• ホーム
  • »
  • セミリタイア(早期リタイア)関連

カテゴリ:セミリタイア(早期リタイア)関連

年金を繰り下げして70歳になるまでに死亡したら1円も貰えないので損だという主張は正しいのか

まあ年金には保険の性格と福祉の性格があるので、株式や投資信託のように利益とか損失とか言う性質のものではないかもしれません。

それでも人は損とか得という言葉に敏感なので、繰り下げがお得だ、いや損だという話題には反応してしまうのでしょう。

何をもって損かというのも微妙ですが、まず年金支給を繰り下げ待機していて、70歳になるまでに死亡してしまったら1円も貰えないのではないか、何のために今まで年金保険料を払ってきたんだ、という疑問があると思います。

結論から言うと年金を繰り下げ待機していて70歳になるまでに死亡した場合でも、年金はちゃんと貰えます。

もちろん本人は死亡しているので貰えませんが、遺族が貰えます。

遺族というのも結構範囲が広くて、以下の通りです。

1.未支給年金を受け取れる遺族

年金を受けていた方が亡くなった当時、その方と生計を同じくしていた、
(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹 (7)その他(1)~(6)以外の3親等内の親族です。
未支給年金を受け取れる順位もこのとおりです。

日本年金機構




私も最近知ったのですが「未支給年金」というキーワードがミソで、年金を受け取る権利には時効があって、その期間は5年です。

参考外部リンク:年金の時効(日本年金機構)

65歳から70歳まで5年あるので、繰り下げ待機していて70歳になる直前で死亡してもその期間はまるまる遺族が請求できるので1円も損はしません。

本当にギリギリで死亡した場合は急いで請求しないと5年以上前の分は時効になってしまうかもしれないので、これは覚えておいた方がいいかもしれません。

あと気になるのは、現在70歳まで繰り下げ出来る制度も将来的にはもっと伸ばせそうなので、その場合は5年の時効も伸ばすように改正するのかな?という疑問です。まあ現状は考えても仕方がありませんが。



年金の繰り下げには例外規定がいっぱい(10項目も)あって、ややこしいのでそこには(詳しくもないので)触れられませんが、基本的に(ややこしい諸条件に触れなければ)繰り下げ受給して不利になることは何もないように思えます。やはりそこは国の制度なのでちゃんとしています。

繰り下げ待機していて途中で気が変わったり経済状況が変わって年金を貰うことにしても、未支給の年金はそのまま貰えるわけですからね。

参考外部リンク:老齢厚生年金の繰下げ受給(老齢厚生年金繰下げ請求にかかる注意点)(日本年金機構)


まあたとえ金額的に損ではなかろうが、自分が貰える金を貰わず使えないうちに死ぬ可能性があるのは嫌だ、という人は納得はしないかもしれませんし、だから実際に繰り下げ受給を選択する人は当分少数派でしょう。

65歳にもなって金銭的な事はある程度達観して悟れないのかなあ、と思いますがそんなものかもしれませんね。そう言う私もジジイになってもゼニカネ言ってる気がします。

スポンサーサイト

スポンサーリンク



スポンサーリンク





GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用が赤字だろうが黒字だろうが年金の本質的な問題はそこでは無いからそんなのどうでも良いでしょ?って話

外部参考記事:GPIF 去年10~12月の運用で過去最大の赤字 株価下落が要因(NHK)

2018年度の第3四半期の運用成績が14兆8039億円の赤字で収益率はマイナス9.06%、一方で運用開始以来の累積の収益額は56兆6745億円というニュースです。

GPIFの運用成績はプラスの時はひっそりと、マイナスの時は大々的にニュースになります。

GPIFの運用成績に関しては人によって評価のスタンスが全然分かれるのが面白いところです。

一般的に言って株式投資など資産運用をしている人はGPIFの運用に関して比較的好意的な人が多く、資産運用をしていない人または政権批判者などは否定的、といった所です。

政治的思想を別にすれば、資産運用を善とする人と悪とする人で見解が分かれるということですね。

ギャンブル好きとギャンブル嫌いがお互いを毛嫌いするような。

分かり合えないというか、わかり合う気もない見解の相違があるという事でしょう。マスコミ各社で報道がまちまち、受け取る視聴者の見解もまちまちです。


ただし、本来はそんなにケンカするような問題ではありません。仲良くしましょう。

なぜならGPIFが運用で損しようが儲けようが、我々が受け取る年金や払う年金保険料には大した影響は無いからです。

年金給付の財源(財政検証で前提としている概ね100 年間の平均)は、その年の保険料収入と国庫負担で9 割程度が賄われており、積立金から得られる財源(寄託金償還又は国庫納付)は1割程度です。

年金財政における積立金の役割(GPIF)



現在の日本の年金制度は賦課方式であり、我々が収める年金保険料の大半は右から左へ給付金として支払われていて運用はされていません。基礎年金の半分は国庫負担つまり税金です。

過去の積立金から賄われているのは全体の1割程度、刺し身のツマよりは多少存在感がある程度です。


GPIFが運用で損しようが儲けようが制度に与える影響は少なく優先度が低いので、年金制度の持続性を保つにはもっと本質的な問題を考えなくてはいけません。

年金_convert_20190204155239

具体的にはマクロ経済スライド(平たく言えば年金カットの事です。もう一度言うと年金カットの事です。)がちゃんと機能するようにするとか、

国民年金の加入者(年金を払っていようがいまいが国民は強制的に加入者です)がちゃんと年金保険料を払ったり、払えない人は免除申請をするようにするにはどうしたら良いか、などの議論です。

GPIFの運用成績が発表されるたびに政治マニアや投資マニアが騒ぎますが、良識のある一般国民の皆様はそのような人たちに惑わされる事のないようにした方が良いと思いますがいかがでしょうか。

だいたい資産運用を毛嫌いする人は大抵窮乏しますし、逆に窮乏してる人が資産運用だけで何とかしようとすると大抵失敗します。

GPIFの運用成績に過剰に反応するのは賛成派だろうが反対派だろうがどっちもどっちだって事です。


スポンサーリンク



スポンサーリンク





リタイヤとリタイアはどちらの表記が正しいのか

「リタイヤ」でGoogle検索すると「リタイヤとリタイアはどちらが正しいのでしょうか?」という、Yahoo!知恵袋のそのままの質問がヒットします。

この質問に対して「どちらが正しいか間違いかとは、言えない。」と回答者が答えているので、これを読んだ人は質問者のように「リタイアとリタイヤどちらでも良いんだ」と考えるかもしれません。

確かに言葉は変化していくものなので、少数派が絶滅して意味が通じなくなるまではどちらも使用できますが、公的な文書ではそのような混用は困るので、ちゃんと基準が決まっています。

結論としてその基準から言うと、「リタイヤ」は間違いで、「リタイア」が正しいということになります。

これだから影響の大きいYahoo!知恵袋で誤回答が載ってると困るんですよね。

もちろん「リタイヤ」を使っても良いのですが、基準を知ってあえて使っているのと、知らないで使っているのとでは話が違ってきます。


[名](スル)《「リタイヤ」とも》
1 引退すること。退職すること。「リタイアして田舎に引っ込む」
2 競走・競技で、退場・棄権すること。

コトバンク(出典 小学館デジタル大辞泉)


この辞書には「リタイヤ」とも、と書いてあります。「リタイヤ」の方が少数派である事が分かります。

ただし辞書には編纂方針というものがあるので、ひとつの辞書の見解に過ぎず、例えば三省堂大辞林第三版では

リタイア【retire】
( 名 ) スル
①引退すること。退職すること。
②途中で退場・棄権すること。

コトバンク(出典 三省堂大辞林 第三版)


と「リタイヤ」が併記されていません。辞書は用例を収拾して編纂するものなので、「リタイヤ」は絶滅しかかってる事が分かります。


文部科学省のサイトに行って「外来語の表記」を確認します。

外来語の表記(内閣告示第二号)

前書きに注意があります。

前書き
1 この『外来語の表記』は,法令,公用文書,新聞,雑誌,放送など,一般の社会生活において,現代の国語を書き表すための「外来語の表記」のよりどころを示すものである。
2 この『外来語の表記』は,科学,技術,芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない。
3 この『外来語の表記』は,固有名詞など(例えば,人名,会社名,商品名等)でこれによりがたいものには及ぼさない。
4 この『外来語の表記』は,過去に行われた様々な表記(「付」参照)を否定しようとするものではない。



「よりどころ」を示すものであって、絶対的な基準ではないという事ですね。

では公的機関の示す「よりどころ」では、リタイアとリタイヤはどちらがふさわしいのか。

4 イ列・エ列の音の次のアの音に当たるものは,原則として「ア」と書く。
〔例〕 グラビア ピアノ フェアプレー アジア(地) イタリア(地) ミネアポリス(地)
注1 「ヤ」と書く慣用のある場合は,それによる。
〔例〕 タイヤ ダイヤモンド ダイヤル ベニヤ板
注2 「ギリシャ」「ペルシャ」について「ギリシア」「ペルシア」と書く慣用もある。

外来語の表記(内閣告示第二号)


原則として「ア」と書く、とあるのでやはり「リタイア」が正しいようです。

ただ絶対ではなく、注1と注2で「ヤ」表記が慣用になっている場合は「ヤ」を使うとあります。

この基準があるので今後は「ヤ」表記が新しく慣用になることはおそらく無いでしょう。

「リタイヤ」は、現在「タイヤ」や「ベニヤ板」ほど慣用的には使われていないので、「リタイア」が正しい、いや、「よりどころ」を参考にすると、よりふさわしいようです。公文書などではこっちですね。

「ヤ」表記は「タイヤ」などのように完全に定着して慣用的になったものを除くとやや古い時代がかった印象があります。

古い文献には「イタリヤ」などの表記があります。しかしギリシャやペルシャを「ギリシア」「ペルシア」と表記すると、逆に古臭い感じがします。発音的に無理があるからでしょう。

日本人の発音で無理が無ければ基準通りに「ア」表記が定着していくでしょう。



Amazonで「リタイヤ」で書名検索すると、素人の書いた電子書籍ばかりがヒットします。



一方でプロの編集の手が入っているものは、ちゃんと「リタイア」になっています。


スポンサーリンク



スポンサーリンク





Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます