• 未分類
配当金生活者が働きだすと株価が暴落するジンクスは本当なのか検証してみた


相互リンク先の堀田かつひこさんが、しつこくこのような内容の事を繰り返しおっしゃってます。

正直、濡れ衣だと思うし迷惑しています。

そこで過去の自分のツイートから抽出して事実関係を明らかにし、本当にそうなのか検証してみる事にしました。


ウーバーイーツ配達パートナーになったのは2020年の1月14日ですね。この後、2月2日まで働いて2月3日にいったんやめています。


再開したのは3月4日です。こっそり深夜につぶやいています。

この労働期間を、日経平均株価と照らし合わせると、

2020年1月14日の日経平均は24025円
2020年2月3日の日経平均は22972円

確かにほぼほぼ最高値から急激に調整してますね…

しかも労働をやめると急反発して2020年2月6日には早くも23800円台を回復します。

労働再開した3月4日はコロナショックの最中で日経平均は21100円です。

そして3月12日現在の日経平均株価は18559円で年初来安値です…

あくまでも偶然だと思います。偶然だと思いますが、結果はこのようになりました。

検証は以上です。