ひとり配当金生活~株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

記事一覧

  • 2019/01/03税金・確定申告

    配当にかかる税金は源泉徴収のままか、確定申告する場合は総合課税か申告分離課税かを選択できます。配当控除を利用する場合は総合課税、損益通算する場合は申告分離課税を選択します。いずれにしてもよほど配当所得が多くない限り(課税所得金額が900万円以下)確定申告した方が得なので、配当金生活ではほぼ必ず確定申告する事になります。申告分離課税を選択して損益通算する場合は引き切れない配当所得が残らないように調整す...

    記事を読む

  • 2019/01/02税金・確定申告

    2019年になりました。ブログ開始から足かけ6年目、セミリタイアも足かけ6年目に入りました。2014年の末に退職したので、それ以後は毎年確定申告が必要になり、今年で5回目になります。セミリタイア後に何らかの収入が発生している人は確定申告が必要になる訳ですが、最初は白色申告したとしても後々青色申告に切り替えるかどうかは悩む所だと思います。会社員の副業の場合は開業届を出して事業所得に出来ない事情(副業禁止、失業...

    記事を読む

セミリタイアして住民税非課税世帯になる条件と優遇措置

配当にかかる税金は源泉徴収のままか、確定申告する場合は総合課税か申告分離課税かを選択できます。

配当控除を利用する場合は総合課税、損益通算する場合は申告分離課税を選択します。

いずれにしてもよほど配当所得が多くない限り(課税所得金額が900万円以下)確定申告した方が得なので、配当金生活ではほぼ必ず確定申告する事になります。

申告分離課税を選択して損益通算する場合は引き切れない配当所得が残らないように調整すれば住民税の判定には影響しませんし、配当控除を利用するために総合課税を選択する場合は住民税に関しては所得税とは別に源泉徴収のままとするので、これも住民税の判定には影響しません。

参考記事:【超朗報】上場株式等の配当の課税方法、実質見直しで所得税と住民税を別々に分けることができる!【配当生活に追風】

つまり配当金生活は住民税非課税世帯の判定にはむちゃくちゃ有利な立場にあります。


住民税非課税世帯になると色んな優遇措置があります。

住民税には均等割と所得割があり、どちらも非課税になるのが住民税非課税世帯の条件です。

所得割は各種控除が使えるので非課税にする事はそれほど難易度は高くありません。

問題は均等割の方で、非課税になる条件は収入から経費を差し引いた金額が35万円以下(扶養者なしの場合)になる事です。

※35万円より厳しい条件の自治体もあるようです。

判定に各種控除が影響しないので、いかに経費を多く計上できるかがキモになってきます。

なおサラリーマンの給与所得控除は控除という名前ですが経費扱いなので使えます。最低65万円なので給与からの年収が100万円以下なら住民税非課税になります。これは100万円の壁として有名でしょう。

均等割は年間5000円ぐらいなので金額的には大した事は無いのですが、住民税非課税世帯でなくなる事の方が影響が大きいでしょう。

住民税非課税世帯になると自治体によって様々な優遇措置が受けられるのですが、一番大きいのは国民健康保険料の減免と高額医療費の自己負担が少なくなる事です。

本来は住民税非課税世帯は生活が困窮している世帯と考えられます。

そのため様々な優遇措置があるのですが、配当金生活者ならもちろん生活は困窮していません……配当金生活している人は数も多くないし大勢に影響がない、国があまり想定していない生き方になっています。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ

セミリタイア後の確定申告あれこれ

2019年になりました。

ブログ開始から足かけ6年目、セミリタイアも足かけ6年目に入りました。

2014年の末に退職したので、それ以後は毎年確定申告が必要になり、今年で5回目になります。

セミリタイア後に何らかの収入が発生している人は確定申告が必要になる訳ですが、最初は白色申告したとしても後々青色申告に切り替えるかどうかは悩む所だと思います。

会社員の副業の場合は開業届を出して事業所得に出来ない事情(副業禁止、失業保険を受けられなくなる等)もあるでしょうから、雑所得として白色申告を余儀なくされる場合も多いと思います。

セミリタイアの場合は、青色申告できるならした方が良いです。

基礎知識としては、

所得税の基礎控除が38万円

住民税の基礎控除が33万円

あって社会保険料控除など各種控除もあるので、まだ収入が不安定で少ない人は当面は白色申告でも良いでしょうが、月に安定して数万円以上の収入が発生するようになれば65万円の控除がある青色申告を考えるべきです。

青色申告のデメリットは特に無いのですが、やはり記帳が面倒臭いというのがあって敬遠する人が多いようです。

ただ今は安価なクラウド会計ソフトがあるので、劇的に青色申告のハードルが下がったと思います。

私のように素人が手書きやエクセルで各種帳簿を用意して記帳するのは問題外ですし、PCにインストールするタイプの会計ソフトは数万円もします。

クラウド会計ソフトなら無料のプランでアカウントを作って、フル機能が使いたければ確定申告の時期だけでも有料プラン(月額数百円程度)に切り替えれば非常に安価に利用できます。


関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ

Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます