米国株で年7~9%で長期安定的に運用すれば複利の力で500万円が30年で4000万円以上に~といった皮算用をよくネットで見かけるのですが、これは夢物語でしょう。

理由はアメリカの成長率が長期的に見るほど鈍化していくのと、そもそも米国株価指数という暴れ馬の毎年の変動率が大きすぎて30年程度では運用が落ち着く保障がどこにも無いからです。

ピーター・リンチもこう言っています。

1973年~74年の暴落の時も、誰も予測できなかった。当時私は大学院にいて、株式市場は年間9%上昇すると習ったのに、それ以来上昇率が9%であった事はなかったし、その後も、どの程度上がるかよりも、もっと単純に相場が上がるのか下がるのかを教えてくれる、信頼に足る情報筋さえもいまだに見つからない。大きな変動はいつでも私もびっくりさせ続けている。

「ピーター・リンチの株で勝つ」より引用



1970年代前半に大学院で「株式市場は年間9%上昇すると習った」ピーター・リンチもいきなり大暴落(1973年のオイルショック。40%以上の大暴落で株式の死と言われる長期間の停滞)を目にしているし、それ以後もちっとも株価は落ち着いていません。神の視点で過去を見れば上昇しているというだけです。

殆どの人間の資産形成期間である30年は神の視点で見ればまだ長期とは言えないでしょう。ずっと下がり続ける事だってありえます。


では100年ならどうか。

100年後の米国株価指数について、バフェットは2017年に「NYダウ平均が100年後には100万ドルを超える」と発言しています。

2017年当時のNYダウ平均は2万3000ドルぐらいなので、これが100年で100万ドルを超えるとすると、複利運用での平均年間リターンは3.85%と逆算されます。

バフェットは今後のNYダウの超長期の平均年間リターンを、この程度に見積もっている事が分かります。7%でも5%でもないので、やや弱気な予想でしょうか。

今後100年という投資期間では確かにこのぐらいに落ち着くかもしれませんし、額面で43倍という結果には複利の威力を感じさせます。

しかしその前半の30年で実際にどういう株価推移を辿るかは誰にも分からないし、毎年きっちりその通り上がり続けることはまず無いという不確実な世界です。最初の30年ずっと横ばい又はマイナスでも100年でこの数字は達成できるのですから。

関連記事:アインシュタインは「複利は人類史上最大の発見」と言ったか?
関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ