上場株式の譲渡損失の繰越手続きを忘れた人の末路

上場株式の譲渡損失は確定申告する事により3年間繰り越す事ができます。

例えば、源泉徴収あり特定口座(殆どの人がこれ)で、

2017年 損失100万円 
2018年 利益50万円
2019年 利益50万円

のケースで考えてみます。

この場合、所得税に関して最善の行動は、

2017年 損失100万円を確定申告、損失100万円を繰越
2018年 利益50万円を確定申告、損失50万円を繰越
2019年 利益50万円を確定申告

となり、このケースだと所得税が全額還付され無税になります。


しかし2018年で確定申告しなかった(繰越控除の存在を忘れていた)場合は、2019年に損失が繰り越されないので、2019年に確定申告しても払い過ぎた税金は還ってきません。

ただし、単に確定申告を忘れていただけなら、期限後申告という事で2018年分の確定申告をして、その後2019年の確定申告をすれば良いので問題ありません。


問題なのは、2018年に確定申告をしていて、損失の繰越しの手続きをしなかった場合です。

上場株式の譲渡損失の繰越控除は申告書の連続した提出が要件なので、この場合は確定申告をやり直す必要があるのですが、申告期限が切れた後(更生の請求)だと、源泉徴収あり特定口座の場合これが認められないのです。

なぜかというと、源泉あり特定口座で確定申告して損失の報告をしないと、申告不要を選択したという意思表示になってしまい、そこで話が終わってしまっているからです。本人は単に忘れたと思っているのに主張した事になってしまっているんですね。

こういう事が起こるのは給与所得や事業所得があって何かしら確定申告する必要があるけど、株式に関しては(源泉徴収口座だから)忘れていたという場合です。

取り返しがつかないので、毎年確定申告するという人でマイナスが残っている人は損失繰越の手続きだけは絶対に忘れないようにしましょう……