• 初心者向けの本は読まない



    投資本を何冊も何冊も何冊も読みあさって、



    「結局どうすればいいんだよ!誰か俺に儲かる方法を教えてくれ!」



    と叫びたくなった経験はありませんか?私はあります。





    当然そんな方法はありませんし、あったとしても教えてもらえる可能性もありません。



    星の数ほど金儲けのやり方の本があるのは、誰にでもできるやり方が存在しない事を示しています。



    そうは言っても本は読んだ方がいいです。当然です。



    そこで必要になってくるのが、読むべき投資本の選別方法、というより読んではいけない投資本の目安です。





    初心者を対象とした本は読まない



    初心者でも初心者を対象とした本を読んではいけません。

    お前は何を言っているんだ、と思うかもしれませんがこれは本当です。

    よく掲示板などで「初心者です」などと前置きする人がいますが、これはウザいだけでは無く投資の世界では無意味です。



    初心者でなんらかのハンデをもらえるのなら初心者であるメリットもありますが、当然市場参加者は手加減してくれません。

    初心者向けのマーケットなど存在しません。いつまでも無知であることはいつかカモられる事を意味します。この危険な状態を一日でも早く脱するために、初心者向けの本など読んでいる暇はありません。



    初心者には本に書かれている事の良し悪しが判断できない、という点も問題です。

    だから初心者向けの本をまず読むのでしょうが、株の世界に限ってはこれが罠で、大ウソが書いてある事がままあるのです。

    これといった正解が無い株の世界ではそういう事が起こりえます。





    最初に読むなら証券用語の用語集のような無味乾燥的なものが良いです。



    ウソが書いてないだけましです。最初はツライかもしれませんが、キャッチボールや素振りもせずに野球の試合に臨むような真似はやめましょう。



  • 投資雑誌は読まない



    投資雑誌は読んではいけません。



    いや、読んでもいいのですが、あくまで娯楽として読むべきであって、勉強するつもりで読んではいけません。



    東スポに書いてある事をフムフムとうなずきながら読んでいたらバカみたいです。そういう事です。



    当たり前ですが雑誌は売れればそれで良いので、読者の啓蒙を目的としていません。読者が儲かろうが損しようが知った事ではありません。

    1年中優待株特集とか10万円以下で買える株特集とか今買うべき株特集が組まれているのはその為です。



    雑誌記事はあくまで娯楽である理由のひとつは、記事を書く側の事情もあります。

    雑誌の原稿料は安いので、書く側としてもそれ程クオリティの高い記事を書く動機がありません。しょせん読み捨てられる記事です。

    後から単行本化される事が決まっている連載記事なら事情は別ですけど。



  • ハウツーものは読まない



    次にハウツーものです。



    「誰でもできる」とか「サルでもわかる」とか「1日10分で儲かる」とかそういうタイトルの本です。

    誰でもできるのならこの世に貧乏人はいません。



    もし投資を極めたら、この資本主義社会で一番の大金持ちになる事ができます。

    そのような技術がハウツー本で身に付くはずはありません。



    そういう意味では投資技術の難易度と金銭的価値の高さは、極端に言えば脳外科医やプロ野球選手のそれより高いのです。

    週末に気軽に取り組めるようなものではありません。



  • プロ投資家でない人が書いた本は読まない



    タレント、主婦、大学生、学者、金融関係者、作家が書いた本。



    これも基本ダメです。



    なぜならこれらの肩書きは著者本人が投資では食えていない事を意味します。

    本の内容もお察しです。



    これらの本は著者の投資家としての真の実力が最初から疑われます。

    本当に儲かっている投資家は本やブログ?を書いている暇などないのです。





    タレントや主婦、学生が書いた本が売れるのは読む側のハードルが下がるからでしょう。

    あの人でも出来るんだから私にも出来るだろう、というものです。



    このジャンルで一番有名なのは杉村太蔵の、『「バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術』でしょう。



    バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術



    さすがにここまでやるとあっぱれで逆に好感を持ちます(笑)