タイトルでピンとくる人にはこの通りの話です。

特定配当等及び特定株式等譲渡所得金額に係る所得の全部において源泉分離課税(申告不要)とする場合に、原則として、確定申告書の提出のみで申告手続きが完結できるよう、確定申告書における個人住民税に係る附記事項を追加する。
(注)上記の改正は、令和3年分以後の確定申告書を令和4年1月1日以後に提出する場合について適用する。

令和3年度税制改正大綱40Pより引用


まだ来年の話なので今年はいつも通り市区町村の役所にも書類の提出が必要になります。来年また記事を書く時に根拠文書を探す事になるのでメモ代わりに記事にしました。

そもそも何の話をしてるのか分らん!という人や、制度は知ってるけどやり方はどうだったっけ?という方は以下のリンクより申告不要制度の概要をどうぞ。

【超朗報】上場株式等の配当の課税方法、実質見直しで所得税と住民税を別々に分けることができる!【配当生活に追風】

配当所得絡みの確定申告については以下のリンクもどうぞ

【確定申告】配当金生活の確定申告まとめ