副業ブームですが、税金面で損が無いからと言って、安易に開業すると会社を辞める時に失業保険が貰えなくなって困るかもしれません。


 

開業届を出して青色申告すると65万円あるいは10万円の特別控除が利用できるのでとりあえず何も考えずに開業届を出す……とこうなる恐れがあります。


 

余談ですが、この「女騎士、経理になる。」はおすすめです。

女騎士「くっ…殺せ!!」 オーク「ガハハ!! そうはいくか!!」 オーク「今日から貴様はウチの会社の経理のお姉さんだ!!」

という単なる出オチの漫画かと思えば、読んでいくと経理の基本的な知識が学べる仕組みになっています。


失業保険を受給する条件のひとつに、「失業の状態にあり、ハローワークに求職の申し込みをすること」というものがあります。働く意思と能力がありながら失業の状態にある、という事を証明するためにハローワークで求職の申し込みをする訳です。開業届を出していると会社を辞めても失業者ではなく自分の意思で事業を行う個人事業主であるというこになります。よって失業保険はもらえなくなります。

厳密に言うと開業届の提出の有無や実際の収入に関係なく、開業の意思があり準備を始めている時点で受給資格が無くなります。ただ実際には開業届の提出やハローワークの職員に開業の意思がある事を伝えた時点で決まるようです。判定するのはハローワークなので。

※ただし2014年に厚生労働省から「求職活動中に創業の準備・検討をする場合」を失業手当の給付対象にするとの通達も出ています

※外部参考リンク:起業準備中も失業手当(法律事務所ホームワン)

逆に言えば開業の意思や事実さえなければ、他の収入があっても失業者の判定になります。配当金、家賃収入などで生活できていても条件を満たせば失業状態の扱いになるので、失業保険は問題なく受給できます。開業して事業としてこれらの投資を行っていればダメという訳です。

ちなみに失業保険を不正に受給してバレた場合、不正に受給した基本手当等の全額の返還とその2倍の金額の返還が命じられ、「3倍返し」となります。恐ろしいので絶対にやめましょう。

あまり知られていませんが、失業手当を受給中の人が再就職したり事業を開始した場合には実質的なお祝い金として「再就職手当」が支給されます。ダラダラと就職活動されても困るのでちゃんと早く再就職した場合のインセンティブは用意されてる訳です。

外部リンク:再就職手当のご案内(PDF)

だから会社を辞めて個人事業と不労所得を組み合わせてセミリタイアを考えている人は、税制だけでなく社会保険制度もよく考慮して開業届を出す時期を決めましょう、という話でした。ただ実際に動き始めてみないと分からない事も多いですよね。