REITというか不動産投資の用語になるんですかね。

NOI利回り (えぬおーあいりまわり)

不動産の収益率を示す指標。数値が高いほど収益率が高い不動産となる。J-REITの場合は、NOI利回り=年換算NOI÷期末簿価、または年換算NOI÷不動産取得額で算出される場合が多い。

不動産投信ポータル



不動産の賃貸収入等から経費を差し引いた純収益がNOI(えぬおーあい)です。

NOIを期末簿価か不動産取得額で割ったもの、つまり、物件の時価か、ファンドが物件を購入した時の所得価格(簿価)で割ったものがNOI利回りです。

NOI利回りの一覧はここ(JPAN REIT)でチェックできます。

NOI利回りは高ければ高い程良いのでランキング上位に注目しますが、大江戸温泉リート投資法人(3472)、ジャパン・ホテル・リート投資法人(8985)、マリモ地方創生リート投資法人(3470)、星野リゾート・リート投資法人(3287)、イオンリート投資法人(3292)、など地方・ホテル主体型・商業施設主体型が多くなっています。

温泉やホテルや商業施設などの集客力が高いのでNOIも高くなっている、という事で、不動産の大家さんのイメージとは少し違いますね。

NOI利回りは高ければ高い程良い訳ですが、ランキング上位を見るとNAV倍率が1倍割れしている銘柄も多く、投資家からは長期的な集客力は水物と見られているのかもしれません。

ただ個人的にはJ-REIT市場はあまり効率的な市場では無いと思っているので、収益が高いのに不人気な銘柄は投資妙味があるかもしれません。もちろん不人気なのはそれなりの理由があるのでリスクもありますが。

NOI利回りは不動産投資家にとっては常識だそうですが、不動産を証券化したREITを取引する株式投資家にとっては、日々変動する株価(投資口価格)に対する利回りが気になる所です。

NOIをファンドの時価総額で割ればREIT投資家から見たNOI利回りが出るので、収益力に対して株価が割高か割安か判断する目安になります。

関連記事:REITの重要指標NAV(なぶ)倍率
関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ