わりと常識的な事ですが、初心者は抜け落ちやすいポイントです。

高利回りの外国資産を検討する時は、必ずその国の無リスク金利(リスクフリーレート)と比較します。無リスク金利は定期預金や国債の利回りをイメージすれば良いでしょう。

例えばある国の高配当株の配当利回りが10%あったとします。

配当利回り10%というと凄い高配当に思えますが、まず落ち着いてその国の無リスク金利を調べてみましょう。

もし定期預金で8%も金利が付くような国だったら、元本保証で確実な金利と、リスクを負う株式の配当金の利回りの差が2%しかない事になり、配当目的の投資としては魅力が無いことになります。

もし自分がその国に住んで生活する事を考えるとまず定期預金にするでしょうね。なのに日本人がわざわざその程度の配当利回りの株式にリスクを負ってまで投資するのは割にあいません。

外国の不動産や社債でも同じ事が言えます。無リスク金利とリスク資産の差を考慮して、リスクを負って投資する価値があるかどうか考えるのが最初の作業になります。


現在の日本では国債や定期預金の利率がほぼゼロでずっと張り付いているので、無リスク金利とリスク資産の利回りを比較する、という作業を忘れがちです。

この日本と外国の金利差があるので、外国の高利回り(に見える)金融商品を日本人が買って外国人が売るという構図になりがちです。

日本人の感覚で買いごろと思っても、現地人が妥当と思う価格、あるいは現地人でも行き過ぎと思う価格まで売り込まれる可能性があります。

外国人の視点立ってまずその国の無リスク金利(リスクフリーレート)を確認、比較するという作業を忘れないようにしましょう。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ