• 5000万円以下での配当金生活の可能性

     
  • ただし5000万円から1億円超といった金額は多くの人にとって現実的でないのも分かります。そこで諦めてしまう人が多い。

    もう少し現実的に柔軟に考えてみると、案外配当金で生活するというのはそれほどハードルは高くないことが分かるのではないかと思います。
 
  • セミリタイアという選択肢

     
  • 具体的には株式投資による完全リタイアでなく、他の収入を組み合わせるセミリタイアという事です。そもそもなぜ配当金で生活とか株で食うとか夢のような事を考えるかというと、生活の安定感が欲しいからではないでしょうか?

    あくせく働き続けなくてもとりあえずは生活の不安なく暮らしていける、その結果自分の好きな事、本当にやりたい事ができるという、いわゆる経済的な自由が欲しいのだと思います。

    分かります。

    私もずっとそう思ってます。
 
  • wsimojyawasimojyaminna.png
  • 不自由のない生活という不自由を捨てる

     
  • 本当に最低限の生活が成り立つ金額を、株式投資による配当金から賄う程度なら5000万円から1億円も要りません。税引き後の配当利回り4%程度が確保できるなら、3000万円で年間120万円になります。

    ここまで金額を下げればサラリーマンでも頑張れば可能な金額です。

    月あたり10万円の収入です。

    その程度なら生活保護のほうがマシ、とかバカな事は言わないで下さいよ。

    生活保護では財産も持てないし、そのままでは先の展望がありません。

    少しずつでも現状はよくなるはずだ、という希望が無いと人間は生きづらいです。

    これだけでは生活保護以下の金額ですから、よほどエクストリームな節約生活をしない限り他に収入が必要になります。

    しかし、ここまで来たらかなり精神的な余裕は出来ているはずです。

    焦らず騒がず、じっくり株式投資以外の、他の収入の道も考えれば良いでしょう。

    これはサラリーマンをしながらでもできるはずです。

    サラリーマンが仕事を辞められないのは、サラリーマン業以外の収入の道の想像がつかないからです。

    株式投資を検討するのは良い考えですが、それだけではまだ想像力が不足しています。

    要するにアタマを使う事、固定観念を捨てて柔軟に考える事で非常識な大金が無くても配当金を中心に生活はできるようになるはずです。

    純粋な配当金生活でなくても、これも配当金で生活していると言えます。

    競技をしている訳ではないのだから、実質が大事です。
  • 思うに配当金で生活するには、金額よりもこの考え方をできるようになるかどうかの方がハードルが高いと思います。サラリーマンを続けなければならない、年金を受け取るまで賃金労働に従事しなければいけない、などの一見もっともな、しかし何の根拠も無い考え方を捨てるほうが難易度が高いでしょう。

    関連記事:セミリタイア生活が成立する条件とは?