旅行

    スノーピークの登山用軽量テーブル「オゼン ライト」を買いました、というだけの記事です。スノーピーク(snow peak) テーブル オゼン ライト [登山用]posted with カエレバ スノーピーク(snow peak) Amazon楽天市場Yahooショッピング7net開梱するとこんな感じ。布製専用ケースと本体2枚と足2本だけのシンプルな構成。組立式です。ヨコの長さがボールペン2本分のミニテーブルで重量は270gと軽量です。本体2枚を裏返して組み立...

    記事を読む

  • 2018/06/23自転車・旅行

    ユニフレーム社のネイチャーストーブ(商品名)を買いました、というだけの記事です。ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ 683033posted with カエレバ ユニフレーム(UNIFLAME) Amazon楽天市場Yahooショッピング7netネイチャーストーブとはガソリンやアルコールなどの燃料を使わずにその辺に落ちている小枝や松ぼっくりを燃やして火をおこせる焚火アイテムです。開梱するとこんな感じ。本体を納める布ケースの1辺がボ...

    記事を読む

  • 2018/06/21税金・確定申告

    株主総会の季節なので株主総会の話題です。株主総会で進むお土産廃止 招集通知に明記、昨年の1.4倍 - SankeiBiz(サンケイビズ) https://t.co/oqhb1UGHO1 @SankeiBiz_jpさんから— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年6月20日株主総会に出席する株主にお土産を持たせる、というのは日本の企業の慣習のようです。ただあまりにお土産目当てでやって来る株主が増え過ぎて負担になるため(ただでさえ株主総会...

    記事を読む

スノーピークの登山用軽量テーブル「オゼン ライト」を買いました

スノーピークの登山用軽量テーブル「オゼン ライト」を買いました、というだけの記事です。







ozen_convert_20180623125250.jpg



開梱するとこんな感じ。布製専用ケースと本体2枚と足2本だけのシンプルな構成。組立式です。


ヨコの長さがボールペン2本分のミニテーブルで重量は270gと軽量です。



ozen01_convert_20180623125305.jpg



本体2枚を裏返して組み立てます。

メイドインジャパンの刻印あり。

軽量化のための肉抜き加工がミニ四駆みたいでカッコいいですね。ミニ四駆世代じゃないって?そうですか。



ozen02_convert_20180623125318.jpg



完成。

組立が面倒かもしれないけどこれだけ軽量コンパクトなら仕方が無いですね。

自転車ツーリングの場合、必需品ではない、重くてかさ張るキャンプ用折り畳みテーブルなどは省略したいところですが、登山用のものを使えば軽く小さくする事はできます。財布の中身も軽くなりますが。



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

ユニフレームのネイチャーストーブを買いました

ユニフレーム社のネイチャーストーブ(商品名)を買いました、というだけの記事です。




ネイチャーストーブとはガソリンやアルコールなどの燃料を使わずにその辺に落ちている小枝や松ぼっくりを燃やして火をおこせる焚火アイテムです。



ネイチャーストーブ_convert_20180623113533



開梱するとこんな感じ。本体を納める布ケースの1辺がボールペンぐらいのサイズです。コンパクト。

重量は320gと軽量です。このぐらいならツーリングに持っていくのにも抵抗は無いですね。



ネイチャーストーブ01_convert_20180623113544



組み立てるとこう。底はメッシュで地面とのスキマ、高さはそれほどないので直火禁止のキャンプ場とかだと配慮が必要ですね。



ネイチャーストーブ02_convert_20180623113555



ゴトクが付属しているので、小さいクッカーを乗せてお湯を沸かしたり簡単な調理も出来そうです。まあススでクッカーが汚れるので普段は使わなそうですが。



ネイチャーストーブ03_convert_20180623113604



別売りの網を乗せると何か焼けそうですね……炭も用意するか?たき火の季節ではありませんが北海道で夜冷えるようなら使ってみようと思います。





関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

株主が株主総会に出席する交通費は経費になるか?

株主総会の季節なので株主総会の話題です。



株主総会に出席する株主にお土産を持たせる、というのは日本の企業の慣習のようです。

ただあまりにお土産目当てでやって来る株主が増え過ぎて負担になるため(ただでさえ株主総会の準備は大変)、お土産を廃止した上にわざわざ招集通知にその旨を明記する企業が増えているとのことです。

もともと慣習でお土産を出していたのだから、やめる企業が増えればそれが慣習になって、お土産を出さないのが普通になるのかもしれません。こういうのって日本の企業らしいです。

お土産を出すのをやめる大義名分としては、株主総会に出席できない地方や外国の株主との公平性を保つため、というのがあります。

公平性を保つために廃止する、という理屈は株主優待と同じです。株主優待も総会のお土産もささやかな気持ち、でとどめておけばよかったのに。あるいは最初からやらなければ良かったのに、と思いますが……


税金の話ですが、株主総会のお土産代は会計的には交際費や広告宣伝費で処理されるようです。

では株主総会に出席する株主の会場までの交通費は経費になるのでしょうか?

結論から言うと、配当所得の経費になるのは取得に要した負債の利子だけ(所得税法第24条第2項)なので、交通費は経費になりません。

株主総会で少額のクオカードなどを配っている企業もあったと思いますがこういうのが交通費がわりなんでしょうね。


もちろん配当所得ではなく、法人化して事業所得にしていれば株主総会に出席する交通費も経費になるはずです。

そういう人がいないか調べてみたら、やはりこの人がいました。

外部リンク:株主総会は経費で沖縄へ(高配当株で配当金生活)

まあ株主総会を名目に旅行をするために個人投資家が法人化するのはナンセンスですが、この人のようにもともと会社を持っている人ならアリですね。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます